読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

私が自宅出産を選ぼうとした理由と選ばなかった理由

ツイッターで自宅出産や助産院出産の肯定派と否定派の問答をみて、まだこんなことやってるんかいなと思ったのでちょっと書いてみる。

 

まず、前提として

  • 医療設備のない自宅や助産院出産は超危険。結構な確率で死ぬ。
  • 死ぬだけならまだしも、下手に救急搬送するもんだから重度障害が残ることが多い。
  • でもなんだかんだで8割9割は母子ともに健康に出産できる。
  • もちろん病院だろうとNICUだろうと確率が低くなるだけで死ぬときは死ぬ。

てのはどれくらい理解されてんのかな、てのがちょっと疑問だった。マタニティヨガや葉酸出生前診断は出産リスクを下げるけどリスクゼロにはならない。人間死ぬときには死ぬ。とくに出産前後では結構死ぬ。

 

それを踏まえたうえで私は自宅出産しちゃおっかな、妊婦検診も受けないどこっかな、とちょっと思った。

なぜかと言うとそのころ私はけっこう大変な状況で、うっかり障害のある子なんか生まれてきたら生活できない感じだったから。この「生活できない」てのは一般に予想されるような経済的困窮であれば「そんな状況で妊娠してんな」「その程度であきらめんな」とかいう批判もあるかと思うけど、もっとエグくてサイコでちょっと普通じゃない感じに「生活できない」だったので当時すごく追い込まれていた。いやそのあたりの事情は今関係ないんだけど、まぁとにかく足手まといになるような子であれば育てられない状況だった。

なので、障害のある子が生まれてきたら責任持って子を殺そう、そして私も死のう、ということで子と自分の首をくくる丈夫な縄と柱を用意したうえで自宅で出産しよっかな、という選択肢を考えた。普通の精神状態だとなかなか自殺には踏み切れないけど、出産ハイになってるときならいけると踏んだ。逆に相当な高揚感がないと死ねないんでやるなら出産のときしかない、という理由での自宅出産しちゃおっかな、だった。

 

てことで、自宅出産や助産院出産を選ぶなら死と殺人を覚悟しといたほうがいいですよ。どんなに健康に気を使っても死ぬときは死にます。死産や胎児に障害の残る確率は病院出産に比べ自宅や助産院出産のほうが圧倒的に高いです。自分の子とはいえ人が死ぬ場面を見るのはエグいです。自分が死にそうになるのはもっとエグいです。血とか臓物とかの掃除が大変です。素人さんならトラウマものです。あと中途半端に救急搬送されると重い障害が残ることがあります。障害で子を苦しませ子の世話で親の一生が潰れるのが嫌なら救急車は子の死亡を確認してから呼ぶこと。半端に生きてる状態で搬送されると医療スタッフもすごく大変なんで勘弁してください。

 

 

私は、子を殺すことも殺される子も不幸だとは思わない。

いいじゃんどうせ人間なんていつか死ぬんだし。胎児の意見なんか聞けないんだから私が決めるしかないんだし。ていうか胎児と話をした人はいないんだから、胎児が生きたいと思ってるかどうかわかんないじゃん。「生きるとかマジだるい。死産GJ☆」とか思ってるかもしんないよ?

 

その後いろいろあってやっぱ病院出産しよう、子に多少の障害があっても育てていこうと決めたのだけど、それが私と私の子にとって幸いなことだったのかどうかは微妙なところだ。というより、私の感覚としては死と殺人を覚悟する自宅出産より安心安全な病院出産のほうがよほど不幸だった。

 

一般的には命は何よりも優先されるべきものだと言われる。実際死にそうな人は問答無用で気管切開され胃ろうをつけられ生かされる。死は敗北であり裏切りであり全ての人にとって避けるべきものだと多くの人が何の疑問もなく思い込んでいる。『私は死にたくない、だからあなたも死にたくないに違いない。そして胎児も死にたくないに違いない。ソースは私の感覚。』みたいな理論がまかり通っている。そんな理屈が支配する中で私と私の子の命を他者に委ねることは恐怖でしかない。

 

ただ、これはあくまで私の選択であってそれを他人に押し付ける気はない。人には死ぬ権利もあるけど生きる権利もある。どちらにしても覚悟をもって選べばそれでいいんじゃないかな。