雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

人の悪口は言わない方がいい

自意識過剰なイキりメンヘラと思われるリスクを冒してまで忠告して差し上げるほど親切ではないが黙っていられるほど高潔でもないのでここに書いて供養とする。

 

たしかにね、私ね、研究は珍しげな旧姓でやってていつも名乗ってる新姓はありがちな名前でしかも大抵名刺忘れるから小汚い挙動不審な無名の下っ端雑用係にしか見えないけどね、だからって陰口とか出会いがしらにマウントとってきたりセクハラしてきたりするのやめといたほうがいいよ…

あいつ昔hedgehogxの悪口言ってたから、て理由でミュートやブロックだったり塩対応だったりリジェクトだったり不採用だったりしてるから。。そういうの結構みんな見てて執念深く覚えてるから。。。

あと、名刺の肩書きを見て対応変えるのもやめときなよ…みんな名刺複数所持してるから。おまえがタメ口でマウントとってる相手はお前の人事権握ってるやつやぞ。。。気に入られたいならすぐ金の話をするのもやておけ学者は研究にしか興味がない。陰口もやめとけこの業界狭いからすぐ本人の耳に入る。特にセクシャルとエスニックな陰口は注意喚起のため実名入りでリストが回ってくる。胸がでかいとか足がエロいとかあいつゲイだとかどこぞの国出身だとか絶対やめとけ。ただでさえ少ない人材を人間関係なんかで失いたくなくてみんな必死だからな。

 

 

立場が下のやつをいびって陰口で連帯感を強める立ち回りをするなら自民党にでも行った方がいい。むしろなんでこんな業界にそんなやつが一定数来てしまうのか。本人にとっても不幸ではないか。周りがどんなに忠告しても自分が場違いであることを自覚できずに首を突っ込んでくるタイプのやつらとうまくすみ分ける方法がいまだに分からない。やつらゴキブリのようにどこにでももぐりこんでくる。ゴキジェットで一掃したい。

 

 

 

 

 

他の人がどう思うか推察する能力

アツギのタイツ騒動やホームレスを珍獣のように観察するサイコパス上級市民みたいなのみて思ったこと。

タイツや萌え絵がエロくてかわいいなと思う女性のことを無視してる!みたいな意見があったけど、その発想がなんというかなんでその結論に至るのか。
かわいい子のタイツはかわいい。萌え絵もかわいい。好き。女の子たちがキャッキャしてるの尊い。私もかわいい子になってキャッキャしたい。

でもそれはあくまで私が主体で私に都合よく進行する妄想であって現実ではない。

なんかつまり彼らは、タイツエロかわいい!という気持ちと、四六時中エロかわいい視線にさらされることの違いが本気で分からないのでは。
ホームレスの生活を興味深く観察する人は、自分がホームレスになって観察されるときどういう気持ちになるか想像できない。

ライオンがシカを食べたいと思うとき、たぶんライオンの世界では100%シカうめーという気持ちだけで構成されていて、食われるシカがどう思うかを想像できない。無視するとかですらなくライオンの世界にシカという他者の存在の余地がない。
陰謀論のトランプ支持者なんかも同じ臭いがする。
たぶん彼らにとって言葉は呪術なんだろう。
自分の世界を陰謀で塗り潰せば陰謀が事実になる。外側からみた自分を想像する能力が欠けている。


つまりこれは自閉症の問題で、人類はサピエンスを獲得した人といまだに動物と同じレベルにとどまっている人の2種類がいるのでは。
なんかもう動物は山に帰って…人里に混ざろうとしないで………

タイツが醸成してきた憎悪

アツギのタイツがエロ絵とコラボして燃えている件について。

メイド服の女性がスカートをたくし上げて頬を赤らめながら「見てもいいよ」というイラストをどうしてタイツの販促に使えると思ったのか小一時間問い詰めたい

 

それでこの問題は、タイツというものが女性たちにとってどのような存在であるかという前提を抜きにして語れないと思う。

 

女だけどエロく見られたいときがあってもいいじゃん!女だけどタイツがエロいと思ってもいいじゃん!フェミは萌え絵が好きな女のことを抑圧してる!みたいなの、そういうことではなくてだな。巨乳乳袋の時もそうだったのだけど、エロくみられたいときに主体的にエロく見られるファッションを身に着けることを誰も抑圧なんかしてないのですよ。。。女でも自分の体をエロく見られたいときはあっていいし、タイツにフェチを感じたいときもあっていい。

でもタイツって、生理でお腹痛くて眠くて最低な気持ちなのに嫌々薄っぺらいスカート履いて出かけなきゃいけないときのものなんですよ。女であることで強制される理不尽に反発する気力すらないくらい打ちのめされているときにそっと寄り添って気遣ってくれる仲間なの。無駄毛処理してなくてリンパマッサージもしてなくてむくみっぱなしでボーボーの足を、でも「女だから」素足を晒さなくてはいけなくて「女だから」素足は美しくなければいけなくて、なのに「女の癖に美しい素足を晒したから」被害にあるとセカンドレイプされて、「女だから」でスカートを強制してきた世間様は責任を取ってはくれない。そんなしんどい構造の中、とりあえずこれさえ履いておけば「女だから」を免責されて「女の癖にエロい」も免責してくれるのがタイツ。

なのにダルくて眠くてしんどいときに「おっそのタイツエロいね!ラブタイツの絵みたいにパンチラしたくて履いてるんでしょこのスケベ!」とか言われたらうるせぇ殺すってなういるでしょ。

女だけどエロ好き、と言う人は、女性が自分の好きなタイミングで主体的にエロくあることが好きなだけであって、もっさりして具合悪くて最低な気分の時に無理やり尻を撫でまわされて愛想笑いするのが好きなわけではないでしょ?そこちゃんと区別して?

 

あと、アツギのタイツはエロ路線ですというなら別にそれでいいんだけど、一般人はタイツの製造元なんてわからないんだわ。これが洋服だったらデザインや色でアツギのエロ服だと区別することができるからエロ服だと思われたくない人はそのデザインを避けることもできる(それでもなぜ以前から何十年もずっと普通に防寒目的で愛用してきた側がぽっと出のエロ目線クラスタに配慮せねばならんのだという理不尽はある)けど、アツギも無印もグンゼも靴下屋もどれも普通にタイツなんだわ。アツギ公式がやったことは「アツギのタイツは精液がぶっかけられてるよ」だけでなく「タイツ全般が精液をぶっかけられてるよ」なんだわ。ダブルバインドに苦しむ女性の数少ない味方アイテムを奪ってしまったんだわ。

 

ここまで説明しても何が問題だからさっぱりわからないと言う人のために例えを出すと、タイツってのは性的にみられたくない女性のためのものなのね。とくにアツギのタイツはそういうブランド。だからこれは「痴漢被害許さないバッチ」だと思ってみるといいかもしれない。痴漢被害許さないバッチを作っています、女性の健康と安全に寄り添いますというブランドの公式が「痴漢被害許さないバッチつけてる女の子かわいいハァハァ」とか言って痴漢被害許さないバッチをつけた女の子がスカートをたくし上げて「好きなだけみていいよ」というイラストを投稿してそこに「痴漢被害許さないバッチつけた女の子エロい」というリプがつく状況。

 

 

 

 

 

私自身はもうスカートもタイツも履かないしそれで文句を言ってくる失礼クリエイター共に反撃するだけの厚かましさも獲得したけど、それは私が恵まれていただけであって、まだまだ履きたくもないスカートを強制されている人達がげんなりするくらいたくさんいて、あとよく考えたらスカートを強制してくる現状を肯定するタイツは味方じゃないですね。本当はタイツなんて無い方がいい。なのに頼らざるを得ない。なんならスカート本体よりタイツのが憎くなるやつじゃないですかこれ。

結局この騒動はタイツメーカー自身がタイツに向けられる女性たちの憎しみに無自覚だったことが根底なのかなと思いました。

もうこの機会に女性のフォーマルをワンピースに指定するのやめたらどうでしょう。夏暑くて冬寒くて腕も足も無駄毛処理しなくてはいけなくて動きにくくてすぐ型崩れして脇もパンツも見え放題で防御力低くて、しかも田舎なんかだとその恰好で女性は寒い台所に長時間立たなくてはいけなかったりして、もう何の得も無い。冠婚葬祭のフォーマルなんてジャージでいいよどうせ女性は労働力としか思ってないんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリはなぜ憎まれるのか

そもそもこういう分析をやること自体が憎まれる原因なんだろうなと思うんだけどお勉強ばっかりやってきた温室育ちだからこうやってメタ認知するくらいしか方法を知らないんだわ。

 

anond.hatelabo.jp

 

たとえば私が突然華麗にバク転を決めたとして「体育大学を出てない一般人と思えない身のこなし」とか言われたら普通に褒め言葉だと思う。

で、これがほめ言葉として成立するのは「バク転は特殊な訓練を受けないとできないものである」という前提があるからだ。だからやりかたを教わったこともない一般人なのにバク転ができることはすごいことになる。

 

 

それで「高卒なのにちゃんとした文章を書けている」というのも私は普通に褒め言葉だと思う。大学は複雑な事柄を正確に伝えるための文章技法の訓練所なので、大学で特殊訓練を受けていないのに独学で文章が書けるならそれは素直にすごいことだと思う。でもそれは私が大学で何をするか知っているからであって、大学で何を学び何を身につけるのかを知らない人にとって「高卒なのにちゃんとした文章を書けている」というのは侮辱に聞こえることもある。

たぶん、文章を書くというある程度誰でもできることだからややこしくなってるのだろう。中卒でも高卒でも作文程度の文章は書ける。日常生活レベルであればそれで困らない。だからたぶん高卒の人は「文書なんて小学校にちゃんと通っていれば誰でも書けるもの」と思っている。その前提の中で「高卒なのにちゃんとした文章を書けている」というのは確かに侮辱に聞こえるのかもしれない。

 

 

んーーーー……これどう説明すればいいのかなぁ。

高卒の人が独学で書いた論文の使えなさみたいなやつ。そもそも専門用語を正確に理解する訓練をしていない人が書いた論文は作文でしかないんだわ。厳密な定義に則って記載されてない実験とか追試できないから学術的な意味がないんだわ。

あくまで学術的な意味がない。

人間としての価値とか芸術性とか生きる意味とかではなく、学術的な価値がない。

で、この学術的な意味というのもまた一見さんには理解できないところで、たしかに個々の論文はたいして役に立たない。ただそれらの膨大な積み重ねが結果として人類の英知なわけで。そのあたりは何十年も研究やってきてやっとわかるくらい膨大な情報を処理しないと到達できない。

 

 

 

改めて考えてみると確かに非常に分かりにくい部分かもしれない。

文章を書くというのは誰でもできる技術で、専門用語というのは一度その存在を知れば意義が分かるけど知らなければ内輪のJK語と変わりない。研究は単体で見れば何の役にも立たない机上の空論にすぎない。

つまり学問は外側から見れば、狭い界隈で内輪ウケ用語を使って盛り上がりそこに入れない人を排除する無意味な言葉遊びに見える。たぶん。

なんかたぶん私含め知性を愛するインテリのみなさんは割と素朴に人類に貢献するために人生を捧げてるところがあるはずで、それがこういう風にみられているのだとしたらお互いにとって不幸なことだと思う。

ただこれをどうやって理解してもらおうかというと、ぶっちゃけ学歴がなくても地頭があれば説明すれば分かってもらえると思う。その説明を怠ってきたのはハイソサエティ象牙の塔に閉じこもってきた我々インテリの責任かもしれない。で、問題は世の中の約50%の人はIQ100以下なことで、IQが20離れると意思疎通が相当困難になってしまうわけですよ。。。彼らは何をどうやっても絶対に理解できない。足が無い人が走れないのと同じ。米国でも日本でも約4割の人が反知性を強固に支持しているというのはわりと示唆的というか、ああ、うん(察し)て感じ。

なんかもうこれあきらめるしかないのかな。人類という種の限界なのかもしれない。

 

でも私はあきらめたくなくて、そういう人にもその人にとっての最善を尽くしたくて、だけど彼らは私たちのことを加害者だと言い募る。ちょっともう心が折れそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モテが役に立った

最近合コン必勝法的なものを読んでる。

それで、モテるためには相手に価値の高い人間だと思い込ませるのがポイントらしい。なんでも犬が動くものを追いかけるように人はイケてる異性をゲットしたくなる本能があるのだとか。だからイケてるように錯覚させるだけでモテるらしい。まじか。そういう与太話を信じて出会い頭にマウントとってくる勘違いイキり男が発生するのか。くそうぜえ。


モテも恋愛もイケメンも、りぼんやなかよしの中だけのファンタジーだと思ってた私にはさっぱりわからない価値観だけどそういう人がいっぱいいるならそれをハックすれば捗りそうという安直な考えで試してみた。


私はとにかく人間が嫌いで知らない人と会うとかまして飛び込み営業やるとかまじ死にたくなる。むしろスタバで飲み物頼むだけで一日鬱になる。なのでいつもそういう対人関係は全部丸投げしてきたけど今回頑張ってみた。

ワタクシはお前なんか下僕候補の一人としか思ってなくてよ、奴隷は間に合ってるけど暇だったから遊んであげてもいいのよ?
くらいのマインドで。内心で思ってるだけならバレない大丈夫。
これだけだとイキり倒してしまいそうなのでさらに、私は田舎の名家の娘で自分の実力を試すためにあえてまったく知らない都会に出てきて飛び越える営業してるんだと想いこんでみた。ものすごいお嬢様だから下僕にだってお上品に接するんだ。ものすごいお上品だもん!名刺交換とか上座下座とかビジネスメールとかいう都会のお作法を知らないだけだもん!


自分でやっといてあれだけど馬鹿だ……


とりあえずスタバに行ってコーヒー注文してみた。あと飛び込み営業してみた。




それでなんか知らんがわりとうまくいった。あとあまりへこまなかった。





たぶん世の中にはモテそうとかエラそうといった指標で勝手に上下関係を作ってくる奴というのがたくさんいて、飛び込み営業に対応するような奴というのは力関係を傘にマウントとるのを楽しむような馬鹿が一定数いて、これまで私がやってきた商談で運悪くそういうのにあたってしまって苦手意識に繋がってたのかもしれない。

マウントとるとか大人なのに…ビジネスなのに……?偉そうにできれば売り上げとかどうでもいいのか。ある程度の規模の雇われだとそんな無能でも生き残れてしまうのか。すごい。





とりあえずこれで他社との打ち合わせの度にマウント防止用の助っ人を呼ばなくてすむかも。でもやっぱめんどくさいから呼ぶかも。

モテる理由とモテない理由が同時に分かった

なるほどね完全に理解したメガネクイー

 

とりあえず、適当にネットにあったモテに関する文章を読んでみた。

 

 

どうやら恋愛マンガの主人公たち並みに行動基準が「いかにモテるか」な人というのがわりとたくさんいるらしい。というかむしろモテ以外の価値基準を持ってるほうが異常などというクラスタもわりと普通に存在するらしい。

モテたいモテたいとギラギラしてる人がいるらしいというのは薄ら知ってたけど、どうやらそういうのとはまたちょっと違って、別にそんなにモテたいわけじゃないけど自分の中にモテ以外の価値基準が無いから相対的にモテが重要視されるというか。

あとモテたいというのは無難な欲求と言うか、人間だったみんならメシ食ってウンコすんだろくらいの勢いで現代日本人だったらほぼ全員モテたいだろみたいなのがある…?ほぼ全員異性愛者だろくらいの感じ…??

 

あとすごいびっくりだったのが、恋愛指南本には肉食系男子はぐいぐい攻めろとか草食系男子には優しくとかモテる男は浮気するとか書いてあってこれはつまりわりとみんなツインテールツンデレみたいな外見と内面が一致する人がわりといるというか、むしろ外見と内面が一致するのが普通みたいな前提で生きてるぽい。これが定型の定型たる由縁では。学術的にすごい発見をしてしまった(メガネクイクイ

 

 

いやさすがにサーフフィンとフットサルが趣味の日焼けしたマッチョなら100%遊び人で色白ぽっちゃりくたびれたスーツの丸眼鏡は100%女慣れしてないとか信じてる人はいないだろうと思うけど、でも外見と内面にある程度相関があって、相手の外見から推測される内面に合った対応をすることが勝ちパターンらしい。

これ私が知力がたりねぇなと常々思ってる人達のコミュニケーションパターンと一致していて、彼らは目の前の人と対話しているようにみせかけて、サーファーは遊び人とか医者と結婚すれば左団扇とかそういう己の中の偏見と対話しているから会話は全て己の偏見を開陳している独り言にすぎない。

定型のコミュニケーションは文字通り定型で、だからたとえば定型の中には人の美醜というものが存在するらしい。私にとって好ましい顔というのは分かる。獲物を沢山とってきてくれそうだとかライオンを追い払ってくれそうな顔というのは分かる。でもそういう個人の好みや人のスペックとかけはなれたところでイケメンとか美女とかがある。私が好きだから素敵、ではなくて、世の中の基準で美人だから素敵、という。あれほんと分からなくて、結局イケメンにキャーキャー言ってるのは力があって守ってくれそうなアルファオスが好みってこととどう違うの?なんか違うらしいけど何が違うか全然わからない。

 

とりあえず、定型の人達は定型なコミュニケーションをとるらしい。

眼鏡おさげは奥手でツインテールツンデレで、彼らにとって外見イコール中身で、それはつまり安いエロゲのキャラクターくらいテンプレでしかコミュニケーションをとったことがないということになる。

すごい思い当たるわ。

だからみんな私が普段普通に考えてることをやたら聞きたがるのね。大脳を搭載したサピエンスなんだから人はなぜ生きるかとか考えるの普通じゃね、とか思うけどうまれてこのかたエロゲ程度の貧しい会話しかしてこなかったんならそりゃ斬新だわ。

たぶん私はモテの不文律を理解しない。

平然とびろびろのTシャツ着てかと思えばやたら高いブランドものを持ってたり、たぶん服装イコール内面と思ってる人からしたら相当ヤバい格好をしてる。どう見てもカースト最底辺なのにイケメンに話しかけられても赤面しない。同様にブサメンに話しかけられても邪険にしない。女同士の無言の牽制にも一切応じない。金や身分を決してひけらかさない。

 

これあれじゃん。シンデレラ。なんかすごい高潔で公平で公正な人徳者っぽい。

現世のしがらみから解き放たれた天女の生まれ変わり、穢れを知らない無垢な存在、神様がこの世を良くしようとして遣わした御使い、とかマジ顔で言われて毎回笑い転げてたけどあれほんとにマジだったのか。中身はただのバカなんだけど。

いやまぁ都会生活に疲れた人が田園に夢を見るように、しがらみに疲れた人はしがらめない私に夢をみているんだからwiinwin。やっと納得した。

 

 

 

 

それで長くなったからまた次にするんだけど、モテない理由というか人間不信すぎてコンビニで買い物しただけで軽く鬱になるくらいのめんどくさい心性も同じ理屈で納得できて、もしかしたらそれは定型の恋愛メソッドで解消できるのかもしれない。

 

モテる

引くほどモテるので、恋愛やセックスをよく知らない。一時期そういうものに興味があってそれらしいことをしてみたので表面上の経験はあることはあるけどたぶんこれはなんか違うやつだ。

酒の席では有志によるガードが結成され、夜の歓楽街で騒いでいる集団は私を見ると大人しくなり、出会いを主目的にしたバーに行っても私が入店した瞬間にその場にいる客が全員全年齢対象の話題に切り替える。もはや怪現象。我ながら誇大妄想的な何かなんじゃないかと思う。私によって来るセクシャルなものは壊滅的に空気が読めない最底辺インセルくらいで、あとはなんもしてないのに貢がせてください見返りはいりませんむしろ見返りが無いことが一番の喜びですとか土下座されるので愛やセックスが入り込む隙間がない。

そんなんが異性愛について考えようとか百万年早いな、と前回の記事を書いてから思った。世の中で言う恋愛とかセックスとかを知らなすぎる前提でもう一度考え直さないと。

 

それでそもそも、いわゆる恋愛脳っていう人種はこの世に存在するんですかね…?目が合ったらドキドキ、ずっとその人のことを考えてしまって、おつきあいしたくてチョコレートを手作りするみたいな感情というのはわりと普遍的なものなの?りぼんやなかよしの中だけのお約束表現じゃないの?

 

ずっとその人のことを考えてしまってその人のちょっとした言動に一喜一憂しちゃうんだったらそれは不健全な関係になってるからパワーバランスを見直したほうがいい。セクハラパワハラの温床になる。

目が合ったらドキドキってなんだ。心拍数が上がるってことか。それ大丈夫なのか。目を逸らしたらどんないやがらせしてくるか分からない嫌な奴ってことなのか。それとも不整脈?そもそも心拍は私の生理現象なのによくわからない他者に振り回されていることが不快。

あと女性の場合、自分のまんこに指を突っ込むことに抵抗がある人が相当数いるらしい。えぇぇ他人のちんこはつっこませるのに?男性の場合、自分のアナルに指を突っ込む人はほぼ皆無らしい。えぇぇ他人の穴にはつっこみたがるのに???自分がやられたくないことを他人に強いるの?あと自分の胸肉を揉んだりしないらしい。肌や髪を手入れするのはモテるためであったり世間体のためであったりで、自分で自分の肌や髪の触感を楽しむためではないらしい。

自分の体を自分の決断で商品として売るのは自分の物を自分で売るんだから全然いいと思うけど、そもそも自分の体の所有権が自分にあると思ってない感じ。自分の体をどうするのかの裁量は持ってないのに、自分の体を男や世間の満足する形に整える責任だけは負っている。なにそれブラック。大丈夫なのその心理状態。他人てのは思い通りにならないから他人なのであって、他人の評価だけを頼りに生きていくのはなかなかしんどい。悪い人に付け込まれることも多くなってしまう。ただちに異常とは言えないけど幸福になる確率はかなり低そうなので治せるなら直したほうがよさそう。

 

 

ついついマジョリティは多数がゆえに基準であり正常でマイノリティは少数がゆえに外れ値であり異常あるという前提から出発してしまう。でもヴィクトリア時代のようにマジョリティ全体が神経症という可能性は考える価値がある。

そう考えてみると現在のロマンティックラブイデオロギーであったり性志向は変えられない神話であったりも十分に強迫観念であると言うところまでは何十年も前から指摘されてきたけど、従来の研究ではその原因をジェンダーのみに求めすぎていたように思う。これはなにかもっと自己の尊厳にまつわる何かが大規模に棄損していて、その呪いの存在が国家と自己を同一視するナショナリズムであったり大日本帝国への回帰願望であったり中絶や別姓への反対といった他者の権利を奪おうとする心理であったりするのではないか。つまりインテリに馬鹿にされたと強く主張するトランプ支持者達が真に求めているものは自分自身の尊厳の回復なのでは。

なんて分析するのも気に食わないんだろうな豚は。