読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

庇護してくれる人から離れるのは大切なことだと思う。

なんかこう、なんていうか、すでにばっきばっきに壊れてる私が偉そうなこと言えないのかもしれないけどさ、ていうかほんと超おせっかいなんだけどさ、おばちゃんこれだけは言いたい。ウザいと思うけど自分のブログでこっそりつぶやくだけに留めておくんでこの記事を見ちゃった人はイタいババアだなと思いながらなまぬるくスルーしてください。

 

 

 

親を愛してしまうのは、つらい。何の落ち度もない親であれば、嫌うきっかけがみつけられないぶんなおさらつらいだろう。そしてそのつらさは何の疑問もなく親孝行とかできちゃうタイプの人達には理解されなくて、まるで私達が親を愛していないかのように責められてしまうこともある。

だけど愛しているのと相手の価値観に取り込まれるのは全然別のことで、そこを区別するのは責められるような行為じゃないと思う。

 

smr0617.hatenablog.com

 

 

それから、私が親になって初めて分かったことなんだけど、親は子供の気持ちが分からない。

そんなのあたりまえじゃん親子といえど他人なんだから、と思うけど、でも子の立場しか知らなかったころにはやっぱどこかで親は何でもお見通しのような気がしてしまっていた。でも親は神でも千里眼でもなくただ少し年をとっただけの人間でしかない。人生に正解なんてないし、自分の人生に責任を取れるのは自分だけなんだから、自分でいいなと思ったことをやってみるしかない。それで思った結果が出なかったとしてもそれは次につながる貴重なデータだ。一度の失敗をあげつらう人もいるけど、成功確率が1%だったら速やかに300回くらい試せば1回くらいは成功するわけで、失敗なんてその程度のものだから。

 

 

ていうかね、私も大学生のころに精神疾患わずらって実家に強制送還されたことあんのよ。そんでまじ両親ウザくてあやうく暴力振るいそうになってこりゃヤバいだろってことで全力で逃走した。私の友達でも両親と盛大にもめた人いっぱいいる。20前後ならいざしらず、30すぎたら両親と揉めてない人のほうが珍しいよ。

だから決定的な亀裂が入ってしまう前に距離を置くのはとても大切なことだと思う。我慢に我慢を重ねてある日耐え切れずに包丁とか持ち出して刑事事件になっちゃったらもう関係の修復不可能になるから。

口げんか程度なら数年後には笑い話になるし、殴りあい程度なら十年後には仲直りできてるだろうけど、出刃包丁を向けられると一生許せないよ。理性では許そうとしても頭がついてこなくて膝がくがく震えるよ。だから変にこじれるまえに距離を置くのはお互いのためだ。

 

 

 

てことで、大学生とはいえいい年した子供が親の庇護下に入るっていうのはそんくらいウザいのが普通だから別に気にすることないんじゃね。いつまでもママにべったりとかそっちのほうが気持ち悪い。

ただほんともう自分と相性の合わない人っているわけで、そういう人には「この親不孝者が」みたいな明後日な方向から非難されるかもしんないけど、そういうの我慢して一緒にいる必要なんかなくて、嫌な言葉はスルーして自分にとって居心地のいい場所を探したほうがお互いにとって幸せじゃん。変な遠慮で才能潰すより、好きな場所でのびのびしてたほうが天下国家に貢献できるから。

ていうかほんともう才能ある若者が潰れてくの見てらんない。その才能こっちの分野で開花させろよマジ人手不足なんだよ物理演算エンジン超つかえねー!流体とか爆発エフェクトとかどうでもいいから剛体を普通に動かしてくれ。てことでこっちの分野に来て開発とかしろください(やつあたり)

 

とまぁ何が言いたかったのか自分でもよくわかんないけど、みんな幸せになれるといいなぁと世界平和的なものを祈ってキレイな感じで終わっておきます。