読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

子供の泣き声は誰が責任をとるのか問題

子育ての愚痴

子供の泣き声がうるさいと苦情が来て警察呼ばれて最終的に引っ越した、という記事が話題になっていた。この類の話題は周期的に炎上するね。

www.lili-hack.com

 

手は貸さないくせに口だけ出す奴ってどこの業界にもゴキブリ並みに涌いて出る。

この記事のコメント欄に「泣き止ませる努力をしなかったに違いない」「ちゃんと騒音対策しなかったからに違いない」みたいな上から目線のお説教を書く人達が多すぎてげんなりした。

この記事が「子供の泣き声がうるさいと隣人に苦情を言われたけどどういう対策すればいいか教えてください」て記事ならアドバイスするのも適当だと思う。でももう引っ越しちゃったわけだし、泣き声に対して親がどう対処したかは記事の流れの中の枝葉末節なわけじゃん。なのになんでコメント欄でアドバイスしたがるわけ。お前らどんだけ偉いんだと。「そら大変だったね、次はいい場所だといいね」となぜ言えない。

 

泣くことを許されない社会

子供を泣かせるのは親の怠慢という主張は荒唐無稽で到底賛同できないけど、そう言いたがる人の心理に思いを巡らせることはできます。

いついかなる時も騒音をたててはいけない、泣くなんてもってのほか、というご家庭で育ってしまった友人がいます。泣いたり騒いだりしたら殴られたり口にタオルをつっこまれたりしたとか(( ;゚Д゚)))普段は温厚で理知的な人なのですが、電車などで子供の泣き声が聞こえるとすっごいつらそう。

本人曰く、泣いて殴られた当時の自分の心理と、そうまでして泣き止ませなければいけないほど追い詰められていた親の心理と、自分は泣くことを許されなかったのに目の前の子供が安心して泣いていられることに対する理不尽な憎しみと、その子が昔の自分と同じように殴られるのではないかという恐怖と、その他なんだかわけのわからないいろんな気持ちが一気に押し寄せるのだとかなんとか。

 

子供が泣くのを許せない派の人って多かれ少なかれそういう心理なんじゃないかなって。

 

 私なんて子供の泣き声大好き派で泣いてる子がいると積極的に構いに行くくらいなんで、泣き声を聞くのがつらいって人の気持ちはいまいちよくわからないんだけど、まぁ、トラウマ再燃場面を見せ付けられてるわけだからねぇ。冷静になれってほうが無理っていうか。

でもそれって、泣く子やその親に文句をつけて解決する問題じゃないよね、て思う。そうやって自分の気に入らない人を排除していったら最後に殺さなければいけないのは自分自身だ。

 

 

なんていうか、自分の中のモヤモヤを解消する方法を知らないんだろなって思う。

 

加害者を徹底的に責めて、被害者にセカンドレイプしてそれで何かを解決したような気になって犯罪を再生産させる構図にも似ている。

「許し」を「自分が踏みつけにされて加害者をのさばらせる」と混同してる感。憎しみの解消方法を知らないから、一度傷ついてしまうと一生引きずって傷を悪化させることしかできず最終的に自縛霊みたくなってる人がけっこういる。

本来、カウンセラーや精神科医がこの呪いループを解く方法を知ってなきゃいけないんだけどね。質の悪い人のが多いからなぁ。