雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

動画は内容が薄すぎてきつい

この話題以前も書いた気がするけどまぁいいや。

 

動画は単位時間当たりの情報量が少なすぎてきつい!

1秒間に0.1くらいの情報しかないから、10の情報を込めるのに2分くらいかかって一番最初の情報を忘れる。じゃあ早送りすればいいじゃんって感じなんだけどそうすると私としてはすごく楽なんだけど、普通の人の処理スピードとズレすぎると日常会話に支障が出るので困る。

ていうか単に情報収集したいだけなら動画なんてふざけた方法をとらない。私が動画を見るのは普通の人はどう情報を処理しているのか知りたいからだから。

 

そうだった普通の人の情報処理法を調べるために動画を見てたんだった。動画がダルすぎて目的とかどうでもよくなってた。。

 

最近のメルマガとか、続きは動画を見てね☆みたいなの多くて意味が分からない。メルマガに登録する人はいますぐ適切な方法を知りたいんであって文章なら3秒でわかることをわざわざ通信状態気にしつつ何十分もかけて情報得るとか誰得なの。動画のが分かりやすいってほんとどういう意味なの動画なんて時間泥棒でしかないじゃないか。

 

むしろ動画は時間泥棒なところがイイのかもしれない。

時間奪うことで思考力をハックして悪徳商材を買わせるには動画がいい。動画で喜ぶ層は詐欺とも相性がいい。だからぜひ動画を喜ぶ層にヒットする動画を私も作りたいんだけど、私自身動画の意味が分からないから難解な動画ばっかり作ってしまいそう。

いや理解とか別にしなくていいんだよねたぶん。ノウハウとマニュアルを見つけてしまえばそれでいい。マニュアルを見つけるためには深層学習がごとく大量の情報を食うしかないんだけど、動画だと情報を食うのにめっちゃ時間がかかる。きつい。。

 

 

 

 

 

 

私はアスペルガーなのかもしれない疑惑

もうこの疑惑何回目だろうな。。。

 

共感を強要するという病理について考えていてこんな記事を見つけました。

peek-a-boo.love

アスペルガーで人の気持ちが分からない彼のことを支えるワタシ、みたいな感じの話でいろいろ話題になっていたみたいです。

私としてはこの記事で取り上げられているアスペルガー彼氏の言動はわりと共感できます。

彼は面倒くさそうに、「具体的に言ってくれ。君が泣いていたらどうしたら良いんだ?抱きしめれば良いの?大丈夫?って声をかけるの?はっきり指示してくれば、今後はその通りにするよ」と言った。

 いやその通りだよね!

私こういう対応めっちゃしてる!だってどうすればいいかなんて本人にしか分からないんだし目の前に意思疎通可能な本人がいるんだから直接聞くのが一番能率的じゃん。むしろここで「君が泣いているのはこういう理由で、君は抱きしめてほしいんだね」とか決めつけられたら、お前に私のなにが分かるって激怒する。

 

私は感情の話がしたいし、感情で行動をしたかったし、彼にもそうしてほしかった。

「抱きしめて」と指示して抱きしめてもらうのではなく、泣いていたら抱きしめたいと思ってほしい。悲しみや怒りに共感してほしい。共感したうえでそのような行動が自然に出るのが、愛するということではないの?

 共感ってなんだよおまえ他人の気持ちわかるんかよ気持ち悪いなテレパスかよ。こういうこと言う奴って泣いてる人を見たら問答無用で抱きしめにかかるし拒絶すると怒り出したりするの超うざい。

 

 

「君の普通を押し付けるな。それが普通っていうデータはあるの?俺の中の普通は、これだ。それにそういうのって、不合理だ。的確な指示を与えてくれた方がお互い合理的でしょ。よくわからない話し合いなんて、時間の無駄」

そうだよね目的が明確でない話し合いなんて時間の無駄でしかない。てか普通ってなんだよ普通じゃなきゃいけない理由はなんだ。

 

 

「そもそも浮気ってなに?だって不倫は法律違反だけど、浮気はモラルとかマナーの問題でしょ?悪いかどうかって、一概にはいえないよね。俺にとってこれは、浮気じゃない。それに僕は君が好きだし、君といて楽しい。それで良いじゃない。なんの問題があるの?」

 

私がどう思うかという視点が、すっぽりと抜け落ちていた。

ほんとその通り。むしろ不倫だってなにが悪いか分からない。だから私は私自身の浮気も相手の浮気もべつにどうでもいいしそもそも浮気と本気の違いもよくわかっていない。ただしパートナーが浮気嫌いだったらそれは尊重したいとしか思わない。

「私がどう思うか」ってそんなの言ってくれなきゃ分からないよ。浮気大嫌いだったらはじめに言っといてよね。「普通は浮気されたら傷つく、だから普通なら浮気なんてしない」とか言われても、普通って何?君の中の勝手な基準で決められた普通なんて他人にわかるわけないでしょとしか。

 

嘘をつかれて悲しかったということ、浮気をされて苦しかったということ。

「そもそも浮気ってなに?」と開き直られて、悔しいということ。

 

そういう全ての感情を、無視されているような気持ちになった。

 

「悪いと思わないの?」

尋ねた私に、こう答える。

 

「もう謝ったし、これ以上どうしようもないからね。逆に、どうしたら満足するの?」

 えー…

どうしてほしいの?君にとっての普通って何?これから何をすれば君は満足?ってめっちゃ気遣ってるやん彼氏さん。その努力全部無視して『無視されてる』って…

ほんとどうしたら満足するのこの人。

この人にとって無視されてるってどういうこと?彼氏さんのどの言動を無視されてると感じたの?どう振る舞えば無視されてると思わないの?とか聞いたら「そんなこと普通に考えたらわかるでしょ!」とか言って怒り出すんだろうな。

この人「夫婦は普通同じ寝室で寝る」とか主張して人の寝室に入り込んで来たりしそう。「普通は台所は常に片付いているもの」とか言って「私が家事できないときに台所を掃除しないとは何事か!」とか言って怒りそう。こわい。。。

 

 

 

夫婦喧嘩は犬も食わないっていうし別にいいんだけどさ…

もう彼氏さんのために分かれてあげなよこんな独善的な正義を押し付けてくる人といっしょにいる彼氏さんが気の毒だよ…

 

 

 

おまえは常に正解すべきただし何が正解かは俺が決める。

みたいな人、いるよねー。。。

いわゆる定型にも発達障害にもまんべんなく一定数いる。

 

 

ていうかそもそも定型ってなんだ。

普通ならこう思うなぜなら私はこう思うから、だけで世の中をゴリ押しして一切他人の話を聞かないやつらが『定型』なのか?それある種の知的障害だよね。ムラ社会病とか、独善スペクトラムとかそんな感じの。共依存とか境界性人格障害とかそういうやつ。それか転移/逆転移ってやつ。

 

あとよくある思考実験で、

発達障害の人は特殊なコミュニケーション様式を持つから定型社会でうまくやっていけない。ならば発達障害の人だけのコミュニティであれば彼らはうまくやっていけるのか?

というのがある。私としては彼らのコミュニティはそれなりにうまくやっていけそうな気がしているけど、絶対そんなの無理と主張する人もいる。発達障害者は定型発達だけでなく同じ発達障害者をも不愉快にさせるからというのが理由らしい。でもそれだったら発達障害者のコミュニケーション様式は破綻している。そして破綻したコミュニケーション様式を持つものは境界性人格障害であり発達障害ではない。

 

よく発達障害の人が「定型の人の行動パターンが読めなくてつらい」と言っているけどあれ『定型の人』ではなくて『モラハラかましてくる人格障害の人』への対処がつらいってことじゃない?

普通分かるでしょ!分からないお前がわるい!ただし何が正解かは私が決める、なんて言うのは定型ではなくて人格が破綻してる人だ。

 

あと「空気読めない発達障害的な部分が人を傷つけてしまう」というのも『発達障害的部分』ではなくて『モラハラしたくてたまらない人格障害な部分』というケースが結構混じっていない?空気読めない発言ではなくてマウンティングだったり転移だったりしない?

 

それと「発達障害者の無神経な言動がむかつく」というのも『発達障害者の』ではなくて単なるモラハラじゃない?

 

 

みたいな視点でちょっと考えていきたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発達障害を空気読めない発言の理由にすることに対する違和感について。

未来のミライ」を見に行きそうになったので全力阻止したhedgehogxですこんにちは。「インクレディブルファミリー」は子持ち世代全員がみるといいと思う。気難しい大人になってしまった僕らでも不愉快な気持ちにならず頭空っぽにできます。

topisyu.hatenablog.com

 

未来のミライにはなにやら愚民には分からない深遠な意味があるそうなのですけど

『未来のミライ』考察: 誰も気がつかなかった「10年観続けないとわからない」本当のテーマとは – akirafukuokaのバカだから誰かに教えてほしいブログ

 

無神経な根性式子育てや親の無関心、共働き家庭で軽くネグレクトされる家族の問題といった描写に仮にありがたい深い意味があるとしてもやっぱり、子供が大怪我しそうな段差のある家をわざわざ子供のために新築する父親の行動の意味が説明されていなくないですか。

高価でオシャレでくっそつかいにくい建築と家電に囲まれて子供が怪我しないように建築を汚さないように一瞬たりとも気が抜けない親の苦労の説明にもなってなくないですか。

移動の度に怪我するからと大人に止められて実質閉じ込められて成長を歪まされる意味ってあの作品において何ですか。

子供が主人公であってそれを養育している大人なんて都合のいい召使でしかない作品が大嫌いです。

 

 

さて一通りdisっていい気分になったところで、前回深夜のテンションで自分のMP回復のために書きなぐっててちょっと思ったことを書きます。相変わらずMPは回復していないですがお盆期間が終わればちょっと上向くと思う。くたばれ血縁ほろびろ愛着。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

自分にとっての真実が世界の真実であり自分に理解できないことは存在しない、というパーソナリティの人っていますよね。

上の記事でもちょっと書いたけど、虐待されてましたっていうと「ご両親を許してあげることがあなたの救われる道」とか言い出す人。私を虐待したのが両親だといつから錯覚していた?私が加害者を憎んでいない可能性は考慮しないのか?

性被害にあいましたっていうと「あなたがビッチなのは心の傷をごまかそうとするため。あなたは本当は男が怖いのだ」とか解説しくさるやつ。なぜ加害者が男だと思うのか。私がセフレ(に見える関係の人)と軒並みセックスしてるとなぜ思い込む。

 

で、こういうウザい人って、発達障害じゃない人、むしろ自称定型発達で人との関係を作るのが苦痛じゃない人にわりと多いような感じがしています。近所のぐいぐいくるババア的な。

均一なムラ社会で自分と似たような価値観の人たちとばかりつきあっているからこそ、虐待=テレビドラマでみるような父親の暴力、性被害=テレビドラマでみるような通りすがりの変質者、みたいな自分の知ってるものだけを想像してしまうのではないでしょうか。

 

たとえば「牛乳パック」と言った時に日本人だったらだいたいこれを想像すると思う。

f:id:hedgehogx:20180813163451p:plain

 

 

 

でも世界的にはたぶんこっちを想像する人のが多い。てかほんとなんでもあるないらすとや。

 

 

f:id:hedgehogx:20180813163502p:plain

 

 

ポテトMサイズでって言ったときに私にとってのMサイズがくるとは限らない。

 

 

みたいに、異文化で暮らしたことがあれば同じ単語でも全然違うものを思い浮かべるというのはありふれたことだけど、逆に狭い価値観の中でしか暮らしていないと牛乳は1リットルだしMサイズは手の平サイズと完全にイコールで結ばれていてその他の可能性が想像できないのかもしれない。

そして狭い世界でしか暮らしたことが無い人というのはひっくりかえすと狭い世界から出る必要を感じなかった人、狭い世界が居心地いい人であることが多い。農家に生まれて田舎から一歩も出たことがありませんなんてタイプの人。

それは固定された関係の中で忖度だけで生きるのをもっとも苦痛とする自閉タイプとは真逆な気がしてたんだけど、そこのところどうなんだろう。

 

言葉に込められた複雑な意味が分からない、というタイプのアスペルガーはたしかにコミュニケーションがめんどくさいけども慣れてしまえばわりと快適です。彼らはコンピュータみたいなものなので適切な入力をすれば適切な解を吐き出します。何が適切な入力なのかを試行錯誤するのもゲームみたいでおもしろい。忙しいときなんかはウぜーーー!と思うけど。

正確さを重んじる彼らの様式に慣れてくると逆に融通無碍な定型コミュニケーションのほうがうざく思うことすらあります。

 

 

でも、発達障害ですという人の中にはそういうやたら正確なタイプとは真逆のいらつく要素があるような気がする。なんだろうあれ。

 

なんか、自分ルールを押し付けてくる?

いや違うな。コンピュータみたいなタイプの人が正確さを押し付けてくるのとは別種の苛立ちがある。お盆の時に会う親戚みたいに対する殺意と似たようなものを感じる。

 

自分ルール以外を理解しない?

これも違う。コンピュータみたいな人だって自分ルールしか理解しない。彼らはAIが文章を書くのと同じように忖度コミュニケーションを分析し実践している。彼らは私のルールを理解しないし、私は彼らのルールを理解しないけど別にそれで悲しいとかはない。そもそも相互理解なんて誰にとっても不可能だもの。

 

 

相手のルールを尊重しようとしない?

これわりと近いかも。

世の中には自分には理解できないルールが存在して、どうあがいても理解できないし意味づけもできないのだということを尊重できない人たち。

私は片付けが嫌いで家の中がぐちゃぐちゃなんだけどそれを見て「まぁそういう人もいるよね」と言える人と「hedgehogxは片付けができないかわいそうな人なのだ」と思って片付けしに乗り込んでくる人の違い。片付けがしたいという欲求を他人に投影することに疑問を感じないタイプ。ほんとむかつく。

 

散らかった部屋を見て

「私にとっては散らかった部屋は苦痛である。よって散らかった部屋に住むあなたが不可解である。かつ私はあなたを理解したいと感じている。あなたにとって散らかった部屋はどのような意味があるのか。散らかった部屋に住むメリットとは。片付けない理由は。」

とか質問攻めにするのと

「片付けできないなんてhedgehogxはかわいそう、子供にも悪影響がある、忙しくて片付けられないのね。大丈夫よ忙しくてもちょっとした工夫で片付けできるから。私が代わりに片付けてあげるわ」

とか乗り込んでくるのは、全然違う。そして元記事で私が言及したkoenjilalaさんは後者のほうの分析()をやってるっぽかったからいらだった。それ分析じゃなくて思い込みをぶちまけてるだけだから。

 

 

 

私の理解では発達障害というのは明文化された条件のみしか読み取らない人たちという感じだったんだけど、もしかして違った?

自分はカレーが食べたいから相手もカレーを食べたいに違いない論法を振り回すのが発達障害なの?それどっちかっていうと思考トレーニング不足じゃね。

 

 

自分の知ってる条件以外を想定できない、というのも一つ知能の低さではあると思うし、知能が低いのであれば思考トレーニングたからって十分な成果は得られないしそもそも思考トレーニング自体が苦痛だろうしそれも十分障害ではあろうけども、少なくともそれって「知能は問題ないけどコミュニケーションに問題がある」じゃなくないか。「知能に問題あるからコミュニケーションにも問題がある」じゃん。高機能じゃなくて低機能じゃん。

 

 

あと、自分の本心を自覚できないってのも発達障害関係なくないか。

なぜ私は他人にこんなに攻撃性を向けたいのだろう、あるいはなぜ私はこの人を愛したいのだろう、というメタ認知ができないから自分の行動を制御できなくて際限なく攻撃したり病的な愛し方をしてしまうという昼ドラみたいなパーソナリティは発達障害なの??むしろ愛とか憎しみとかよくわかんないのが発達障害だと思ってた…

 

 

 

あともうひとつ、定型発達の人は他人の気持ちが読み取れる、っていう前提おかしくないか。

他人の気持ちなんか誰にも読み取れない。いわゆる定型というのは特定のコミュニケーションに適応した人であって別に気持ちを読み取っているわけではない。そこを勘違いして自分は気持ちを読み取れると思い込んでしまう井の中の蛙と化す定型モンスターはたくさん存在する。

 

でも、自分の気持ちを相手に無造作に転移/逆転移する、というのはいわゆる発達障害の人でもありがちな状態で、むしろ発達障害の特徴みたいに言われててすごい違和感。

東洋の陰陽思想みたいに、定型を極めると発達障害になるのか?

 

そのあたりどういう仕組みになってるの?

 

 

 

 

 

人の気持ちがわからないのと発達障害は微妙に違う気がする。

いろいろぐったりしているhedgehogxですこんばんは。
8月はね…もういろいろ嫌なイベントありすぎて入院してなければ自分偉いくらいな気持ちでゾンビのようにやり過ごしています。なので現実逃避的に思ったことを書き散らします。くたばれ現実。


で、たいがいの問題は切り分けてタスクに落とし込めば少なくとも一部分は解決すると思うのです。

http://blog.lalamiamor.net/entry/2018/08/09/121715
精神科医や心理士をイラつかせるほどの無神経さ


↑こちらさんの記事を読んでこの方及びこの方に苛ついている人達が複数の問題を混同している気がしてもやもやしたので私の違和感を整理したいと思います。

元記事の要旨としては、自分は無神経になりがちだから気をつけたいなという趣旨だと思います。素晴らしい心がけです。絶望服従の奴隷以外いらんなどとのたもうている私には到底到達できない境地です。
なのにやたら噛み付くブコメが多いのは、文中に上げられている具体例と分析と対処法がとっちらかっているからではないかと。

この方、他人とうまく意思疎通できない具体例として、精神科の問診時に質問の意図がわからず質問仕返してしまうというのを上げられています。


以外引用
私は「最近の調子はどうですか?」と聞かれると、「調子というと、体ですか?心理面ですか?精神面ですか?それとも、前回と比べてどうかと言うことですか?」と質問で返してしまうのだ

引用ここまで。

スマホだとはてな記法使えなくてめんどい。。。


確かに、定形さんのふわっとした質問の意図を読むのは難しい。でもこの例だと自分の意思で精神科に行って医師から質問されてるわけで、今感じている精神面の困難について聞かれているのだと推測するのは比較的容易です。さらにこの方、医師は患者が話しやすいようにあえてふわっとした質問をしているのだというのも理解されています。
なのに精神科の問診の意図すら理解できないならそれは発達障害以前に知能とか見当識とかの可能性を考えたほうがいい。

知能その他に問題ないのに医師の質問に答えられない、事前に質問をまとめていくなどの努力もしないなら、質問に答えたくない理由がありそうです。ご本人が書いているように医師に対して試し行動をしているのかもしれないし、病識がないのかもしれないし、否認があるのかもしれないし、いずれにせよこのケースで考えるべきは「なぜ自分の困り事を口にしたくないのだろう」であって「なぜ質問の意図を読み取れないのだろう」ではなさそうです。


あとね、医師やカウンセラーが自分に悪感情を感じていると感じる現象は私もよくあるんだけど、あれ逆転移なのかほんとにいらつかせてるのかはどうでもいいと思う。せっかく金払ってるのにカウンセラーの分析して差し上げるとかバカバカしい。だから「私は今のあなたの発言を◯◯という意図だと感じました。◯◯と思われたら私は悲しい。もっと私の意図を正確に伝えられるような方法を一緒に探してもらえますか?」「私はあなたが◯◯と感じたような気がしてならない。もしあなたが◯◯と感じていたら私は怒りを感じる。この怒りについて聞いてもらえないか」みたいな、ひたすらiメッセージにしとくと金が無駄にならなくてよいと思います。


話がそれましたが、ご本人は「自分は事実を言い当てる。人は事実を指摘されると怒る。だから他人をいらっとさせる」と言っていらっしゃるけれどあげられている例でこの方が他人の図星をついて逆鱗にふれたっぽいものがなくて、逆転移であったりTPO にそぐわない発言であったりではないかと読み取れるものばかりです。

以下引用

例えば、私が心理士と話していたとして、その人の挙動からだいたい人柄が分かっちゃって「あなたって、普段から思うところがあっても、抑えちゃうタイプで大変そうだね。」とか、「あなたって、ストレス発散にめちゃくちゃお酒を飲むとか、女にべたべたに甘えるとかやってそう。」とか、うっかり言っちゃうのだ。
そして、どうも、それが当たっているっぽいのだ。(自分は大酒飲みで血液の数値が悪いと、このあと教えてくれた。)

引用ここまで




ここで自分の分析が当たってると確信してしまうのも問題です。なぜたった数十文字の言葉で人を理解した気分になれるのか。仮にストレス発散でめちゃくちゃお酒を飲む行為までは図星だったとしても、なぜどのように飲むのかその過程はおそらく想像とは全く違うだろうに。

以下引用

当たっているからイライラするのかも分からんね。精神科医や心理士だから怒りを押さえて、平静を装って話しているつもりだと思うよ、本人は。

引用ここまで


まともな人なら他人が怒ってるかどうかなんてわからないです。分かると言うならテレパスか病気です。怒鳴っている人がいる、それをみて勝手に思いを巡らせる私がいる、それだけです。
相手が怒っているに違いないと信じこんで疑わないという前提がまずおかしいので考察すべてがおかしな方向に向かっています。




いるよねこういう人。
死にたいって言うとつらかったわねでも本当は生きたいのでしょうって言い出す人。虐待されてたっていうとご両親を許してあげるのがあなたが救われる道とか言い出す人。
この方の記事を叩いているコメントはそういうオナニーのオカズにされた不快感を表出しているタイプが多かった気がします。かくいう私もそうです。


だからこの方が他人を不快にさせるというならその原因は、理解不能の他者を尊重するという発想が(少なくともこの記事からは)みられないこと、かつその問題点を自覚せず、イラつく相手に責任転嫁していること、だと私は読みとりました。

ただし、これはこの方が他人をないがしろにしているとか他人を傷つけて喜ぶサイコパスだとかいう意味ではありません。
この記事を読んでイラついた人がいる、この方の発言で傷ついた人がいる、このタイプの人に傷つけられている人がいる、というのことをこの方やこのタイプの人たちが傷つける意図があったということと混同しては何も解決しません。

解決しません。
解決しません。。。
殴られたからといって殴り返しても、加害者に加害の自覚がなければ被害妄想を募らせるだけです。折りたいけどめっちゃ心折りたいけど!本当に図星をつかれた人間がどれほど崩壊するか身をもって体験させたくなるけど!
でもそれでは自殺に追い込むことはできてもやっぱり誰も救われないと思うのです。
とまぁ私が元記事に対してここまでねちっこく「図星をつく」をしたくなる理由はまた後日にするとして。


おそらくこのタイプの人たちは理解不能の現象を理解不能なまま考慮する能力が低いだけでけして悪意ほ無いのでしょう。彼らがどんなに無神経にえぐってきても彼らに悪意はなく、必要なのは討伐ではなく教育プログラムと学習の機会です。




たぶん元記事の方も人が大好きで優しい方なのでしょうし人とうまくやっていくために多大な努力をされている方なのでしょう。その努力に敬愛を表します。私、他人なんか金づるとしか思えないもの。

だからその純粋な気持ちをよりよい結果にするために努力の方法をちょっと見直してみるというご提案をしたいです。無責任な通りすがりのいうことですから、こういう考えもあるかもなと頭の片隅にでも放り込んでおいていただけれは幸いです。



まず、定型の人の言葉には裏の意味があるというのはご存じかと思いますが、言葉には裏の意味だけでなく『意図』というのが存在します。

その言葉を伝えることでなにを変えたいのか?
というのが意図です。



例えば今回の記事で言うと、

なぜ他人をイラつかせる原因として自分の分析力の高さを選びたかったのか?もし本当に分析力が高かったらなにが得られるか?

問題点(と筆者が思っているもの)を指摘した相手がどのような反応をしたら満足か?

相手の問題を分析したいと思うのはどのようなときか?

精神科医やカウンセラーをいらつかせるという状況を(たとえ妄想だとしても)発生させることでなにを得たいのか?

医師に簡潔に困り事を伝えたくない理由は?


とか、考えるべきはそこではないでしょうか。




深夜のテンションで長文になりましたがまとめると、
他人を理解できるとか思って自分解釈ごりおししてくるの超うざいしそういうのとは距離とるしかないと思う。
あと理解不能を受け入れられない知能と発達障害はまた別じゃないかと思ったので今度その辺り書きたい。

でした。

医療について考えると襲われる無力感について個人的な感想

大量殺人やら裏口入学やら女性受験生差別やら、いろいろと業界がにぎわっていますね。

それで私も便乗して前回、現代日本医学のブラックさを解消するための方策なんかをとても雑に放り投げてみたのですがこれ妙にメンタル消耗が激しくてなんなんだろう。

hedgehogx.hatenablog.com

 

病院をサロン代わりにしている暇人を駆逐する、とか、医学研究者と現場の医療労働者は別の資格にする、とか、我ながらわりとマトモなことを書いたなと思うのです。

でもじゃあそれをどう実践していくかと思ったときにものすごい無力感に襲われる。そんなんできるわけないじゃんという気持ちでいっぱいになる。なんかもう考えれば考えるほど、むしろ問題なんかないんじゃないか?医療は女性を排除して馬車馬のように働く男性が増えればみんなハッピーなんじゃないか?現状で全く問題なんか無いよね?みたいな気持ちになる。

 

この思考のブラックホール感知ってるこれ学習性無力感!

 

こういう無力感にロックオンされてしまうと、すべてをデリートする人が多いです。ここに問題なんか何もない。苦しんでいる患者も人生をつぶされた家族も存在しない。私は彼らを救う善行をして感謝されている。しょうがないじゃん仕事なんだから。

逆に怒り出す人もいます。目の前で死にそうな人を見捨てろというのか!

たぶん他にもいろんな人がいるのでしょう。ただ少なくとも一つ言えるのは、ここに確かに問題がある、ということです。問題なんかないと言い張りたいくらい巨大な問題がここにある。

 

私の狭い経験の中では、この状況になってしまったときには、もう理論的な解決とか言ってる場合じゃないです。理論とか合理とか考えようとすればするほど目の前の死体が見えなくなる。理論的思考のセキュリティホールを突かれてる状態です。

だから正しいとか正しくないとかはいったんおいておいて、思ったことをどんどん表現するという段階が必要です。お互いがんがん手斧を投げ合って傷だらけになってやっと問題の輪郭が見えてくる。

 

ということで、私としては障害者と老人はみんな死ね!と大声で叫んでおきます。

みんながみんな生に執着してると思うなよ。当事者の意志が確認できない人を生かすのは、ケアする側の自己陶酔にすぎない。

医療が神の領域に踏み込んでしまった現在では、たぶん優生思想に変わる新たな命の選別思想が必要なんだと思う。そしてそれはたぶん自己決定とかそういうところになるのではないだろうかと私はうっすら思ってる。

 

しかし、この話題ほんとつらい。。。。

 

 

 

 

 

 

 

みんな医療に夢見すぎ。人は簡単に死んでいい。

裏口入学やら女性減点やらで医者のブラックさがやっと表に出てきたわけでよろこばしいことです。

東京医大に関しては、黙って点数操作していたのはどう考えても悪いし、やるんだったら堂々と公表して世間に是非を問うべきだったという一点につきます。でも医学のブラックさについては、現場から「仕方ないじゃんブラックで」という声しか聞こえなくてなんていうかもう。

現場にいるとどんなに狂っていても現状を肯定したくなるという心理は私も経験あるのですが、あれたぶんストックホルム症候群なんだと思う。だから現場医師の言葉はリスカとOD繰り返す女の子の言葉くらいの気持ちで聞いてあげてほしい。ほんとブラックなんよあの業界…

 

過酷な状況で心が疲れちゃってるブラック社畜の世迷いごとなんで…みんなヨシヨシしてあげて……

 

anond.hatelabo.jp

blog.tinect.jp

 

anond.hatelabo.jp

 

 

 

で、じゃあ今後どうするかというのを考えた時、みんなオールオアナッシングな考えになっててちょっとどうなの。問題は可能な限り細分化して考えなきゃって小学校で習わなかったのだろうか。

 

てことでちょっと考えてみた。

解決の決定打はないから、これらをひとつひとつやっていくしかないのだと思う。

やっていったとしてうまく解決はできないかもしれない。医療崩壊は避けられないかもしれない。でもしょうがないじゃんと言って何もやらずにハードランディングするよりは少しでもあがいてソフトランディングするほうがずっと被害が少ない。ということすら理解できない人が医師をやってることに不安しか感じないんですが彼らほんとに大丈夫なんですかね。 

 

 

まず、フリーアクセスのほどよい制限は急務だと思う。

ていうと「急病で待たされて死んだらどうする」「子供が高熱出てても病院につれていけない社会になる」とか脅す人が出てくるんだけど、そういうのじゃなくて病院をサロン代わりにしてる暇人を駆逐するうまいシステムを考える。ただこれ、どうやって選別するかにまた利権が絡むので慎重に進めるべきなのだけど、でも検討していく。あとせめて救急隊員が認めた急病人じゃないと救急車乗れない、くらいはすぐ導入してほしい。まじで。

 

あと、医師の人数増やして収入減らす。

ていうと「医療費の高騰ガー」とか脅してくるけど、医療費の大半は教育費ではなくてランニングコストだから。人数増やすのは医療費にさほど影響しない。そのあたり冷静に試算したほうがいい。ていうか弁護士はそれやったんだから医者だって多少は増やせる。

 

そんで医師の業務を他業種に投げる。

ていうかそもそも医行為すべてをできる無敵免許がおかしい。さらに根本的なところでは、現場の兵隊と研究者に同じ知識が求められるのがおかしい。これはたとえるならキャベツ農家で草取りしてるオッサンに研究所で遺伝子組み換えキャベツを作ってる研究者と同じ技量を求めている状態。そりゃ人手不足にもなるわ。

だからまず、医療行為技術者と医学研究者はわけないと。技術者はさらに細分化して外科手術士とか内科診断士とか作ってレントゲン技師レベルの資格にしてけばいいんじゃないかなと思ってる。赤ひげ先生やブラックジャックが一人で患者を抱え込むという前提がまずどうかしてる。

 

 

あと、たぶん一般人が医療に求めていることは『医療』じゃないんだと思うんだよねー…

 

先生治してくださいっていうけども。治らなかったら怒鳴り散らすし訴訟もするけども。でもあれ、治ることを求めてるんじゃなくて、どうしようもない状況の中いっしょに祈ってくれる人を探しているのだと思う。

最近、100歳の年寄りを事故死させたとして介護施設が1300万の賠償金を支払ったという事例が話題になっていたけど、あれとかも遺族が望んでいたのは1300万ではなくてヨシヨシだったのではないだろうか。いや普通に賠償金ゴロの可能性もあるけど、ゴロツキ以外の普通の人が訴訟に踏み切るのは金が欲しいからではなく気持ちのやり場がないからだ。そして現代日本では、病気や障害を抱えてしまった人の祈りはことごとく否定され取り上げられる。

 

たぶんこの国に必要なのはマザーテレサの「死を待つ人の家」なのだろう。

 

医療の問題はどうしたって命を選別する思想にいきつく。そこで権力者が恣意的に選ぶ優生思想から脱するには、どうしようもない状況で共有する祈りという観点がたぶん必要なのだろう。

 

 

 

 

 

医大の不正を怒ってくれてありがとう

東京医大が女性受験者を不当に減点して落としていたという問題がいろいろなところで怒られていて、複雑な気持ちになってる。

 

医者が男性有利なんて、あたりまえすぎて不正だと思ったことなかった。

 

 

だって無理だもの女性医師なんて。

あんな勤務体制で女性が働くとか、ごく一部の体力オバケじゃないと無理。とくに年寄りの急変は治しても治してもすぐ悪くなるしすぐ訴訟されるし、外科もどんどん高度化してきてとても追いつかない。若い人の盲腸くらいしか急変がなかった時代に比べて、年々きつくなってる。年寄りなんか死ぬものなのに無理やり延命しているのがおかしい。

看護師は女性が多いじゃないかとか言われるけど、看護師と医師は仕事内容が全然違う。看護師は消耗品の兵隊だけど、医師は司令塔なので代わりがきかない。

なーんて、その発想自体がおかしいのだけど。

病院には必ず自家発電装置がある。停電したら患者が死ぬから。電気は必須だからこそ代わりが用意されている。代わりがいない主治医制を採用していてもなんだかんだうまく回っているということは、医師は代わりを用意する必要がないくらいどうでもいい立場であるということを示している。

でもそんな簡単なことすら分からないくらい現場が疲弊してる。

 

 

 

そうかこれ、差別なんだ。

女性に対しても男性に対しても差別だ。

 

良く考えたら差別だな。でもほんと、あたりまえすぎてわからなかった。むしろ高学歴専門職は女性差別少なくてラッキー、とか思ってた。たしかにケツを揉まれるとかお茶くみのような差別は少ない。ゼロではないし超忙しいうえに女性にのみ負担がかかっているわけだけども、少なくともその辺のバイトのようなぞんざいな扱いはされない。だけど結婚妊娠出産育児をすべて背負わされた上で男並み平等をも要求されるというのもまた別の形の差別だ。なんで今の今まで気づかなかったんだろ。

ていうかそもそも『そのへんのバイトのようなぞんんざいな扱いはされない』なんて水準で満足してるのおかしいよね。男性であればどこであれ尊重されるのに女性であるというだけで慎重に慎重を重ねて安全な場所を選ばなくてはいけない。

電車の車両やトイレの場所、夜道を歩かないようにするための時間配分、危険なめにあわないためのバイト選択、旅先のルート検討、くいっぱぐれないための職業選択、いったいこれまで私はどれほどの労力を女性差別回避のために浪費してきただろう。

 

男性はまた男性で、家族を犠牲にしてひたすら働くことを求められているわけでたぶん大変なんだろう。どっちのが大変とかどっちかが楽してるとかではなく、得しているのはたぶん老害資本家だけだ。

 

 

ということで、年寄りと障害者は死んでいいと思う。みんないいかげん死を受け入れようよ。誰だって死ぬときは死ぬんだからしょうがないじゃん。