雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

女の裸を公共の場に掲示したい男性たちの欲望とは何なのか

どうもこんにちはお気持ち狂犬のミソジニストです。

それで私はただの狂犬なので手斧さえ投げられりゃ正しさとかどうでもいいんですけど界隈があまりによくわかんない方向に盛り上がっていて馬鹿らしいので書く。

 

毎年恒例ananのsex特集に「ほら女はこれを批判しない!」とキャッキャしてる方が沸く季節になりました。

今年の主流は「男が不快ならまず男が主張しろというのは間違い、フェミのダブスタを批判したいだけだ」だそうで。

 

togetter.com

わからないのだけど、結局これを見て不快だと思う男性はいるの?いないの?

不快だとか嫌だと思うんなら表明しよ?

何も言わずにだんまりなのに「フェミが助けてくれない!」とか言われてもフェミニストエスパーじゃないんで困るんじゃないかな。それともなに、フェミニストに勝手に男性の被害者を見つけ出して証拠動画とかとって許可なしにmetooすることを求めてんの?フェミニストだろうとなんだろうと他人に出来るのは「声を上げた被害者に寄り添うこと」であって勝手に被害者を掘り出してきて可哀想認定して当事者そっちのけで盛り上がることはできないよ。

 

「フェミが男の裸に何もしないのなら、男もフェミの主張を全て退けていい」とかもね、前後の文章の非対称性に気づこうね。男性が被害を訴えてないのに部外者であるフェミニストは何もできない、というのと、すでに被害を訴えている人がいる事象を無視していいのは全然違うよね。

 

私としては、たぶんananの表紙を見て嫌な気持ちになる人はいるんじゃないかなと思う。で、この話題はわりとデリケートで、当事者でない他人が勝手にほじくりかえしていいものとは思えない。だから嫌だと思う人がいるなら私に出来る範囲で何かするかもしれないなというスタンスにならざるを得なくて、こんな繊細な話題を「気に食わないフェミへの嫌がらせ」なんかに使おうという発想がなかなかに、正直引く。そりゃ話が通じないわけだ。

 

女性サイドは「私はこういうのが嫌だ」という話をしていて、だからじゃあその被害どうしたら無くなるかなとか、その被害を無くそうとした時に他の人が被害を被っていないかとか、そういう話をしているわけです。なのにそれに対して男性側から「私はこういうのが嫌だ」という話がいつまでたっても出てこない。しまいにゃananに対して言うことが「性的消費されるのは不快だ」ですらなくて「よっしゃこれでフェミにいやがらせしてやる!」だもの。なんなのおまえいやがらせて。他人の足引っ張ってる場合か。ずいぶんと余裕があってよろしおすな。

 

いつまでたっても当事者からの言葉が出てこないのでかしこいわたくし( ・`ω・´)キリッが代わりに想像してあげますと、たぶん、男性の病理というのは自分のことを自分のこととして語れないことなんでしょうきっと。ananの表紙を見てもやもやした気持ちを「俺はあの表紙を見てなんかもやもやした」と言えずに「フェミのダブスタ」とか言い出す。「俺の好きなものを取り上げられてもやもやした」と言えずに「じゃあお前の好きなものも取り上げてやる」と言い出す。

そこには他人からの評価というか、正しさや整合性への強いこだわりがあるのでは。しらんけど。

 

 

 

 

それでですね、まずですね、フェミニズムというのは、というか、人権運動というのは全て、正しさなんかクソどうでもいい自分が美味い汁吸えればそれでいいという運動にならざるをえないのだということをですね、知らずにこれまで生きてきて楽しそうにキャッキャしてる男性様はどんだけぬるま湯につかってきたんですかね。

ほんの少し前までは強姦された女性は淫乱だから堕胎するのが正しかったりして、そういう世界では女は馬鹿だから理論的思考ができなくて男に従順であるべきというのが正しさであったり整合性であったり理論的であったりしたわけです。生まれた時からフルスペック人権を保障されてるジェンダーには想像できないかもしれませんけれど、現時点の常識でダブスタであったり不誠実であったり整合性がとれていなかったりすることは運動の正当性を損なわない。むしろ支離滅裂に見えることこそが正しさの証明であったりする。

なのでこれは別に男性女性に限らず誰でもですけれど、今自分が苦しいとか嫌だとかむかつくとかいうお気持ちがあるのなら、それを正しくないとか矛盾してるとかで抑え込まないでほしいです。

なまけがうつ病発達障害になったように、職場のコミュニケーションwがセクハラパワハラになったように、自己責任が就職氷河期になったように、声を上げて世間の常識と衝突し続けることで変わるものがある。

 

 

逆に、声を上げなければいつまでたっても無かったことにされます。

最近尊厳死したいALSの人を違法に殺害した事件がありましたけど、あの事件があるまで「障害者でも生きる権利がある」一辺倒でした。今でも日本の医療現場では生の強要と自己決定権の剥奪と、非合法の尊厳死尊厳死の強要が起りつづけています*1

障害があろうとなかろうと生きたい人もいれば死にたい人もいて、生死に他人がくちばし突っ込むべきではなく当事者の意志を最大限尊重する、というあたりまえのことすら何十年も「なかったこと」にされ続けています。毎年何万人も苦しんでいるにも関わらず。まぁ現実なんてそんなもんです。どんなに苦しんでもバズらなきゃ気づいてすらくれない。

 

 

 

で、これ、私自身が出世してそれなりに地位や権力を手に入れたというのもあって最近身に染みてるんですけど、当事者が声を上げてくれないと部外者は助けらんないです。

たとえば私が勝手に「この人は障害で苦しんでるから死にたいはずだ殺してやろう」とか逆に「この人は障害で苦しんでるけど生きたいはずだ延命してやろう」とかやるのはどちらも無意味です。こと人権問題に関しては当事者が何をどうしてほしいのか言ってくれないと他の人は動けない。というか動いてはいけない。

なので、ananの表紙をみてなんかもやもやしたのならその気持ちを他者への攻撃ではなく自分の気持ちとして表明してください。そうしないと前に進まない。

 

 

 

 

 

あと単純に疑問なんだけど、なんで一部の男性は「女体エロを公共の場に掲げる権利」をやたら守ろうとすんの????

なんか、女体エロを俺たちの最後の砦みたいに言う人いるけど、女体エロは全て生身女性のナマモノ二次創作なんで公式である生身女性がノーと言ったらノーじゃね?無許可二次創作をやるんなら少なくともゾーニングには賛成すべきじゃね?なんで自分たちのもんだとか思っちゃってんの?少なくとも腐女子と同程度には隠れようという発想にはならないもんなの?いや現状腐女子が隠れられてるかというとそうでもないとかどこまでゾーニングすべきかとかそういう手続きの部分ではなく。もっと根本的なマインドの部分で。他者の表像をお借りしているという自覚が一切無さそうなところいったいどういう精神構造してるのだろう。

 

 

 

 

 続き書いた。

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

*1:現在

もバレてないだけで起っている重症患者への死の強要について詳しく書いちゃうと犯いろいろまずそうなのであんま書かないことにします。