雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

生きることに執着する人をみると尊敬通り越してなんかコワい

何もかも放り出して必死で生きることにしがみついてる人をみるとオバケ屋敷できゃーきゃー言ってる人を見たときのような微妙な気持ちになる。

なんでみんなあんな生きるの好きなんだろ。

そんな偉そうなことを言ってる私は生に執着がないんか、と言われると少なくとも現時点で生きてるわけで、けっこう執着してるわけなんだけども。私にとっての「生きたい」と一般のそれの間にすごく温度差というか違和感を感じる。

 

たぶん私にとって、永遠と一瞬はだいたい同じものなんだろう。だから大好きな人と一瞬でも一緒にいた記憶がありさえすればそれで満足。もう二度と会えなくてもあんま気にしない。だから友人が死んでもそんなに悲しくない。もちろん自分が死ぬのも悲しくない。てことで延命治療とかわけわかんない。どうせじき死ぬ人に労力つぎこむならさっさと見限ってもっと有意義なことしよ?て思う。

 

じゃあ私は死にたいのかというと別に死にたいわけではない。どちらかというと可能な限り長生きしたい。生物の定義が生殖とホメオスタシスである以上、生きしいけるものは慣性や惰性を好むのであり「生きている」という状態を「死んでいる」という状態にシフトさせるのには莫大な労力が必要で、その労力を捻出するだけの意義を見出せないからとりあえず現状維持で生きてる、って感じ。

実際、マトモな感性してると自殺とかほんとできない。どんなに追い詰められてても絶対踏みとどまっちゃう。逆に言えばマトモでいられない精神状態になれば普通に死ねるしそれは別に不幸なことではない、と思う。

 

そういうスタンスだともう生きるのめんどくさいやってなったときに結構簡単に死を選べてしまう。だから逆に、周りも自分も疲弊して憎み合ってそれでも死なない、殺さないという人達っていったいどういう死生観を持ってるのかなというのはすごい興味があってことあるごとにいろんな人に聞いてみるんだけど、そういうこと聞くとみんななぜか怒り出すのね。すごい不思議。あれだけ独創的ではた迷惑な価値観を持ちそれを実行しあまつさえ他者に押し付けさえするというのに、自分の価値観を自覚してないってどういうことなの。頭の中覗いてみたい。