読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

ベビーカーは電車に乗るなっていうけど、車椅子にも同じこと言うのか問題

子育ての愚痴

ベビーカーは満員電車に乗るな論は周期的に炎上するけど、じゃあたとえば車椅子や杖の人は満員電車に乗るな理論はなぜ炎上しないんだろうって思った。

車椅子なんてベビーカー以上にめちゃくちゃ邪魔じゃん。

 

車椅子で電車に乗る人はベビーカーで電車に乗る人より数が少ないってのもあるだろうけど、たぶん障害者は叩いちゃいけないけど子持ちは叩いていいみたいな風潮も無視できないんだろな。

 

障害者は弱くてカワイソウな人達だから哀れんであげなきゃだけど、子持ちは勝ち組だから叩いていい、みたいな。どうしてそうなったって感じの超理論だけど、子持ち=優遇されてて勝ち組強者 と思って勝手に憎んでる人はけっこういるみたい。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

子持ちが優遇されてるのって子供手当てくらいだからね。せいぜい月数万。なのに家賃も食費も生活費も跳ね上がってさらに数千万単位の学費まで脛を齧られるわけ。その上24時間365日子供にご奉仕を強要され、ちょっと目を離せば虐待だのなんだの大騒ぎされる。これのどこが優遇されてるって?

 

親は子供を泣かせてはいけない、騒がせてはいけない、どうしても泣いてしまう場合でも最低限泣き止ませる努力は見せるべき、みたいな風潮ってなんなの。

子供は泣くものだし、親の仕事は泣き止ませることではなくて感情の扱いを教えることだ。泣いたり怒ったり騒いだり、感情の発露はそれ自体が悪いわけではない。

 

ていうかそもそも子供とか大人とか関係なく、泣いてはいけない騒いではいけないいつでも礼儀正しく静かにしなければいけない、というのが問題なのかな。常に間違っちゃいけないの。一度でもレールを外れるともうマトモな人間扱いしてもらえない、すっごい息苦しい社会だからこそそこから外れようとする子供に憎しみを向けてしまうのかも。難儀だねぇ。