雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

子供が宿題を全然やらないので学校に呼び出された

行ってきました学校。担任とサシで話し合った。

 

発達障害とか学習障害とかごく一部だけ取り上げられてるけど、もっと広範囲に多種多様な特性があって、それら一つ一つに出来る限り配慮していくのが教育じゃないの?学校教育って、個々の特性を伸ばすのが目的であって、別に決められたことをこなす量産型ザクを作るのが目的じゃないはずだよね…?

 

「うちの子はこのような特性があるため規定の宿題はこなせません」っていくら説明しても教師は「がんばって練習して宿題ができるようにしよう」しか言わないのな。

なんなの馬鹿なの?

なんのための小学校だよ。宿題やらせるためじゃないだろ勉強できるようにするのが仕事だろ。無意味な宿題という苦行をこなすことで貴重な小学校時代を塗りつぶせと。自己研鑽より集団の和を優先せよと。それで偏差値下がってFランしかいけなかったら責任とってくれるんですかね?

 

 

なんかもう教師って「がんばれ」以外の語彙は無いの?

教育学部って「がんばれ」以外のこと教えないの?

学問というのは努力と根性ではどうにもならないことを知性でねじ伏せることなんじゃないの?使えよ大脳。回せよPDCA。ひたすら前例を踏襲してるだけだったら竪穴式住居で猪狩って暮らしてろ。

 

たぶんうちの子は、手指巧緻性と目線のコントロールが苦手。

なので、計算ドリルの小さい解答欄に答えが書けないし、問題集の問題をノートに書き写せない。そしていっくら漢字を書き写しても覚えられない。

その状態で無理に計算ドリルや漢字ドリルをやらせても目標達成しないじゃん。手指巧緻性と目線誘導だったら絵を描いたり箸の練習したりダンスしたりしないと。そもそも計算ドリルの問題をノートに書き写すというスキルは今後勉学に必要ないじゃん。計算ドリルが十分余白をとったデザインであればそれで済む話であってそのスキル身につける苦労するんだったら計算力をあげたほうがいい。漢字練習だって、写経じゃないんだから漢字ノートを埋めるのが目的じゃない。漢字が書けるようになるならどんな方法でもかまわない。ていうかいまどき漢字なんて文章読めてPCで変換できれば別に書けるようにならなくたっていいじゃん。

 

学校教育の最終目標は小学校で課された宿題を全てやり遂げることではない。

ひたすら漢字を写経することでも、算数ドリルの小さい計算欄に数字をねじ込む技術を磨くことでも、九九を暗唱することでもない。それらの作業を通じて目標を達成することこそが重要であり、目標さえ達成すればどのような手段でも構わない。

学校教育は、その子に合った学問体系を見つけることが目標であって、もう少し具体的に言えば自分が極めるに値する専攻を見つけることであったり、さらに大幅ダウンサイジングすれば大学受験でよい点をとるためだったりする。

 

 

 

 

なんか、フルマラソンを走りきるためにフルマラソンに挑戦しちゃうみたいな脳筋な発想なんなの。大脳使えっていうか、そんなん動物以下じゃん。挫折するに決まってる。それでもプロか。教育学部ピアジェやワロンをやらないのか。

まぁでもよくあるよね、フルマラソンできるようになるためにフルマラソンに挑戦する発想。漢字書けるようになるために漢字練習しちゃうとか、計算上手くなるために計算ドリルやっちゃうとか、自転車乗れるようになるために自転車に乗る練習しちゃうとか。むしろできないことを練習することが努力、みたいな信仰を持ってる人がいっぱいいてそこらじゅうで足をひっぱってくる。

きっと現状のつまづきの原因を分析できないんだろうな。

フルマラソン走れない理由が筋力だったら筋トレするなりプロテイン飲むなりしたほうがいいし、肺活量だったら高知トレーニングとかすればいい。漢字が書けない理由が空間把握だったらナンプレでもやればいいし、巧緻性だったら塗り絵でもやればいいし、記憶様式の違いだったら成り立ちから覚えればいい。

練習と言うのは足りないピースを埋めることであって今あるピースをいくら積み重ねても次には進めない。

 

えー…こんなん基本だよね。教育と医療と福祉の基本。

ほんとまじで習わないの??そんなんで教育担ってるとかほんと大丈夫なの?おかしいよね大丈夫なわけないよね。