雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

女性を尊厳のある他者として扱えない男性ジェンダーの病理について

典型的なエロ、成人向け性表現というのは、異性の体をモノのように好き勝手に扱う表現で、一応表現の自由の範囲ではあるけれど公共の福祉と衝突するかしないかのグレーゾーンに片足をつっこんでいると私としては認識している。

そしてその認識を大多数が共有していると思っていた。だからエロは後ろめたい物隠すものゾーニングすべき、という流れになってるわけだし。

 

 

 

でもなんか、エロを「俺たちのオリジナル表現物」だと思ってる男性が結構いるっぽくて、なんというか尊厳ある他者という存在を認識できていないというか、世の中が「俺たち」と「俺たちのオモチャ」だけで構成されているなにかしらの発達障害的ななにかというか、そういうタイプの人たちをどう扱っていくか問題というのがあるのかもしれない。

男性は女性をモノのように扱う欲望を抑えられないのは生物学的に正当性がある、とか思考停止しすぎていやしないだろうか。

だいたいオスがメスに加害するのって人間だけだからね?

レイプが成立するのも人間だけ。生物学的な正当性とやらで言うなら100%女性に決定権があるしそもそも「生殖欲」はあっても「性欲」は存在しない。性加害は最も人間的で社会的で恣意的なもので、抑えられない本能とされている男性の加害性は最もコントロールされている。男が女をエロい目で見てしまうのは本能ではなくて学習にすぎない。だからこそ欲望を脱構築しなければならないのに、男性哲学者は軒並みこの問題に対して沈黙している。ばかじゃねーの。

 

 

 

 

それでだいぶ前に読んだこの漫画を思い出した。

お別れホスピタル

ホスピスで看取りをやっている看護師の話なんですが私の嫌いな病院が濃縮されていて大嫌いな話です。

うろ覚えなんですが、寝たきりでトイレにもいけない患者さんに看護師が「私のこと好き?」と何度も聞くというシーンがあって、初めは「嫌い」と返事されていたけど最終的に苦虫をかみつぶしたような顔で「好き」と言う、という。

看護師は他のワガママな患者にイライラされられてそのイライラの解消のために体が動かせない患者さんに「私のこと好き?」と聞く。それで「嫌い」と返事したら「じゃあおむつ変えてあげないよ」と言って「好き」という言葉を引き出す。作者も編集者もこのシーンの残酷さや卑劣さに気づいてすらいない。

これはこの作者が特別残虐な人なわけではなくてケアに関わる人のメンタリティは大概こんなもんで、この程度の虐待は毎日普通に起こっている。私もやられたことがあるし、認めたくはないけどおそらく私も気づかないうちにやっている。

 

 

 

たぶん人間は自分がどれだけ残酷なことをしているのか理解できない仕様になっていて、気づけるのは殴り返された時だけで、殴り返せない人は殴られ続けるしかない。罪は被害者の中にしか存在しなくて、被害者が黙っていたら全てつつがなく「なかったこと」になってしまう。

 

 

いや話が逸れたけど男性が男性向けエロを「俺たちのもの」だと思ってるのどういう強メンタルだよ。

私が腐とグロ界隈の人だからかなぁ。

非実在とはいえ他者の体を弄んでいるわけだから隠れるのあたりまえだしゾーニングは積極的にしてほしいし、たとえば私の性癖直撃の素敵マダムの内臓が一等地にでかでかと掲示されていたらむしろ積極的に撤去してほしい気持ちになるんだけど。性癖を公衆の面前で御開帳とかむしろ罰ゲーム。なのでポスター撤去に吹き上がる気持ちが本気で分からない。ボクは巨乳が大好きです見せつけたいです!とか主張して恥ずかしいと思わないんだろうか。。

 

 

 

 

 

差別に声をあげることを男性叩きだと思ってしまう人へ

なんだか根本的なところで話が噛みあっていないし、おそらく多くの人は同じゴールを目指しているのに表現の方法で反発を感じているようなので。

 

 

 

男性に加害されたからといって男性全員を批判したくない、だって男性の加害からまもってくれるのもまた男性だから、という方。

「女のくせに」「女の子らしく」と言われてきた僕が、それでも男性批判をしたくない理由|春名風花|note

 

巨乳ポスターを掲示する自由を批判するのは女性の巨乳を規制して女性につつましくあれと強要することにつながる、という方。

萌え絵は環境型セクハラだと言うフェミニストの皆さんへ | ろくでなし子 ・ Rokudenashiko

 

あるいは、フェミが俺たちの巨乳を規制するなら俺たちも女なんか守ってやらないとか、加害されたからといって無害なはずの巨乳ポスターを不快に思うのは病気、とか言う人達。

 

 

 

そういうことを言う人達には、たとえば私は「男性から加害されたから男性全体を憎まざるをえない」みたいなことを結構書いているんですが、これは「A型の人にひき逃げされたからA型の人全員を憎まざるを得ない」みたいな風に聞こえてるのではないでしょうか。

たしかにそれはなんらかのビョーキかもしれません。

 

でもたとえば、A型の人はひき逃げをするのが本能で、A型の人にひき逃げされたらとっさにフロントガラスを素手で叩き割って相手を殴り殺すくらいまで抵抗しないと「本当はひき逃げされたかったんじゃないか、お前がひき逃げしてくださいと頼んだんじゃないか」とか言われて無罪になって、でも抵抗したら逆に殺される可能性が非常に高くて、ひき逃げされたら「ごほーびじゃんw」「自慢かよ」とか言われて、「こういうの好きなんでしょ?」とか言って毎日カジュアルにひき逃げされ続けて、そんな中で「A型はどんどんひき逃げしよう!」みたいなポスターに文句を言ったら「おまえをひき逃げすると言ったわけではないのに自意識過剰」とか「ひき逃げを好きな人だっているんですよ!」とかクソリプされる

 

という条件下にも関わらず、A型の人を警戒しないのはちょっと本能がイカれてる。

私をひき逃げしない、むしろ他のA型から守ってくれるA型の人優しい素敵!とか思うのなら、それはストックホルムに行っちゃってる。

 

 

 

私が憎いのは私を加害した彼ら自身ではなく、彼らを加害に駆り立てた構造であり告発を握りつぶした有形無形の無理解であり、今なお多くの被害者を孤立無援にさせている圧力です。

 

 

 

頭の悪さと比喩の理解度が反比例する説

IQ120くらいとIQ90くらいの集団を行ったり来たりして得た知見。
頭の良さは記憶力とか論理的思考力とか計算力とかにも現れるけど、比喩力は見落としがちかつトラブルのもとになりやすかったので忘れないようにかいとく。



たとえば、平行四辺形の面積の求め方を説明するには四角形や三角形の求め方から説明しないとだけど、「平行四辺形の面積の求め方を教えてください」という人に四角形の話を始めると関係ない話と思われて理解されない。

じゃあまず平行四辺形と四角形の関係から教えればいいじゃんと思うがそういうわけにはいかない。彼らの中で平行四辺形は平行四辺形で四角形は四角形で全然別の物だから、四角形が出た瞬間に脳が強制シャットダウンして馬耳東風モードになる。
しまいには「平行四辺形について聞いたのに関係ないことばかり言う」とか怒り出す。

じゃあもういいから公式丸暗記しなよと思うけど、彼らにとって丸暗記は一回しか使えない技で間違った公式を一度覚えてしまうと上書きできない。平行四辺形の面積くらいなら最初から正しい公式を教えればいいけど、学問てのは公式を否定していくのが本質でな……


上書き不可の彼らのリネームカードの厳しすぎる発動条件についてはまた書く。

男女を反転させたセクハラ発言を考えてみた

忙しい……だれだよ「納期一ヶ月よゆーw」とか言ったやつ。俺か。一ヶ月前の自分を殴りたい。

それで男女を逆転させるのはなかなか難しいなということで考えてみたんだけど、ちんこのでかさもわりとズボンの上からでもわかるなと思った。電車で座ってるといやでもちんこが目に入る。
と、いうのを私は今やっと気づいて、それくらい他人の体に興味が無い。ここに男女の断絶があるのだと思う。男どもは女体を弄びすぎだし弄ばれることになれてしまう必要はない。


女性に「おっぱいでかいねエロいね」とか言ってコミュニケーションをとった気になっている脳みそおちんちんおじさん群の対になるのは男性のアナルに大根を突っ込んでも最中に目を開けたから加害者無罪の世界で男性に「ちんちんでかいね」とか言ってセクハラだと抗議したら「そんなちんこを強調するズボンを履いているのだから揉まれたいんだろ」とか言われて、おもむろに金たまをもみしだき「お前のエロい尿道に鉛筆の芯をつっこみたい」とか言って男性が怒ったら「褒めてやったのに喜ばないけしからんこの程度で騒ぐなんて病気だ」とか「巨根の男性を否定するのか!」とか「尿道プレイの良さを知らないマグロ男」とか「俺か尿道プレイの良さを教えてやる」とかって力づくでホテルに連れ込まれて竹串を突っ込まれて悲鳴をあげたら「尿道プレイを好きな人だっているんですよさーべーつぅぅうわ」とか言われて、街中に「去勢した男だけがいい男」ポスターが貼ってあって抗議すれば「あれは非実在男性だからお前に言ってるわけじゃない自意識過剰」「私達は非実在男性の尿道が好きなだけでお前の尿道が好きなわけじゃないから身の危険を感じるのはキチガイの被害妄想病院にいけ」と叩かれる世界ではなかろうか。

いやでもわりと、男の尿道にいきなり針金を突き刺すのは女の本能で本能無罪で股間を強調するズボンを履く男が悪い、という世界でちんこをゆっさゆっささせてるポスターに抗議したら「巨根の人を否定するのか!」ってなかなかおめにかかれないレベルのクソリプよな。

萌え絵を規制しつくしたら不都合があるのか

一昔前には居酒屋や電車には男性向けエロがあふれていたけど、口うるさいフェミたちが大騒ぎしたせいですっかり見なくなりました。今は乳袋やらロリやらなんやらかんやらも大騒ぎされているのでじきに見なくなるでしょう。今後はグラビアと同様萌え絵も特殊な本屋でしか手に取れないものになるかもしれません。

表現の自由先日におかれましては、この調子でどんどんと不快な表現を消していったら大変なことが起こるぞというわけですが果たしてそうでしょうか。

女が俺たちを規制するなら俺たちだって規制してやる!とか息巻いている人がいたので考えてみたのですが、ああいう人たちは一体なにを規制するつもしなんでしょうね?下着の宣伝?BL?下着もBLもほしくなったらググるからべつに困らない。
ていうかむしろ公共の場における創作物については過剰なくらい潔癖なほうがいいと思う。エロも下着もBLも居酒屋の看板もうるさい選挙カーもすべていらない。私の嫌いな創作物も私の好きな創作物も両方いらない。すべて病院の廊下くらい真っ白でいい。その代わり、きちんとゾーニングしたうえでエロでもグロでもお互い好きなようにやればいい。


なんかとんちんかんなことを言っていた人がいたので。


萌え絵は環境型セクハラだと言うフェミニストの皆さんへ
https://6d745.com/2019/10/29/%E8%90%8C%E3%81%88%E7%B5%B5%E3%81%AF%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%9E%8B%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%81%A0%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%81%86%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE/


当たり前ですが、女性の胸がでかいことはなんの問題もありません。
巨乳ポスターを不快だと表明することは実在女性の巨乳を不快だという意味ではありません。「個人の特性のひとつでしかない巨乳に対して赤の他人がエロいだの萌えるだの好き勝手評価することが公共の場で許されるくらい正当性があることだ」というメッセージに対する抗議です。公共の場でハゲとかデブとかとか言ってはいけないし、ハゲとかいいたくなるようなポスターも貼るべきではない。

居酒屋に水着の女性ポスターが当たり前にあった時代には女性一人で居酒屋に行って事件があったら、そんなところに行く女性が悪いと言われました。
巨乳ポスターが当たり前に貼ってある場所に女性が行って事件にあったらやはりおなじように責められるでしょう。巨乳ポスターは巨乳の肯定ではなく女性の抑圧です。

私が実現したいのは「女性がどんな格好をしていても尊厳を傷つけられないこと」で、そのために「女性の体を消費することが公然と許される」というメッセージにNOと言い続けます。



たぶんこの問題は広告形態の変遷のひとつで、テレビでアニメと相撲しかやっていなかった時代には、政治的に正しくない表現を公共の場から締め出すというのは表現の禁止とほぼ同義だったのでしょう。
ですがこれだけ表現へのアクセスが容易になった現代では、自分の嗜好(しかも他者を貶めるような嗜好)を誰もが目にする公共の場でご開帳することにもはや正当性は無い。表現の自由は同好の志と楽しむことで、嫌いな人に無理やり見せるのは自由ではない。

だからオタクが「俺たちの萌え絵を俺たちだけで楽しむ権利」を守りたいなら、公共の場で萌え絵を掲示して反感を買うのは逆効果で、ゾーニングした場を守とか、実在女性と創作の区別をつけるとかのほうにシフトしたほうが勝率は高い。
でもそれをしないのはたぶん今回騒いでいる人たちが守りたいのは「俺たちの萌え絵を俺たちだけで楽しむ権利」なんかではなくもっとずっと有害でろくでもないものなんだろうなと邪推してしまう。

オタクで奥手な自分は無害だと思っている男性の無神経が憎い

さてアホほど待ち時間があるのでもう一つ書いてしまう。

さっきはお上品な文章を書いたのだけどその本音を少し。

優等生なヨシヨシ文章はこちら。

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

ヤリサーやナンパは有害で、ひっそりと二次元の女体をこねくり回すオタクが無害とかちょっと何言ってるかわからないですね。

無害なオタクなのに唯一の楽しみであるエロですら強者女性に取り上げられようとしている可哀想な被害者のボクチャンってか。屁理屈とかではなく本当に本気でそう思ってるわけだ。そりゃ話がかみ合わないわけだ。どんだけ上等な世界にお住まいなんだろうね男性様はよ。

 

悪い悪くないで言うなら、別にヤリサーでも陽キャでもナンパ師でもオタクでもロリコンでも悪くないし、悪いのはヤリサーでなくてヤリサーで犯罪を犯す犯罪者だけ。ヤリサーに行く男性でも相手の合意をきちんととるなら別に犯罪でもなんでもない。

 

で、オタクにとって巨乳やらエロやらはこれだけ文句を言われてもひっこめられないほど大事なものらしいですね知らんけど。エロに縋ることでしか生きてこれなかったとかそういうケースもあるらしいですね興味ないけど。

そんなもんに依存するほど大変だったことそのものは気の毒に思うし気が向いたらヨシヨシしてあげようかとも思うけれど、でもそれは私の問いに対する答えにはなっていない。

 

私が聞きたいのは、女体持ちというだけで多大な不利益を被る現状の中、女体をあたかも自分のオモチャのように扱うという加害に加担している自覚があるのかというところ。

エロをひっこめられない人はエロが女体持ちへの加害に加担しているということをかたくなに認めないよね。エロを全廃しても性犯罪は減らないというデータを得意げに引っ張り出してくる。そりゃ男のエロを女性に全て押し付ける現状の規範を維持したままいきなりエロ本だけ撤去したって欲求不満になるだけで何も変わらないでしょうよ。やるなら被験者の脳からエロに関する全ての記憶を消去してから実験しないと正しい結果は出ない。

 

巨乳になにか魂の救済的なものを見出しているらしいということは分かった。で、それ女体から生えている巨乳である必要ある?女体というのは女体持ちにとってリアルに切実に大切なものなんだけどそれを貶めてまでおまえらの救済をしてあげなきゃならないわけ?

巨乳ポスターは女体持ちへの侮辱ではないとか架空女性の巨乳は現実女性とは無関係とかいう反論は前回書いたので省略。

 

 

 

つまり私が聞きたいのは、

 

おまえの救済は私の身の危険を差し出だしてまで優先されることか?

おまえの救済>>>>>越えられない壁>>>>>私の身体の安全

なわけ?は?おまえどんだけ偉いの???

てとこ。

で、たぶんエロを撤廃したくない表現の自由戦士は別に実在女性に不幸になってほしいわけでなはいし、彼らの求める救済の形は実在女性がセクハラされたり痴漢にあったり侮辱されたりレイプされたりすることではないのだと思う。たぶん。いやこのあたりだれもきちんと説明せず意味不明にキレ散らかすだけだからよく分からないけど。

エロにこだわる男性の救済に必要なのは女性を侮辱するエロではないし、むしろ救済を求める心が無理やり女性への侮辱に結び付けられてしまっているのが男性ジェンダーの苦しみなんだと思うよ知らんけど。

いいかげん男の本能(笑)を解体しなよ誰も幸せにならないよそれ。

 

性欲が睡眠と食欲に並ぶ生理的欲求とされる時点でおかしいし、そもそも人間の性欲はもはや生殖欲ではないし、レイプは最も社会性の高い人間らしい行動だし、そのあたりちゃんと見据えてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高IQが低IQと意思疎通するためのライフハックとしての多重人格

まだ時間がありあまっているので連投。

すごい中二くさい題名になった。右目に魔物を飼ってる感がすごい。あと左手に巻いてある数珠が切れると悪魔に支配されるし今異世界転生してるんで中世ナーロッパからこの文章をお送りしている。

ここでいう多重人格はよく言われている解離性同一性障害とはたぶんちょっと違うのでそういうので検索してきてしまった人にはあまり役に立たないかもしれません。あとライフハックとか書いたけどべつにソリューションは目指してないのでそういう意味でも役には立たない。

 

 

 

今IQが50くらい下の人を相手に悪徳業者やってるんだけど、話が通じなくて大変。

結局私と彼らには量的な知力の差だけでなく質的な差があって、それはたぶん相互理解ができない。なにか越えられない壁があって、こちら側から壁をみる私はあちら側から壁がどう見えるかすらたぶん一生分からない。それが分かってしまったらもうそれは『私』ではないわけで、だから私は彼らと意思疎通らしきものをするために意識と記憶を分断する。

 

ちょっと言ってる意味が分からない気がするけど細かく説明するのが面倒なので雑なたとえを出しておく。

 

私が五体満足な人間だとすると、彼らは右手の小指だけがごろんと転がってるだけの状態、みたいな。なんかそんな。動き回ったり考えたり食べたり消化したり呼吸したりする私と、ただごろんと転がって腐るのを待ってるだけの小指は相互理解できない。ていうか小指にとってのコミュニケーションとか理解とかってなんなんだ。何をベースに分かりあえばいいんだ。骨と筋肉と皮膚しか持ってないやつらと何をすれば分かりあえたことになるんだ。なんだよこの哲学。

私にも小指はくっついてるけど、それは私の小指として機能しているのであって私の小指が私から分断されてそのへんに転がっていたらそれはもう私ではない。私の小指がその辺に転がっていても私はそれを私自身だとか、私の本質だとか思えない。

 

で、IQの差がありすぎる人と話をしようとするというのは私にとって右手の小指以外のパーツを全部無視するという状態で、その状態の私を私は私であると認識できないし、自分が何をしたか覚えていることもできない。右手の小指なんてのは私の都合のいいように勝手に動くものであって、動作の度に小指がどう動いているかなんていちいち考えないし覚えてない。わたしはかしこいので(めがねクイ)低IQ状態の私がどう行動したかを他人事のように把握して、なぜそう行動したかを推測することはできる。かしこいので。でもそれはやっぱり小指の感情を私が感じているのはなくて、私の小指という理解不能な他者を私の理屈に取り込んだに過ぎない。私は私の小指の行動を、赤子が泣いているときに泣いている理由を推測するのと同じ程度にしか理解できない。

まぁそれ以前に行動を覚えてないことのが多いんですが。自分の内側にある他者を知覚するとか、私がとても恵まれていて、かつ、かしこかったからどうにかやれてるけど普通だったら無理だろ。自分の心臓とか肝臓とかが今どう動いているか知覚するのが不可能なのと同じ。

 

という現象が起こって、それを私および私の支援者は「多重人格」という形で理解することで一応の決着をみた。

私が自由に私である時と私が他者と対峙しているときでは人格が分かたれていて、別レイヤーにいる人格同士は意思疎通ができない。私の視点からすると、これは私を便宜上細切れに提示してみせてるだけにすぎないけれど、下から見上げる視野の狭い人達にとっての私は複数の人格を保持しているように見えるのだと思う。そりゃ不気味だわ。おとぎばなしかと。多くの人は理解不能な他者に強い不安を感じるらしいので、私のことをビョーキだとか障害だとかいうカテゴライズをすることで分かったつもりになって安心できるのなら平和でよいと思う。

 

 

今回これを多重人格とか大げさに書いたけど人間の知能というのはつまりメタ認知で、自分自身の小指の動向を推定することはできても小指そのものになりきることはできない。そのことを直感的感覚的に分かってしまうくらい頭が良くなってしまった人にとって自我はナチュラルに多重人格なんだと思う。我々にとってそんなのあたりまえなのでわざわざ指摘することではないのだけど、それがあたりまえでない人たちがたくさんいて社会の「普通」を作っているので、我々としてはあえて「我々は多重人格である」という自覚をしっかり持ってみると多重人格ではない人達のこともより理解できるのではないかと思った。