雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

ブログに立派なことを書かなくてはいけないのではないかという謎の重圧

沢山アクセス集める立派なブログならともかく私のブログなんか誰も何も期待してないんだけどなんかこう、世のため人のためになる立派なことを書かなくてはいけないような気がしてしまう。

いやでもそういう立派なことはオフラインでいっぱいやってるし。むしろ立派なことをやるための土台がこのぐずぐずなブログっていうか、ていうかそもそも立派じゃなくたって生きてていいじゃん、てとこなんだけど。

こういう小心者なところが大成しない原因なんだろうな。

 

最近また単純作業をやらなくてはいけなくて、これを自動化するかどうか迷ってる。

プログラミング的なものをググってちゃちゃっとやればわりと簡単に自動化できるような気もするんだけどこの程度の仕事にそこまで労力かけたくない。外注してお金かかるのももったいない気がする。

めちゃくちゃ大変な仕事ならさっさと自動化するんだけど、粛々と手作業でゴリ押しする労力と自動化にかかる労力のどっちが大きいかすごい微妙。今後事業規模が大きくなったら自動化するのかもしれないけど、そしたらその時外注したほうが能率的。

あーもう考えるのめんどい。でも黙々と手を動かすのも空しい。

ちゃっちゃと手を動かせば終わるのにぐるぐる考えて無駄に体力を消費してしまう。

 

つくづく、私こういう微妙な決断に向いてない。絶体絶命なときの大きな決断だったら余裕なんだけど。

このあたりが事務仕事に向いていない原因なんだろな。

ほんともう壊滅的に向いてなくて、この間PTAで会計を押し付けられたんだけどめちゃくちゃ苦労した。このご時勢に大学ノートに手書きで収支書いてレシート貼り付けていくとか個別に電話連絡とか、なんの罰ゲームだよと。それこそ自動化すればいいのに。でもツールを使い慣れてない人にとっては自動化なんかより昔ながらのソロバン帳簿のほうがいいのか。

 

なのに私の外見は地味で大人しくて痴漢のターゲットになりそうな気弱ババアだからめっちゃ会計とか事務とか押し付けられんの、めんどくせえ。社長様は黒塗りのロールスのってロレックスでもしてろってか。そんな金あったら事業に回すわ。いいじゃんユニクロで。外見で人判断するのほんとやめてほしい。