読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

高IQの子供は成績が悪くて忘れ物が多い説

天才の愚痴

私の子はめちゃくちゃ忘れ物が多い。むしろ忘れ物をしないほうが珍しいというくらいにとにかく何でもかんでも忘れる。服装もヨレヨレボロボロだし机の上も引き出しの中も衣装ダンスも子供部屋もどこもかしこもぐちゃぐちゃだ。そして成績も悪い。小学生のテストなんて100点がとれてあたりまえなのに60点とか40点とかで平然としている。運動に至っては学年で一番できない。

とまぁ親の私から見ても、これは特殊支援が必要なんじゃね、と思うレベルでダメダメな子なのだが妙に頭は良くてこれだけ頭が良いのにどうして生活はボロボロなのか理由が分からず、何を支援すればいいかも分からない。

別に頭が悪いとか障害があるとかそういうのは構わない。親に反抗してるんならそれでもいい。忘れ物なんかで死にゃしないから放っておけばいいんだけど、もしこれが彼女からのSOSであれば真摯に受け止めたい。なのに原因がさっぱり分からなくてどうすればいいか困ってしまう。

 

忘れ物が多い理由として一番先に思いつくのは記憶力の低さだろう。何をすべきか何を持っていくべきか覚えていられないなら忘れ物も多くなる。

でもうちの子はモノを決まった場所に収納せずその時々に適当な場所に置くくせに、どこに置いたかはきちんと把握している。だから彼女に自分の持ち物の場所について聞くと「国語の教科書はタンスの裏」「ピンクの靴下の片方は洗濯中でもう片方はランドセルの中」みたいなカオスな回答が帰ってくる。どうしてそうなったよ、というとんでもない場所にとんでもない物を置くくせに、きちんと場所は覚えているし「先週の金曜日の夕方、国語の教科書を読んでいるときに親に洗濯物の片づけを頼まれて引き出しをあけた拍子に教科書がタンスの裏に落ちた」みたいな、なぜそこに置いたの理由もすべて覚えている。覚えてるんならちゃんとしまえや、と思うがなぜかしまわない。

 

じゃあサバンシンドロームのように、ごく一部突出した才能を持っていてその他はイマイチというタイプかと思ってもみたがそういうわけでもない。知能は多少高くて、既に高校レベルのことは理解してるけど、その理解の様式は一点集中ではなく哲学から微分して様々な学問を理解していく包括タイプだ。

 

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

どんだけ怒っても言って聞かせても、やっぱり忘れ物は治らないし身だしなみも整えない。てことは他人の気持ちが分からない自閉傾向があるのかとも思ったが、それも違うし。彼女は人の気持ちも理解できるし過集中も起こらない。適度に人と交流し適度に自分の世界を持ち、メンヘラで狂人の私の基準からすると薄気味悪いくらい健全な子だ。

 

というように、なんだか不思議な理由でとにかく忘れ物が多い。

忘れ物が多くなる要因である知能や感性の欠落は見られないのに、忘れ物が多いのが不思議でしょうがなかったし、子供の忘れ物は親の怠慢みたいに思われてすっごいストレスだった。

 

でも最近やっと忘れ物と小汚い身なりの理由が分かった。

高IQの子の特徴として、彼女は他人の評価に重きを置かない。

知的障害のように必要なことを覚えていられないのではなく、アスペルガーのように他人の評価が理解できないわけでもなく、ADHDのように衝動が抑えられないわけでもない。覚えることも、評価を気にすることも、自分の衝動を抑えることも、やろうと思えば簡単にできる。でも彼女にはそれらをやる必要性が理解できないのだ。

ルールを守りたがらない反社会的態度とも違っていて、共同体を維持するために必要なルールは積極的に守る。だから彼女は廊下を走らない。だって廊下を走ったら他人に怪我をさせるかもしれないから。でも彼女は教科書を忘れる。だって既に暗記した教科書を持っていなくたって授業に支障は出ないから。そして彼女は穴の開いた服を平気で着る。だって他人の服なんて自分には関係ないから。彼女はテストで100点をとらない。100点は点数で自己実現をしている子に譲りたいから。

 

他人や自分の利益になるために行動しなければいけない、というのは理解できても、他人の気分をよくするためだけに自分が行動しなければいけないというそのことが理解できないらしい。

ああ、そうだね、小奇麗な格好たりテストでいい点とって喜ぶのは娘本人じゃなくて体裁を気にする親や教師だもんね。そういうの興味ないってのはとてもよくわかる。

 

じゃあ彼女は親や教師に敬意や愛情を持っていないかというと、それもまた違って、非常に深い敬意と愛情を示してくれるし愛した人のためには犠牲を厭わない。だけど彼女が愛を示すのは『私』に対してであって『私の世間体』ではない。

『私』は彼女が私とお揃いのかわいらしい格好で一緒に外出すると喜ぶ。だから彼女は私と外出するときには嬉々としておしゃれをする。

『私の世間体』は彼女が毎日清潔な服で学校に行ってほしいと思う。でも彼女はそんなこと気にせず自分の気に入った服を着る。『私の世間体』は彼女に清潔な身なりをしてほしいと思っていても『私』自身は彼女がどんな格好で日常をすごしているかなんて気にしないから。

 

なんなの。

なんなのこの子。。

意味わかんないんだけど。

とっても意味わかんないんだけど、でもすごく分かる。私もそうだったから。そししてそれが世間体を気にするタイプの人の逆鱗に触れることも分かる。能力的なところだけ考えれば、彼女にとって世間のご機嫌を取ることは難しくないのだろう。でもそれをするということは彼女自身を殺すことだ。彼女は自分の信念を殺すくらいだったら肉体の死を選んでしまいそうな気がする。

彼女の信念は他者と自分を尊重することだから、信念を貫き通すってのは他人の迷惑にもなるんだよ、っていうロジックすら通じない。

 

めんどくさい性質を遺伝させてしまったなぁ。

というわけで、高IQなのに成績と生活態度が妙に悪い子ってこういう理由かもよ、というところでした。