雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

医療費は人類のガン

公衆衛生であれば感染症がゼロになれば終了。治安維持であれば犯罪がゼロになれば終了。公共事業ならいろんな建物を作ったら終了。国防なら戦争が起きなければOK。

みたいに、税金の使い道というのはある程度ゴールが見える。

 

その中で医療費というのはかなり異質で、新しい治療法が発見されれば天井知らずに半病人が増え莫大な金が吸い取られる。でも大手術したってやっぱり病人は病人で、完全な健康体になれるわけでもなく障害を抱え苦しみながら生きていく。

なんかもう誰も得してないよねこれ。

 

トランプ政権になってからオバマケアが終了しちゃって子供の医療費が払えない母親のツイートというのがあって同情のコメントが大量に集まってたけどじゃあお前らの給料から天引きで治療費賄えよと。消費税増税くらいでがたがた言ってるくせになに言ってんの医療費は空気から練成してるとでも思ってるのか。

かわいい子供の写真つきで「医療費が払えないから死ねとこの子に言ってください」とか言ってるわけだけどそもそもそこまで育てちゃいけない子だったんだよ。生まれたらすぐに死ぬはずの子だったんだから殺してやれよ。

 

医療が発達していなかった時代なら「手を尽くしたけど死んでしまった」で済んだのに今では誰かが人殺しにならないと死ぬことすらできない。人は全員死ぬのに、死ぬたびに大騒ぎして誰かが傷つく。発達しすぎた医療は人を生かすものではなくて、人殺しを強要するものに成り果てている。

 

だけど2000年前に生まれたキリストは死ぬべき人を殺すという現代の罪について語ることはできない。我々は神の領域に踏み込んでしまったのだ。

てことで、じゃんじゃん産んで出来損ないだったらじゃんじゃん殺して次に期待すれば現代の問題の8割くらいは解決しそう。