読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

カードゲームで圧勝できるときはヤバい

昔、とある西遊記リメイクマンガのイケメン八戒*1が「全体的な運は悪いんだけどカードゲームだけはやたら強い」という微妙すぎる設定ですごく納得した覚えがある。

 

たしかに、普通の人の感覚についていけないヤバい精神状態のときにゲームするとすごく強い。ポーカーでもブラックジャックでも大貧民でもマージャンでも、これで生活できるんじゃないかってくらい勝てる。

特にトランプを使った賭け事の場合、場に出たカードを全て暗記できる程度の記憶力があればそこそこ勝てるわけだけど、そいういう確率論ではなくてもっと理屈に合わない勝ち方ができる。ていうかぶっちゃけ、カードの裏が透けて見えるし他人の思惑を読むこともできる。

 

でもそういう時って普通の人の普通の会話には全然ついていけないから、社会生活が営めない。

地元に地震がきそうだったとき、そろそろ地震がくるからと思って家の中を大改装して一番ヤバい日は無理やり旅行の予定を入れて遠くに非難、ってしたんだけど、よく考えたら普通の人には地震が来るかどうか予知できないわけで、そしたら私の行動って狂人のこだわり行動にしか見えないわけでww

そこまで大規模じゃなくても、今日は偶然縁のある人に出会うから仕事の資料持って行こうとか、朝の時点では快晴で天気予報も晴れでも雨降るから傘持って行こうとか、そろそろ葬式がありそうだから喪服の手入れしとこうとか、出かけた先で偶然ずっと探してた本が売ってるから多めにお金持ってこうとか、でもそれ傍から見れば全然意味不明だと思う。

 

だまってこっそり意味不明な行動をしているぶんには別にいいんだろうけど、そういう時って他人が私と違うものをみているということが分からなくなってしまうのが一番困る。

地震が来るとか雨が降るとか、私にとってはあまりに自明のことだから、なんで他の人が傘を持っていないか不思議でならないし他人の不合理な行動で足を引っ張られるのがすごく嫌になる。話の通じない幼稚園児の集団と仕事してるみたいな気持ちになる。

 

なんていうか結局、私の才能が困るのではなくて、私の器の小ささというか、視野の狭さみたいなのが問題なんだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

*1:このマンガは大きなお姉さんを意識してか登場人物全員がやたらイケメンに描かれている。でもそもそも西遊記の豚やカッパは五行説の比喩だってことを考えると、八戒=理知的なメガネ・テーマカラー緑 三蔵=なんでも物理で解決する美人・テーマカラー金 などのイケメンリメイクも実は理にかなっているという奥の深い作品だと思うこともできる。