雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

キモくて金のないオッサンが救済されないのは、有害だから。

追記

どうもこの文章を「オッサンは真の救済を欲しているに違いないという主張」と誤読する人がいるらしいので、要約を追加しておく。真の救済wとはなんぞ。宗教かと。

 

オッサンが不幸なのは結婚できないからでもポルノの肩身が狭いからでもなく、

  • オッサンの幸せ=結婚
  • 結婚の代替品=ポルノ
  • ∴結婚≒ポルノ

という、誰かが傷つかなければ幸せになれない価値観を維持していること。これがある以上、どのような救済もオッサンの孤独を救わない。いいかげん結婚幻想とオンナ幻想以外に目を向けたら?

以上です。

 

追記2

今日はとっても暇なので、いろいろ書いとく。

元の文章には状況について「もちろんこれはよいこと」とした上で、「VRポルノやアンドロイド技術などには、彼らの慰みとして高い期待」と書かれているのに、なぜ「女をあてがうしかない」と言う話で読むのだろう。

 というブクマについて。

元記事に準拠して結婚の代替品がポルノのみ、という発想に則るのであれば、結婚に求めるものはポルノ的なものだけなのかと、それ以外の交流は無視かと、そこを問題にしている。

結婚→キモくて金のないオッサンと文句言わずに結婚してくれる女性が必要。

アイドルオタ→キモくて金のないオッサンを拒否しない女性が必要

ポルノ→裸の写真を撮らせてくれる女性が必要。

つまり「どんなにキモくても受け入れてくれる従順な女または女の代替品をあてがうしかない」という結論になるわけで。いやアイドルもポルノも否定しないけど、ていうかわりと好きだけど、人間それだけじゃないだろうと。

あともう一つの可能性として、元記事における「アンドロイド」がラブドールではなく人間的交流を可能にするドラえもん的なものを差しているのであれば私の批判は的外れと言うことになる。でも文中にポルノ以外の交流について言及がないこと、またアンドロイドの直前がVRポルノのため、この場合のアンドロイドもポルノ的な用途なのだろうと読んだ。

 

この人がゲイの生きづらさについてどう考えてるのか非常に興味がある

というブクマはちょっと意図を測りかねて逆に気になる。

ブクマ主はキモいオッサンとゲイをどのような存在だと捕らえているのだろう。あとでじっくり考えてみたいところ。 

 

 「家族を得る」ということを「女をあてがう」とか表現するの下品だなあ……。

そう規定しているのは、結婚の代替品としてポルノしか上げていないあなた(id:KoshianX)でしょうに。 

 

 

 

 

 

以下本文

 

キモくて金のないオッサンは「かわいくない」から救済されないのではなくて、有害だから救済されない。救済したらかみ殺されるかもしれない猛毒ヘビなんか誰も救おうと思わないでしょ。

オッサン共はオッサンを構成するアイデンティティがどれほど迫害的かということから目を逸らして弱者面してたらそりゃいつまでたっても地獄に住むことになるよ。

 

koshian.hateblo.jp

 

 

なお、今回の記事は「オッサンの社会的立ち位置」がテーマである。個々のオッサン一人ひとりがどのような人であるかは問題ではない。福祉サービスを規定する官僚あるいはオッサンを眺める通りすがりの人達は個々のオッサンの内面なんぞに興味は無く、統計上のオッサンを扱い、概念上のオッサンに対するイメージによって個々のオッサンに与えられる地位が決まる。

よってこの記事では個々人のオッサンではなく、オッサンという概念についてとりあげている。「オッサンはこんな奴」といった決め付けを多く書いていくが、これは「オッサンというカテゴリに対して現在の社会が付与している性質はこんなものであると私は捉えている」という意味であり「オッサンに対して多くの人が抱いているイメージ」の話をしている。それは個々のオッサンがどのような人柄であるかには関係ない。

これは例えるなら「女はスイーツが好き」と同じようなものだ。女というカテゴリに属する人種はスイーツが好きだと思われているから、女はスイーツを貰いやすい。だがそのことと個々の女がスイーツをどう思っているかは関係ない。

 

 

というわけで、本題。

 

『キモくて金のないオッサンは、誰もが結婚するのがあたりまえだった時代には結婚できていたはずなのに、結婚しなくてもいい時代になったからあぶれた。よってキモくて金のないオッサンには結婚の代償となる救済を与えるべきである。』

というロジックのキモさにまず気づいてほしい。

 

このロジックが成立するための条件は

  • 結婚=幸せ
  • 結婚できない=不幸せ
  • 不幸せを解消するためには=結婚の代替品が必要

である。結婚しさえすれば幸せという図式もキモいが、このロジックのキモさのキモは結婚の代替品として『アルコール、犯罪、アイドル、ポルノ、VRポルノ、アンドロイド』が上げられている点だ。つまり、社会に復讐するか、女の代わりのセックスドールを手に入れるか。

ということは

  • 結婚の代替品=セックスドール

という図式になっている。これを裏返すと

  • キモくて金のないオッサンが真に救済されるためには女をあてがうしかない

になるわけで。つまり、オッサンの真の救済のためには

  • 女はキモくて金のないオッサンとセックスしろ異論は認めない

なわけで。

そりゃ無理だよ・・・

そんな価値観を維持したまま承認欲求を満たしたいならポルノで我慢してください。ていうかむしろポルノとオッパイとラーメンだけ供給されるオッサン収容所で一生を過ごしてください。自分のことをかわいそうとか思う前に、自分がどれだけ他者を踏みにじっているかよーく考えてほしい。

 

 

なので、オッサンの救済は結婚でもポルノでもなくて、オレのオンナを所有することを幸せの必須条件としている現代社会の常識を解体すること、具体的には、オンナ以外の娯楽をみつけることだ。オンナと、オンナを取り合うライバルという欲望の三角形から抜け出して、オンナでもライバルでもないニュートラルな他者という存在を認めること。

社会がオッサンに対して用意すべき救済は、オンナをあてがうことではなくて、新しい関係を提案すること。なんかこう、シェアハウスとかそういう的な。