雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

弱者男性のどのあたりがダメなのか

ちょっとわかった気がする。

これ自我をどう定義するか問題なのでは。

 

 

何が俺に対する差別なのかエスパーして救ってくれなきゃ差別!

とかいう人類史上稀にみる理屈を展開してて、なかなか興味深いなと。

人種差別であれ女性差別であれ障害者差別であれとにかくだいたいの差別反対運動はだいたい同じ道筋を通る。どんな種類であれ弱者はまず生存権、それから自由権職業選択の自由、政治参加の権利、みたいなのを順次要求していきた。でも弱者男性論はこの道筋を踏襲しない。どうやら弱者男性というやつは日常生活の中で殴られたり犯されたりそれを告発したらセカンドレイプされたりということは全然ないらしい。まじか。なら何も問題ないじゃん。なのに何を騒いでいるんだ。あと暗数になってるはずの男性被害者どこ行った。

 

そしたら「モテるためにカッコつけたり、就職するためにリクルートスーツ着たりするのは欺瞞であり悪」みたいな論調の人がいて、なんかそういう自意識で生きてるからこそ「何が差別かエスパーして救ってくれなきゃ差別」なんていう理屈が出てくるのかなとちょっと思った。人間とか生命に対する認識が私とかけ離れすぎている。

 

商品を売るセールスマンとして考えてみるとわかりやすいかも。

 

「女が下方婚しないのは女のワガママ女が意識をアップデートすべき」とか主張できてしまうというのは、「わが社の製品を買ってください買わないのはワガママ」とか言ってるのと同じでなぜそんな商品が買われると思った。自分が結婚したいから相手が変わるべきってもう徹底的に相手が不在。

私の周りにも結婚しなかったり上方婚を選ぶ高給女性がたくさんいる。彼女らは家事育児を担って家庭を支えてくれる主夫を必要としている。でも婚活市場で家事育児を担って家庭を支えてくれる男性に出会えない。私は婚活したことないから分からないけどとにかくもう専業主夫男性はSSR並みらしくて、そんな砂金探しみたいなことするくらいなら家事代行を頼んだほうが早いという結論になるらしい。

 

そもそも彼女らは最低限の家事はできるので男性ほど主フを切望していない。また、主夫を娶っても結局妊娠出産というデメリットは女性にのしかかり、また女性は男性より職を失いやすく高給の仕事に再就職できる可能性も低い。男性のように結婚して一人前という価値観もない。だから現状では専業主婦に比べて専業主夫の利用価値はかなり低い。

かつ、自分より収入の低い男性というのは地雷であることが多い。なんか知らんがすぐ拗ねる、怒鳴り散らす、暴力をふるう、女に収入で勝てないから力でねじ伏せようとしだす。最初は取り繕っていたのに何年も付き合った後「本当は高給取りな君といるのがつらかった」とか言い出して低収入女性と結婚するとか、高収入女性と結婚して主夫やってるのに低収入女性と不倫してたとか、やべぇ話がわりと耳に入ってくる。しかも家庭内暴力に対して警察も行政も及び腰で、ひとたびDVをされたら職もキャリアも全捨てして命がけで逃げ出さなければいけない。これは高キャリア女性ほど失うものが大きい。

 

現状では、男性にとって下方婚に大きなメリットがあるのに対して女性にとって下方婚はさほどメリットがなくむしろ生命を脅かす莫大なリスクを負う。だから女性は下方婚に及び腰になる。

 

 

 

 

という状態のところにですね、「下方婚しないのは女のワガママ」ですよ。ワガママ。これだけのリスクを負うのをワガママと。いや別にワガママと言う自由はあるかもですが、そしたらじゃあワガママ貫き通すね絶対下方婚しないね、と言い返す自由もあるわけでな。

「わが社の商品を買え、買うことによっておまえにメリットはほとんどなくデメリットは大いにありキャリアと安全を脅かすリスクもあるが、とにかくわが社の商品を買え買わないのはワガママ」とか、なぜそれが通用すると思った。

 

 

でもわりとこれ、セールスが下手なセールスマンがやらかすところだったりする。

「わが社の製品を買ってください理由は買ってもらえると私が儲かるからです!」という視点から脱出するのにはかなりの教育と努力と才覚がいる。相手の目線にたって相手にとってのメリットを増やしデメリットを減らすというのは言葉にすれば簡単だがいざ実行するとなると難易度がかなり高い。

「俺は何が差別なのか明言しないがお前は俺の考えをエスパーして俺を救え」「本気で考えれば何が差別か分かるはず」「人間扱いしろ」とか、いやがらせにしか見えないけどたぶんあれ本気で言ってるんだと思う。

そりゃフェミニストも「女性を人間扱いしろ」というけどね、それはさんざんケツを揉むな合意をとれ痴漢するな出世させろ選挙権よこせと100年近く具体例を挙げつづけてそれでもしらばっくれるやつらに向けていったのであってな、初手で「人間扱いしろ」とかふわふわしたこと言った弱者は歴史上いないのよ。てかそんな曖昧な要求してたら弱者は死んでたのよ。ふわふわした要求を当然のごとく出せるのが強者の強者たるゆえんで、具体例が出せないところが弱者男性が強者であることの証明になってしまってるの分からないかな。分からないんだろうな。

 

ケツを揉まれてどんなに悲しくてもみじめでも恐ろしくても、相手の男はニヤニヤ薄ら笑いを浮かべてる。私にとってこれほど尊厳を奪われる行為でも、加害者にとっては楽しい遊びにすぎない。そんな状況に常日頃直面していれば、「本気で考えれば何が差別か分かるはず」なんて寝言はとても言えない。だってやつらは本気で真摯に考えて私のケツを揉むことを楽しい遊びだと結論づけているわけで。私とやつらでは見えているものが全く違うわけで。

でも男性ってそういうタイプ理不尽にほとんど直面しないらしいね。

男性がぶつかる理不尽は、カースト下位者がカースト上位者にいじめられるというタイプのもので、カースト下位者もカーストの価値観を内面化している。女性は男性優位社会のカーストを強要されるところに苦悩があり、男性はカーストから逃げられないところに苦悩がある。

でもだったら、はよそのカーストから脱出しなされとしか言えないわけで。カースト内部にいる以上勝ってても負けてても自由じゃないわけで。でも脱出できる知能がないんだったら、ええぇぇこれどうしたらいいんだろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の立場を想像することの困難さ

そうかー男性が受ける差別ってほんとに本気でエロポスターを剥がされる程度のことなんだ………
少なくとも今騒ぎ立ててる弱者男性様の受けてる差別はそういうことらしい

セクハラとか痴漢とか無い人生かぁ。夜道歩いてても職質はされても身の危険は無いとかどういう感じなんだろ。
以前アンアンの裸表紙に「これに騒がないフェミはさべつーー!」が湧いたときにも「男性だって裸を晒されたら身の危険を感じたり不快だったりするよね、女性だけでなく男性への性的表現ももっと慎重になろ?」という流れになりかけたらあわてて「アンアン批判はフェミへのカウンターであって女の裸を規制するな」とか言い出しててドン引きした。あと小学生の男の子が家出して大人の女性と同棲してた事件にうやらまけしからんという感想をつけてたこともあったね


私が女性の裸ポスターに不快を感じるのはあれが「女は消費していい」というメッセージを強化してくるからであって根底は「女には暴力を奮っていい」という社会規範に怒っているのだけど、もしかして男にはそういうのが無いのか??普通に歩いてるだけで通りすがりに胸を揉みしだかれたりする理不尽が無い???



先進国に生きてる私の苦労なんて世界レベルでみたら無に等しいですし、私より苦労してないやつの苦労なんてたいしたことないとか言う気は無いです。なんか釈然としないけど、苦労は個人の尺度なので。だから弱者男性とやらが他人のブコメやブログで「これだから男は」と雑にくくられるのがさべつーー!と感じてあんな大騒ぎして罵詈雑言はいて手当り次第侮蔑を撒き散らすくらい苦痛であるというならそれを否定する気は無い。ただあまりにも私と彼らの置かれた立場が違いすぎて理解が難しい。



いやこれ私すごいな?

弱者に自分は弱者ですと自己紹介させるのはさべつ!弱者でも自分は弱者だと認めたくない!!!だから俺をそんちょーしろーーー!!!

とか、言われる側としては「俺は一ミリも譲らないがお前は俺のご機嫌をとれ」と言われてるわけで、dvでもセクハラでも録音録画受信記録と被害者が恐ろしく労力をかけて何が差別なのか記録しないと認められないのに、それが当たり前だ仕方ないとあきらめてこれまで戦ってきた人たちに面と向かって「どうすれば俺を尊重できるかは絶対に教えないエスパーしてくれないのさべつ!!!」とか、見習いたいその面の皮の厚さ
自分のつらさに手一杯で相手にとってどういう意味の言葉かわからず攻撃的な言葉を投げつけて版権されたら「俺はつらさを訴えただけで攻撃なんかしてない!」てたぶん本気で信じてるのだろう。


だから大きな2歳児に対する最適解としては自分が振り回してるものが凶器であり、そんなもの振り回すより穏便で能率的な方法があることに気づくまで癇癪の相手をしてあげることなんだろう。

が、それをしてあげる義理もないのでな…
でかくてかわいくない2歳児の相手なんかリアルで手一杯でな、金にならないネットの2歳児まで相手にしてられない。
私わりとでかい2歳児を再教育するノウハウは持ってて、だからこそネットの2歳相手にもつい義務感を発揮してしまうんだけどべつに私が掬ってやる義理もないので今後は遠くから観察する程度の距離感でやっていこうと思います。

頭が悪いという体験を理解する試み

私ここ5年くらい頭が悪い状態というのはどういう体験なんだろうというのをずっと考えていてほんとにわからなかったんだけど、最近の弱者男性の話題でやっとわかった気がする。
足し算ができないとか暗記できないとかそういうのは些末なことで、もっと根本的な問題として頭が悪いと性格が悪くなるんだ。

たぶん生物のデフォルトは、不快があったら相手を攻撃する、なんだと思う。
腹が減る→むしゃくしゃする→手近で弱そうな奴を攻撃する→食べる
みたいなやり方で何十億年もやってる。

腹が減る→腹が減ったと自覚する→腹が減ったと伝える→自分で作る
みたいなのを人類がはじめたのは実はせいぜい1000年くらい前からで、今くらい積極的にやりたじめたのはここ100年から50年くらいなのでは。

だからきちんとした教育を受けられなかった人やそもそもの能力が低い人は、むしゃくしゃする→弱そうなやつを攻撃する、になる。つまり弱者男性は自分自身について語ることができるだけの発達段階に到達していない。となるとコミュニケーション能力は2才児並み。当然誤信念課題も理解できない。

だから
現状では男性の性加害は社会に許容されている→よって女性は男性全員を警戒するしかない
とか
かつて私を加害した男は男性ゆえに性加害を許容されていた→加害を許容される男性ジェンダーが憎い
とかが理解できない。全て「男は全員犯罪者」に聞こえる。だって加害される側になったことがないから。
あと抽象概念もわかってないから男性ジェンダーが嫌い、と男性セックスが嫌いの違いも分からない。

そしてメタ認知ができないからシステムを変える発送に至れず、個人の努力を強いる解決にならない解決法しか理解できない。
黒人差別を減らすためには黒人の犯罪率を低くする必要があってだな、差別するなと怒鳴り散らすとか殺される危険を許容してまで黒人を公平に扱うとかいう非人間的な努力を強いるだけじゃ解決しないのよ。

みたいなのが本気で全然分からないのか。



そうか2歳児か。魔の2歳児のまま大人生活してるのか。そりゃ確かに弱者であり福祉が必要だわ。かわいそすぎる。
お菓子が食べたいと泣きわめく2歳児に必要なのはお菓子ではなく快適な生活習慣であり泣きわめく以外のコミュニケーション技法であり、たぶんなんかそういうのが今の社会には足りてない。



そこからかー…


私の反省点としては、まさかそんな頭の悪い人が大人やってるなんて思わず、みんな私程度の解像度で物事を理解したうえで行動してると思って文章を書いてたことですね。2歳児に比喩や皮肉とか通じるわけないよね悪いことした。まぁ今後もやるけど。匿名のネットでまで赤ちゃん言葉で喋ってらんない



でも人間の成長ってすごいね。弱者男性の話題がにわかに盛り上がったここ数ヶ月で弱者男性たちはすくなくとも「自分が不快を感じていることを言葉にする」ができるようになって、しかも今度は最も原始的な欲求である「女(ママ)をよこせ」から「属性で差別するな(俺は男性一般ではない性別関係なく俺自身なんだ)」まで成長したわけで。まぁ属性で差別してる頭の弱いフェミニストはかなり少数派で大半は弱者男性の誤読なんだけども、なんでそんな幼稚な流れ弾喰らわなきゃなんないのかとは思うけども。とにかくすごい成長してるよ弱者男性。これが集合知というやつか。違うか。なんていうんだこういう現象。100匹目のサル現象??

女の主張はヨシヨシされるが俺が同じことを主張してもヨシヨシされない差別!ってもしかして本気で思ってるのではと思ったので書いてみる。

女の主張はヨシヨシされやすく、男の主張は拒絶されやすい。現状ではその傾向がかなりはっきり存在していると思う。で、女も男も同じ主張をしているにも関わらず差が出ているなら性別による差別なんだけど、でも実際拒絶される男の主張は拒絶されうる理由があるから拒絶されてるんであってそんな主張してたら性別かかわらず拒絶されるよね?男の主張でも穏当なものであればわりと普通に支持されているし女の主張でも穏当でなければ拒絶されてる。

だからこれは「おなかすいたおいしいごはんたべたい」は受け入れられるけど「むしゃくしゃしたから残虐な方法で人を殺しまくりたい」は拒絶される、みたいな話なんだけど、もしかしてさべつーーー!と言ってる人たちは本気で「おなかすいた」と「人殺したい」の違いが分かってらっしゃらない…?

なんか、本気で自分自身のケアのやりかたを全く何一つわかってない問題なのかこれは。低気圧で頭が痛いときには肩回りのストレッチしてホットミルクでも飲む、眠れないときは日中日の光を浴びる、なんか落ち込んだときは洗い立てのバスタオルをおろす、みたいなそういうのを何一つ知らなくて当然むしゃくしゃしたときにどうすれば満たされるかも知らないのでは。

 

 

人間は本来野蛮なもので、「タカシ宿題しなさい」に対して「今やろうと思ってたのにママが言ったせいでやる気がなくなった」と他責で返事するのがデフォルトで、この他責を自分のピュアな欲求に落とし込むには相当な労力と教育と知能が必要。教育や知能が欠けていると一生他責のまま過ごすことになって周りから拒絶されまくって俺だけ差別されてる!になる。自分は平然と他責するくせに他人からの他責には1mmも耐えられない、それがにんげん。にんげんっていいな

だから結局、弱者ランキングが何で決まるかってかわいさでも性別でも外見でも媚ですらなくいかに他責の形にせずに自分の欲求を伝えるかでしかない。他責しかしたことがない残念な人は知らないかもしれないが、人間は他責の形でない欲求に底抜けに甘い。はたらきたくないでござる一生ソシャゲだけしてたいでござるーーーー!程度の欲求なら普通に叶う。むしろ喜んで叶えてくれる。

 

それで弱者ランキングにおいて男性が下位に置かれやすい理由として、一般に男性の欲望のテンプレとされているものが攻撃的すぎることがある。

十分な訓練を受けていないあるいは知能の低い人あるあるで、自分の欲求をあらわす適切な言葉を選ぶことができない、というのがある。そういう人はテンプレで会話する。さみしくて人肌恋しい気持ちの時「さみしいからヨシヨシしてほしい具体的には頭のこのへんをこのくらいの角度で30秒ほど撫でてあと肩揉んでそのあと風呂を入れて入浴剤も入れて私が風呂に入ってる間に雑炊作っといて」とか言える人は案外少ない。これを言えさえすれば人生楽勝なんだが。

で、それを言えない人がどうするかというとどこかで聞いたことのあるテンプレセリフをいう。そしてどうやらそのテンプレは男女別に分かれている。人肌恋しい女に用意されたテンプレが「イケメンに尽くされたい」だとすれば、人肌恋しい男に用意されたテンプレは「美少女を犯したい」だったりする。そして「イケメンに尽くされたい」は女性より体力と筋力のあるイケメンが自主的に尽くす行動をしなければ成立しないのでイケメンにとっての脅威度は低いのに対し「美少女を犯したい」は男性より体力も筋力も低く弱い立場にある年下の少女に対して性加害したいというどこからどう見ても明確な加害行為であり、結果として人肌恋しい女性は叩かれないのに人肌恋しい男性は叩かれる。

人と触れ合いたい、優しくしたい優しくされたい、みたいな関係欲求を表すテンプレに男女差がありすぎて、あまりにも男性に向けたテンプレの加害性が高いのがいろいろややこしくしてると思う。男性の欲望が「相手に(主に女性に)何かしたい」に集約されすぎてる。セックスしたい、というのが女性の乳を揉みしだいたりまんこをどうにかしたいみたいなのと完全にイコールになってる。基本的に欲望というのはおなかすいたとか背中がかゆいとか「自分がどうなりたいか」であって本来他人の事なんかどうでもいいはずなのに、セックスで自分がどうなりたいかがすぽーんと抜け落ちて女性をどうしたいかになってる。

自称弱者男性とやらの主張もそう。他人の足をひっぱるばかりで自分がどういう状況で今後どうなりたいか、自分のことを絶対に一言も語らない。自分がからっぽ。このいびつさ、どことなく纏足味がある。いったいどんな矯正をしたらこんなに自分がそぎ取られるんだ。そのあたり誰か語ってくれないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こないだ同じ趣味の知人女性から、趣味で集まるから来ませんかと誘われて行ったら自分以外全員男性で恐かったという相談をうけて、面子をきいたら参加した男性全員レスラーみたいなやつらでしかもカフェとかでなくクローズな場所だったらしくそれは小柄な女性一人はきつかっただろなと思った。
彼らは単になんも考えてないだけで普通にいい人だから嫌だったら嫌って言えば普通に配慮してくれるよって言ったんだけど、1人で話すのも嫌だというのでしょうがないから同席した。女性一人だけ誘う非常識な男性集団とか信じられない気持ちもよーくわかる。
でもやつらほんとになんも考えてないだけなんだよ……
実際ちゃんと話したら、ふぇぇごめんね女の人って大変なんだねもうしないよぅ……てなってた。

この手の問題に関して男性はとてつもない下駄を履かされているという事実はもっと知られるとみんな幸せになれると思う。大抵の失礼な男性はほんとに本気でなんも考えてない。問題があるということすらわかっていない。今回の話も彼ら派たぶん本質は理解していなくて、なんだか分からないけど女の人は男性と同席したくないのだという認識だと思う。男性とクローズな場にいくことの多大なリスクや被害にあったときの世間の冷たさなど何もかもわかっていない。女性が難易度ナイトメアな隣でベリーイージーなゲームをやっている。

規則が心地好いタイプの人

最近ちょっと思ったのでメモ


なんでも自由にやっていいよ!と言われるのが負担って人がいるんだな。
真っ白い紙に何でも好きなもの書いてとか言われるのが嫌。粘土を渡されて好きなもの作ってとかも嫌。レゴみたいなある程度形が決まってるものがあると安心する。

この感情の根底には何があるんだろう。

何でも好きなもの書いてと言ったくせにいざ書くと「ふーんそういうの書いちゃうんだw」みたいな難癖つけられるのが嫌だとか?上手い下手で優劣がはっきりついちゃうのが嫌だとか?
これは二次障害というか、過去に意地悪されたからまた意地悪されるかもみたいなことなのかな。自己肯定力とかそういうジャンルの。

それもあるけどなんかもっと本質的というか生理的な嫌悪感みたいなのもある気がする。トライポフォビアのような理屈じゃないところ。
自由が嫌だと言う人はだいたいなんかアイスクリーム課題できなそうというか、すごい一方的に自分の話をまくしたててくるというか、なんていうか私としてはあいつら何が楽しくて生きてるんだろみたいなやつ。
結局空気が読めないというやつなのか。その場の雰囲気で会話を切り上げることができないからだ持ち時間は一人3分までとか決められてるほうが楽みたいなことか。何が楽しくて生きてるんだろう…

弱者男性に必要なもの

こういうの関係強者である私が何言っても反発しか産まないのでここでひっそり書き散らしとく。




連日の恋愛弱者の投稿は軒並み「相手が俺に何をしてくれるか」しか考えてなくてそりゃモテないわ忌避させる要素しかないもの。


ここでたぶんだいたいは、奪うことより与えることを考えろ的なアドバイスしたくなるんだけど、たぶん、やつら本人的には相手に尽くしてる。尽くしかたがキモいからやればやるほど逆効果になるだけで。だからそのキモさなんとかしろってなるんだけど、キモさとか抽象的すぎてどうすればいいかわからなくてキモい努力に固執してる。





なんかたぶん世の中には「俺と俺にかしずくモブ」しか存在しない人種がいて、そういう人にとって他人は「俺にとって有益か否か」でしかなくて、だから金とか顔とか地位とかいう「有益」なものでしか人間を測れない。
ああいるわそういうやつ。肩書で露骨に態度かえるやつ。おまえが顎で使ってるその「自称この分野は素人」なじいさんおまえのとこの理事やぞ…みたいなことよくある。
そういう人種はもうなにやっても駄目で、下っ端扱いされてもむかつくし、相応の地位と人事権を持った人間として媚びへつらわれてもやっぱりむかつく。上にも下にもとにかく全方位に駄目。そういうやつらが唯一受け入れられるのは同じ「有益」を至上価値とするクラスタだけで、そしたら当然「有益」じゃなきゃ受け入れられないわけで、「有益」じゃないのに「有益」価値観をもってしまったことこそが彼らの問題点。



だから競争から降りろつってんのに聞きゃしねえ




で、やっぱ人間やっちゃいけないと言われると余計に意識しちゃうもんなので、いうべきは競争するなではなく「競争の変わりにこれやれ」みたいな代替案のほうがいくらか建設的だと思う。

やつら頭の中がすべて、「俺に何をしてくれるか」と「俺が何かしたら俺に何をしてくれるか」で埋まってて、具体的に言うとやつらは金儲けとモテ以外の会話ができない。だから合コンや出会い系からはなれて趣味の集まりにでも行ったらどうかとかいうアドバイスも無意味。
好きな映画は?とか聞いても答える基準が「どう答えたらよりモテるか」なので次からは呼ばれない。私は映画の話をしに来てるんであってここは無料キャバじゃないんだが??てなる。





逆に、下心なんか吹き飛ぶくらいの勢いで趣味に邁進してると異性を誘うなんて簡単なんだが。てか相手の性別とかいちいち気にしない。同じ趣味?まじかおまえいいやつだな!今度夜通し語ろうぜ!!てなる。相手が異星人でもaiでも人外でも気にせんわ語れるんなら。


だから彼らにあてがうべきは女ではなく没頭できる趣味で、そしたらプペるのはわりといい選択肢になってくる。結局やつらは趣味を楽しむ技量が無いのが問題なのであってどのように感じ行動すべきか強い規範を示してくれるプペのような構造に取り込まれて教育されるのが一番手っ取り早いと思う。


てかたぶん私がやってる悪徳業もわりとそういう側面があって、教祖って普遍的に需要があるんだなと。今後とも悪徳業に邁進していきたいと思いました。