読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

こっちは区別してるだけなのに差別だと怒り出す人たち

天才の愚痴

どうも、毎度気分悪い愚痴ばっか書いてるhedgehogxですこんにちは。

 

はてなトップに天才叩きみたいなのが乗ってたので便乗してちょっと。

 

 

世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ

 

 

 

あああああわかる。わかるよその気持ちーーー。

 

そうほんと、世の中って自分の前提が通用しない場合がすっごく多くて、それは経てきた体験の違いだとか感じ方の違いだとか以前にね、脳みそのスペック的な絶対的に越えられない壁があんの。その壁をしっかり自覚しないと足元すくわれんの。

 

 

このツイート見てね、

上から目線で一般大衆を馬鹿にしたような書き方

愚民を導いてやろうみたいなん

反知性主義の温床

 

 みたいな反応してる人がいて、いやそういうことじゃないんだよこれ、って思った。

いやこのはあちゅうって人や電通の先輩って人がこの言葉をどういう意図で言ったかは私は知らないよ。もしかしたら電通の社員は本気で愚民を導いてやろうとかそんな頭悪いことを思ってるのかもしんない。

でも、彼らがどういう意図で発言したのかに関わらず「この世には恐るべき量の恐るべきバカがいる」ということは、平均より上の脳みそを搭載してしまった人にとってとても重要な教えで、それは決して他者をバカにしたり見下したりする意図ではない。

 

 

なんていうの、脳みそがハイスペックってことはね、自分にとって呼吸をするかのようにあたりまえに出来ることが他人はできない、って事態が常に起こってるってことなの。でも『自分にとって呼吸をするかのようにあたりまえ』のことを自覚するのは難しい。「今日も心臓動いてんなぁ」「今日も皮膚呼吸してんなぁ」なんていちいち自覚できないでしょ。「私の心臓は動いているけど、隣の人の心臓は動いていないかもしれない」なんて思わないでしょ。それと同じように我々は自分の能力の高さと他人の能力の低さに気づけない。

 

普通の人が同じ問題になんどもつまづくのが、不合理な選択肢を選びたがるのが、同じ話題を飽きもせずに繰り返すのが、簡単に情報操作にひっかかるのが、自信たっぷりに破滅への道を直進するのが、なぜなのか私達には分からない。

普通の人の行動の基準が全然わからないから、普通の人は何を考えているか分からない、突然意味不明の行動をする人達に見えてしまう。あるいは自分自身が社会のルールを理解できない狂人に思えてしまう。

 

でもね、そうじゃなくて、普通の人ってほんとーーーに、びっくりするほどバカなんだよ。

目の前に落とし穴があったって気付かないで進んじゃうし、ライフル乱射している人がいたって気づかずに撃たれちゃう。そこに意図も信念も存在しない。ただバカすぎてわかんなかっただけなんだ。

 

 

身近な例を上げると、

 

まず普通の人って5行以上の文章の理解を放棄するから。文章は新聞くらいの難易度じゃないと読めない。あと母国語しか読めないから。英語とか無理だから。ドイツ語とかフランス語とか中国語とかもっと無理。外国語なんてテキトーにネット検索してればなんとなく読めるようになるでしょ、とか思っちゃいけない。彼らは英語の論文を読みたくないんじゃなくて読めないだけだから。

それに普通の人って買い物中に合計金額暗算できないから。普通にレジ通してからお金足りないことに気づいて慌てんのはあれケセラセラの信念を貫いてるとかじゃなくてバカなだけだから。

それからカードゲーム。普通の人はポーカーや大貧民で場に出たカードを暗記しないから。あれは確率じゃなくて運ゲーの扱いだから。もちろんかるたや神経衰弱もね。普通50枚くらいのカードなんて暗記できんじゃん、と思ってはいけない。

読書もそうだね。速読ってフォトリーディングのことじゃないし1冊の本を1分で読むことでもないよ。1ページを1分で読めたらそれ十分速読だかんね。普通の人が長い文章を読まず分かりやすい煽りに惹かれるのはあれ思想信条じゃなくて単純に読めないだけだから。

あとね、普通の人って一度言われたことすぐ忘れんだよ。ほんとマジですぐ忘れんの。健忘症かなんかかなって心配になるくらいなんも覚えてないの。だから勉強教えるときは写経のような心境で何度も何度も何度も何度も何度も同じこと教えなきゃいけないの。

 

普通の人は「理解できない」と「理解したくない」の区別を理解していない、ってのも重要なポイントだ。自分がとある理論を「難しくて分からない」なのか「それを理解してしまうことで自分に不都合があるから認めたくない」なのかを混同してんだよ。だから「自分には難しい」というだけなのに相手を叩きにくるし、「認めたくない」というだけでその理論は間違っているとか平気で言いだすから。

彼らは自分自身のの意図と言動の乖離に気づけない。だから言ってることとやってることが支離滅裂になるんだよ。そこに意図を見出そうとしてはいけない。ただ彼らは己が何を言っているか分かっていない憐れな子羊というだけなんだ。

 

 

みたいな。

そういうの理解するの超だいじ。

みんなわけわかんないことしてるけど、それバカなだけだからなんも考えてないだけだから、ってのが分かるだけで世の中は随分渡りやすくなる。

自分と他人に見えている世界が違うのだとわかって初めて相手を尊重することができる。

 

そういう天才サイドの孤独で地道な努力をさぁ、勝手に捻じ曲げて解釈して上から目線とかいうのさぁ、まじへこむんだけど。いやべつにあんたのために努力してあげたわけじゃないし恩に着せる気もないんだけどね。劣等感だかなんだか知らないけど、自分の中の地雷を踏まれたからって他人を排除しようとすんのやめてほしい。

 

でも仕方ないのだ。自分の心境をメタ認知する機能を搭載していない彼らは「今私はむかついている」が「私をむかつかせた相手が悪い」に滑らかに繋がってしまう。

それはビンに手を突っ込んだ猿が手を抜くことが出来ないのと同じくらいしょうがないことなのだろう。