読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

星野源氏の「人見知りは失礼」発言は全ての人を追い詰める言説だと思う。

togetter.com

 

 

「あくまで自分の場合」と前置きをした上での発言だということを踏まえても

本当は人好きなのに、人見知りだって言っちゃうことは、相手に僕人見知りなんで、なんか気を使って下さいって言ってるのと一緒だなって。それってすごい失礼だなと思って、失礼だし、何様なんだって思ったんです

 

という発言はやっぱあんまり良くないし、それを賞賛してしまう人達も自分で自分の頚を絞めてるよということを言いたい。

 

だから、(人見知りカミングアウトをしないことで)嫌われてもいいやって段々思えるようになってきて

 

うーわーーー。なんてイヤな奴なの。こういう傲慢な人と友達になりたくない。

あんたが嫌われるのは別にいいけどね、人見知りです、って事前に言ってもらえれば人見知りだからなんだなって納得できたはずなのに、わけもわからず失礼な態度をとられてあんたのことを嫌わなければいけなかった相手の気持ちって考えたことある?

 

自分と他人の常識が違うということを理解してない幼稚な意見を賞賛すんのいいかげんやめたほうがいいと思う。

 

良くない理由1 ノーブレスオブリージュあるいはポリティカリーコレクト

いくらきちんと前置きしたって聞かない人は聞かない。

「星野っていう有名人が『人見知りカミングアウトは悪』って言ってた」なんていって関係ない他人を追い詰める馬鹿は必ずいる。だから発言力のある人は自分の発言に気を使わなくてはいけない。という視点でも、この発言はあんまり良くはない。

 

良くない理由2 強者におもねること

そもそも 人見知りカミングアウト=気を使え という発想が失礼。それこそ何様なんだと。

 

 

どんなに身近な相手でも、他人という存在は常に未知の生命体だ。

私と同じ中肉中背で黄色い肌と黒い髪で私と同じ全身ユニクロで私と同じ日本語を話していたとしても、私の常識が通用するとは限らない。もしかしたら相手はものすごい虐待家庭に生まれて今日も服の下はアザだらけかもしれない。実は難病ですごく苦しいのかもしれない。某国から命からがら亡命してきたのかもしれない。もしかしたらすっごいおなかが痛いかもしれないし徹夜明けで眠たいかもしれない。

私の想像を絶する事柄はいつだって私の隣に転がっている。

どんな星から来たのか分からない未知の生命体の、どこにあるか想像もつかない地雷や機雷や弾道ミサイルを常に想定しつつ慎重に相互理解してゆくのがコミュニケーションだ。

 

だから、「僕は人見知りです」という属性カミングアウトはとてもありがたい。

だって噛み合わない言葉や気まずい空気の原因が一つわかるわけだから。人見知りに限らず趣味や思想信条や性志向やなんかもカミングアウトしてもらえるとすごくありがたい。無駄に相手の地雷を踏まなくてすむし、相手の地雷を想像する手間も省ける。

 

 

人見知りカミングアウト=気遣いを強要 て発想が出てくるってことは、人見知りカミングアウトをしない人に対しては気を使わなくて良いという前提があるわけじゃん。人見知りじゃない人同士は気遣いを強要したりしてないという発想なわけじゃん。

なにその傲慢な発想。

カミングアウトしない相手には気を使わないということは、相手は自分と同じ価値観を持っているに違いないという前提の下話を進めているということで、それこそ相手にとってすごく失礼だし自分自身を否定することでもある。

 

カミングアウトといえばセクシャリティのカミングアウトも嫌がる人っているじゃん。そういうのとこの星野さんて人が言ってるのは同じことだと思う。

「私は同性愛者です」というカミングアウトをしない人は全員異性愛者だと思って下ネタを振る、ていう低脳なオッサンと星野さんの言ってることは同レベルだ。

低脳なオッサンは除外するとして、まっとうな感性を持ってるならさ、「もしかしたら相手は同性愛者かもしれない、Aセクシャルかもしれないしトランスかもしれない、敬虔なイスラム教徒や仏教徒かもしれない、あるいは性的なことを嫌っているかもしれない、etc」って常に想定して会話するでしょ。だから、カミングアウトってすごいありがたいじゃん。相手の地雷を踏む可能性が一つ減るわけだから。

 

 

人見知りカミングアウトを失礼だとか何様だとか言ってしまえるメンタリティは、人見知りの人を追い詰めるだけでなく、人見知りでない人も追い詰める誰も得しない弱者の叩き合いでしかない。