雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

うちの子が失敗を隠すのは親を信頼していないからかと思ってたら違った

宿題が難しくてできない、テストでいい点取れなかった、忘れ物をした、みたいなことを全然親に教えてくれなくて、ある日学校に呼び出されて初めて知る、みたいなことを繰り返していた。

私は基本、失敗したことも能力が足りないことも怒らない。努力が足りないことも怒らない。できないことはどうがんばったってできないし、やる気と根性で嫌いなことを乗り越える暇があったらもっと自分に向いていることを楽しくやったほうが世のため人のためになると思ってる。

だから宿題ができないんだったらやったフリをすればいいし忘れ物が多いなら最初から全部学校に持って行っておけばいい。それでも無理なら学校にかけあって特別な配慮をしてもらえばいい。最近は発達障害とか随分有名になったから特別扱いも平気。いい時代になったもんだ。

ただ、うちの子はIQテストの凸凹は無い上に見た目が私に似てすごく無害っぽいから見落とされる。まさかこの子がLD傾向があるなんて思いもしないんだろな…実際やろうと思えば勉強も苦痛では当ても一応やれるから厳密にはLDじゃないし。

 

だから基本何をやってもやらなくても怒らないのに、できないことや忘れたことを親に教えてくれないから、ああ信用されてないんだな、この子にとって家庭は安心できる場所じゃないんだ、と結構地味にかなり落ち込んでたんだけど、どうも違う原因っぽい。

 

よーーく話し合ってやっとわかったんだけど、うちの子は学校をすごくビジネスライクに捉えているらしい。学校は勉強をするところで、勉強の邪魔になることはやってはいけない。逆に勉強に邪魔にならないことならやってもいい。だから宿題とか忘れ物とかも別にいい。という発想だったらしい。

もちろん宿題を忘れたことで先生が二度手間になるとか授業に必要なものを忘れることで他の子の学習も邪魔してしまうとか、そういうのはいけないことだからできる限りやらないしもしやってしまったら誠心誠意謝ってリカバリに努める。

でもそれ以外のどうでもいいプリントとか持ち物とかは正直存在意義が分かってないしぶっちゃけそんなものを重要視する人がいるということすら分かってなかったから報告もしていなかったらしい。

 

 

えー…

そりゃね、学校は勉強するところ、て教わるよね。軍隊みたいな結束を高めるための無駄な規律を守るところ、なんて誰も言わないよね。だけど実際の学校は軍隊で無駄な規律を守ることが学力より優先されるような理不尽な場所なんだよ!

ほんとなんでもかんでも言語化して教えなきゃわかんなのなんなのサイコパスなの?

 

あと、先生と生徒の関係は契約関係のみだと思ってたらしい。

プリントを忘れるというのは業務が滞るという意味で悪いことではあるけれどそれだけ。ママが作ってくれたお弁当を忘れたらママが悲しむ。だってママと子供は愛着で結ばれているから。でも先生が生徒のためを思って一生懸命作ったプリントを失くすことで先生が傷つくという発想は無い。だって先生は雇用されて仕事として生徒に関わっているのだから。という理屈らしい。

あー…そうだね、ぐう正論。

仕事に私情を持ち込まないのは能率的な組織の鉄則だ。だけど大半の人間はそれだけじゃ割り切れないから過労死とかブラックとかが発生してるんだよ…。大半の人にとって家族みたいなべたべたした関係とビジネスの関係を切り分けることは難しいんだよ。て、教えてあげたらすごいびっくりしてた。

 

てことでいろいろ教えたら、集団生活で発生する理不尽な力学を教えてあげたらちゃんと報告してくれるようになった。

娘としてはどんなに説明されても帰属意識を高めるためだけに存在する規律も、雇用関係に私情を持ち込むことも、納得はできないがそれを大切にする人がいるなら尊重したいという所存らしい。ああそうだったねこの子はいいやつだった。ちょっとズレまくってるけどいいやつではあるんだよほんとに。明後日の方向にかっとんでるけど。

 

集団の暗黙知や空気みたいなものを読む能力が欠けているという意味ではうちの子は自閉傾向があるんだと思うんだけど、愛着や愛情を理解しないわけではない。目が合ったらにっこり微笑む的なコミュニケーションのルールは会得している。親しい人への愛着も分かってる。親しくない人のことも尊重したいと思ってる。

なのになんでこんなにズレるのこの子は…