雑記帳

リベラルでもフェミでもないただの愚痴

これは米山新潟県知事の人柄を全力で擁護する文章です

米山さんはね、いい人なんよ…

 

私は常々セクハラ案件加害者をエクストリーム擁護する輩の心理が不思議でならなかったのですが、今回に限り米山知事を擁護したい気分になったのでいったいどのような心理なのか分析するために全力擁護してみました。

 結論としては

  • 相手の人柄を好ましいと思っている
  • 相手のやらかしたことを犯罪だと思っていない

の2点がそろった時に人は擁護を始めたくなるのではないかと思いました。

だって米山さんの件は別にセクハラパワハラじゃないっぽいし。複数の人に金銭を渡しておつきあいしてたからってなんだっていうの。そんなの好きにしたらいいじゃない。

あと記者会見で強がりもせず凹んでるの隠しもしないヘタレなの好き。泣きそうなくらい凹んでるのに「税金をそういうことに使うのはどうなのか」という質問に対して「税金だからダメというのであればワインも買えない」って冷静に切り返してるのめっちゃ好き。

 

 

いやでもほんとに。数回しかあったことないけどほんといい人。

見かけは昭和オッサンの皮をかぶってるウザい体育会老害なんだけど、中身はちょっと引くくらいいい人。なんかもうすべての行動原理が「全員の最大幸福」に集約されてる。「最大多数の最大幸福」ですらなくて「一人残らず全員にとっての最大幸福」という、もはやそれは神の国にしか存在しないんじゃないかというものを真面目に求めてる。

そういう意味で私は彼のことを天才だと思う。

天才は「世界を良くするという意味で、創造的か」で評価をとる。一方で、凡人は「その人や考えが、共感できるか」で評価をとる。

凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか? - 『週報』

 なんかもう判断基準が普通の損得を超えてるの。私が学術的な美しさを追及するためなら死んでもいいと思っているのと同様、彼は全員の最大幸福を求めるためなら死んでもいいと思ってるんだろなと感じた。

 

ただねぇ、学習速度が遅いってうのが最大の欠点でありまた最大の強みでもあるっていうか。

見た目と行動はほんと老害オッサンなんだよねあの人。いろいろオッサンらしいことやらかすし。でもやらかして怒られたらすぐに理解して行動を改める人なんだよほんとに。あんな熱血オッサンみたいな言動なのに、ほんとにすぐ理解して反省するのまじすごい。ただ彼は怒られるまで反省しない、できない。

凝り固まった田舎の名士の家に生まれてふんぞりかえって凝り固まった人生観をインストールしてしまった上に学習速度が遅いというのは学者としては致命的に使えないかもしれないけど、政治家としてはすごく長所になってる。だからこそ票田である老害オッサンたちの支持を集めることができるし、そこから学ぶ姿はアンチオッサンにも支持されるという政治家としてはものすごい利点になってる。

変化が遅いというのは一般大衆の支持を得るために必須スキルなので私も見習いたいんだけど、すごく難易度が高い。だから米山さんはちょっとありえないくらいいい人として私の尊敬ランキング上位にランクインしてる。

 

今回の買春も私としては、あぁ目に浮かぶわぁ。。やっちまったのねぇ…て感想だった。

ほんと、あの人すげぇいい人なんだよ。愚直にいい人。今回の買春も本人としては悪気は全くなかっただろうし真面目にお付き合いしてドキドキとかワクワクとかしてたんだろなぁ…でもたぶんちょいとキモかったんだろなぁ。ていうかたぶんすごくキモかったんじゃないかなぁ(ごめん)

ババアとしては、こういう勘違いしてるだけの素直なオッサンはお買い得物件ですよと主張しておきたい。勘違いオッサンは方法を知らないだけなので、話し方や振る舞い一つ一つを教えてあげれば自分好みの人に仕上がってくれます。教えるっていうかもう調教してやんよぐらいの勢いで。別に恋人にするほど本気で入れ込まなくても、ちょっと教えてあげるだけで素直になついてくれるので手駒が増えて便利。わりと信じられないくらい損得抜きで懐いてくれるから、こまめにライトに調教しておきましょう。

 

あと今回の件で思ったのが、パワハラセクハラといった犯罪行為は許容するくせに、複数の人と関係を持つとかセックスに金銭を絡めるとかいう個人の嗜好については許せないという気持ち悪い人っているんだなということです。

いいじゃんね別に他人に強要さえしなければ誰がどんなことしてたってさ。逆にどんなに正しいことでも他人に強要した時点で犯罪なのでそういうのはやめたほうがいいと思う。

 

 

 

1000円稼げました・職歴ゼロ風味ババアのバイト計画途中経過

職歴ゼロ(というテイ)のババアが短期バイトをやってみようという思いつき企画、いきなりバイトだとハードル高すぎてメンタル削れて本業に支障が出そうということでクラウドワークスで在宅お仕事をやってみた。

こんなんでほんとに稼げるのか…?と思ったけどとりあえず案外いけた。

f:id:hedgehogx:20180401201125j:plain

条件をクリアしさえすればすべて採用されるというタスク方式で1000円ゲット。

正直この時間で本業やったほうがよっぽど能率的なような気がするけどそこのところはあんまり考えないようにする。

 

タスク方式の振り返り

メリット

人に会うのが嫌、会話するのも嫌、ダメだしされるのなんて絶対嫌という人生ナメくさった態度で臨んだバイト企画、タスク方式であれば最低限仕事できそう。

デメリット

  • タスク方式は文章作成がほとんどなので文章作成能力がないとつらい。
  • 1000文字100円とかなのでコスパ最低。ぶっちゃけ自分のブログに1000文字書いたほうがよっぽど能率よく稼げるのになんでこんな仕事を受ける人がいるのか正直疑問。
  • PCやネット回線など初期投資が地味に多い。貧困家庭だとクラウドワークスでお小遣い稼ぎすらできない。あと文章作成のための膨大な教養が必要。

 

次の目標:プロジェクト方式に応募し採用される

誰でも必ず採用されるタスク方式と違い、プロジェクト方式は選考があります。

つまり、せっかく応募しても落ちる可能性が高い。ていうか落ちた。初心者歓迎簡単なデータ入力5件10円、みたいなやつなのに落ちた。なんでや…

いや理由は多分簡単で、私がプロフィールを全然書いてないからなんだろうけど。でも今回は「ランサーズでアンケートとか回答してお小遣い稼ぎしてます」以上のことを書かないでどこまでいけるかがんばるんだ…!

あと仕事の選び方が案外めんどくさくて、まずは短期でお試ししたいんだけどプロジェクト方式だと長期の仕事や大量の仕事が多いから探すの大変。そして短期の仕事はめんどくさそうなものや特殊なスキルがいるものが多い。

いっそ動画とかプログラミングとかの分野も解禁しようかなと思ったけどそれだと本業になってしまうので踏みとどまった。でももし本気でバイトを探すならプログラミング的な技能があったほうがいいだろなと思う。

 

 

文章作成能力の求められないデータ入力なんかはほとんどがプロジェクト方式なのでプロジェクト方式に採用されるかどうかがバイトの最初の難関かもしれない。

 

たぶん5月くらいまで暇なので、地味にPCDA回していく予定です。

 

 

 

 

娘の幼児期のアミニズムが否定されず育ちつつある

小さい子供は「全てのものに意志や思考がある」というアミニズム思考をすると言われています。

ドラム型洗濯機は「おなかがぱかってなる洗濯機さん」昔ながらの縦型は「あたまがぱかってなる洗濯機さん」、イチゴが赤くなるのは「小人が太陽と赤い宝石を混ぜた絵具を塗ったから」雨が降るのは「かっぱさまの頭のお皿がぬれたから」、プリズムで光が反射するのは「妖精のダンス」

バッタを捕まえてきたら寂しくないように歌を歌ってあげ、スライムを作ったら紙コップで飼う。そのままだとカビてえらいことになるので「スライムさんも野生に返してあげないとかわいそうだ」と説得して庭に放牧しました。やせいのスライムがあらわれた。あとでこっそり回収しておいたら「きっとスライムの巣に帰ったんだ」と喜んでいました。 

 

 

一般に幼児期のアミニズムは大人になるにつけ否定されるとされているらしいです。

大人にはトトロは見えず、魔女のキキもクリストファーロビンも物語の最後で「動物やぬいぐるみとは意志の疎通ができない」と気づき彼らの親友を虚構の世界に置き去りにして終わる。

だから私は彼女の幸福な世界が少しでも長く続くよう、彼女を取り巻く環境の中からアミニズムの否定を注意深く取り除いてきました。彼女は「妖精なんかいない」と言われたことがたぶんほとんどない。少なくとも私の知る限り一度もない。彼女に係わる大人は全員、「イチゴを赤くする小人」を大真面目に探してくれます。

これは、子供時代なんてせいぜい数年でその後は容赦なく現実という名の同調圧力を押し付けられるのだからせめて親のコントロールできる時期くらい守ってやりたいという大人のエゴです。正直なところ、少子化で子供に係わる大人が少ないご時世への腹いせでもある。ワンオペ育児だとこんな極端な教育だってできちゃうんだぜ。。

 

そんな純粋培養されちゃったちびちゃんなのですが、小学校6年生になろうかというのにいまだに「コップに入れて放置した水はまいごになって帰ってこれない」とか言う。水が蒸発して減った現象を「まいご」と表現しているらしいです。

妖精やら神様やらをまるっと信じている彼女ですが、同時に科学的なことを調べるのも好きでした。小学校3年生くらいまでは高校の化学や数学の参考書を眺めて計算してみるのが趣味だったので、彼女の中で水の妖精と水の平衡はどのように処理されているのだろうと気になっていたのですが、どうやら彼女の中では「水の妖精」は現実で「水の平衡」はファンタジーだったようです。普通と逆です。物理や化学の計算式は単なる方程式であり参考書の中でのみ有効なルールでありごっこ遊びの感覚。

さすが我が娘は相変わらず斜め上の発想をなさる…

 

ですが小学校5年生になり本格的な理科の授業が始まるにつれ、科学は現実とリンクしているらしいということに彼女は徐々に気づいてきました。

このように彼女は科学的知見を受け入れ、「水に思考や意志はない」という常識を受け入れ無機物の友達を空想の世界に置き去りにして大人になるんだろうな、がんばれ娘。

 

と思ってたんだけどここ数か月で娘のアミニズムが変化してきてて、そうかアミニズムの否定ではなく統合という道筋があるのかと興味深く見守っている。

 

 

今娘は水鉄砲をお風呂に持ち込んでいろいろと実験するのがブームで、まずは水と空気の比重、次に気体の体積と圧力の関係、そして最近は気圧と重力の存在に気づきつつあります。

特に気圧について興味津々なのでそのうち高山に連れて行って水の沸騰の実験とかやろうと思います。空気と水の実験、食塩と半透膜の実験、淡水魚と海水魚の思考実験など様々な日常生活体験を通して気圧という当たり前のものに気づく過程を見るのは親としてもとても興味深い体験でした。

その他、密閉容器にさまざまなものをいれて重量の変化を計測したり、振り子を作ったり、さまざまなものの落下速度を調べたり、物理が机上の実験と計測であったラボアジエの時代を追体験しているようです。

そんな彼女は数か月前まで「空気は水に入れると一直線に外に出ようとする、だからきっと空気は水と仲が悪いんだ」とか言っていました。

でもその後、水に空気が溶ける現象や、温かい空気は上方に移動する現象など様々なことに気づきその都度「空気と水は仲が悪い、でもよーく混ぜると空気が消える、でもあったかくなるとまた動き出す」とストーリーが増えてゆきます。水と空気のアミニズム的関係は、もはや昼ドラ並のドロドロしたものとなり整合性が取れなくなりつつあります。

 

もういいよ君は十分がんばったよ。もうじき中学生なんだしさ、アミニズムやめちまえよ、レッツ科学。

 

だけどそこで彼女は「水と空気は混ぜ合わせられるのはどういう気持ちなのだろう」「水は温度が高くなるとどういう気持ちになるのだろう」と一つ一つにアミニズムを適応しだしました。

「もし私が狭い容器に入れられて振り回されたら死んでしまう。だが水は壊れたり死んだりせず、ただ振る舞いを変えるだけである。よって私と水は同じ状況でも違うことを感じるのだろう」

「そもそも水にとっての壊れるとか死ぬとは何だろう。H2Oが電気分解によりH2とO2になったらそれは『水の死』なのだろうかそれとも『新たな出発』なのだろうか」

「H2Oを構成する部品であるH2とO2がそれぞれ独立した物体として自我をもつのであれば、たとえば人間を構成する部品である心臓や肺にも自我があるのだろうか、その場合人間は心臓と意思の疎通ができるのか」

 

「もし私の体温が上がったらそれは風邪やインフルエンザのときである。だが水はH2Oであり定義上ウイルス感染しない。よって水の温度が上がるのは私の体温が上がった時とは全く違う気持ちになっているのではないか」

「人間にとって熱が出るのと、水の温度が上がるのは何が違うのか、人間にはホメオスタシスがあり水にはないのか」

 

と、物質の人格(物格?)を尊重することにしたらしい。

最終的に彼女のアミニズムは

「私に分かるのは水がどのような条件でどのように振る舞うかを知ることだけである。水の気持ちは水にしか分からない。理解できないという大前提を踏まえたうえで、今後とも水にとって何が最善なのかヒアリングする方法の模索は続けてゆく」

というルームシェアの極意みたいなものに落ち着いた。

 

 

アミニズムは「他者も自分と同じ感じ方をする」という発想から出発している。

大人になるというのは「他者は自分と同じ感じ方をしない」と認めることでそれは「他者には感情や意志は存在しないただのモノである」と考えることとイコールだと私は思っていた。でもよく考えたらそれって「他者はすべて意志のないモノであり意志を尊重しなくていい」というセクハラオヤジみたいなことになってしまう。だからピーターパンしかりプーさんしかり、子供時代の終焉を描く物語はすべて物悲しい。

 

でもアミニズムからの脱却とは他者をモノとして扱うことではないのかもしれない。

 

他者を自分の延長として捉えると同時に他者とのコミュニケーションをあきらめないこと、理解不能の他者という複雑さを認めること、「もし自分だったらこう感じる」と「しかし他者は自分ではない」を両立させることがもしかしたらできるのかもしれない、と思いました。

 

 

 

 

 

 

職歴ゼロのババアが短期のバイトに受かる気がしない

 

概要

なんとなく思いつきで始まった、職歴ゼロのババアが未経験のバイトをやってみよう企画。とりあえず「バイト 短期 未経験」とかで検索してみたらいろいろと仕事があるっぽい。でも面接とか行かなきゃいけないっぽい。あたりまえか。

でも面接ってどうすればいいの。普通の格好して決まった時間に都会のオフィスに出向くとか超ハードル高いんだけど。社会人らしい受け答えとか無理すぎる。ていうか面接ごときでこんながたがた言ってるのにバイトに受かる気がしないし受かったとしても仕事できる気がしない。がんばって面接いったのに落ちたら超へこむ自信がある。

 

考察

問題点を整理すると

  • 面接に行くのしんどい
  • 仕事するのしんどい
  • 外出するのしんどい
  • まともな会話できる気がしない

私よくこんなんでこれまでそれなりに生きてこれたな…

零細企業主としてたまに人を雇ったり外注したりはしたことあるけど雇用されたことはないので、自分が雇われる側になるのはこんなにハードル高いんだっての初めて知った。日本人の9割くらいは雇用される労働者だそうで、9割の人はこんなすごいことしてるんだ…やばいな日本。

本業に支障が出るといけないので、今回のババアバイト企画では己のメンタル保持を最優先にやっていきたい。この現状で無理にバイトの面接受けてもメンタル削られるだけというオチは見えているので、もうちょっとハードルを下げたい。

 

実践

現在の問題点の多くは「外出する・人と関わる」という点にあると考えられる。PCスキルとか手先の器用さとか集中力といったバイトに必要なスキルは最低限クリアしているけど、とにかく人と会うのが嫌。あとまったく未経験の分野なので年齢的に考えても採用されないような気がする。

つまり、人と関わらずに経験を積む、ということで在宅ワークならいけるかもしれないと仮説をたて、クラウドワークスを覗いてみた。

crowdworks.jp

こういう人材紹介サイトは発注者側で利用できないかと思って以前アカウント作ってたんだけど私の発注したい仕事があまりにマニアックすぎて全然マッチングしなかったのでずっと放置していた。今回は受注側としてできそうな仕事を探してみる。まずはハードル低そうなタスク式で成功体験を積んでみる作戦。

 

3項目答えるだけで1円とかのやつはどういう意図で発注してんだろう。このデータを何に使ってマネタイズにつなげているのか気になる…けど今回は発注者側ではなくて受注者として考えるので、この1円アンケートは成功体験を積むのに最適かもしれない。

f:id:hedgehogx:20180328155546j:plain

1円案件を覗いてみる。

指定のURLに飛んで、年齢・性別・簡単な質問に答えるだけらしい。

これ、仮に詐欺だとしてもこの情報だけでどんな詐欺をするんだろう…URLがやばいやつでウイルス感染するとかだろうか。

なんか怪しい気がするので、200円くらいのちょっと長めのアンケートに答えることにした。ダイエットとか車の洗車とかの体験談を書くと数百円もらえるらしい。数千文字で数百円だったら自分でブログ書いて広告でも貼っておいたほうがよさげな気がするけどまぁいいや。

 

やってみた。

f:id:hedgehogx:20180328160438j:plain

えぇ…

これだけで500円貰えんの…?

ほんとかな……

 

いや私が発注主だったらよっぽど変な記事でなければ普通に500円支払うけど。でも受注者としてはなんかちょっと不思議っていうか新鮮っていうか。

これまでずっと独立して仕事してきたから、仕事ってのはどれだけ努力しても努力の時点では実績ゼロで、商品が売れて初めて報酬というのがあたりまえだった。でもよく考えたらサラリーマンは努力に応じてサラリーがもらえるのか。すごい。おもしろい。

 

今回のチャレンジまとめ

外出と人付き合いという最大の難関は後回しにし、まずは単純作業で成功体験を積んだ。数百円ではあるが「成果ではなく作業の段階で金銭が発生する」というサラリーシステムを実感することで自分の作業能力や企業の支払い能力への信頼感を高め、人付き合いをクリアする一助とした。

 

次回への展望

  • 自己効力感を高めるため、在宅の仕事でのべ3000円くらい稼ぐ。
  • 目標金額である3000円に達したらあらためて対面のバイトを検討する。

 

感想

なんとなく思いつきで始めた遊びだけど、思った以上にハードル高い。あと案外おもしろい。

 

 

短期のバイトをはじめてみようかと思った

一か月くらい微妙に暇なのでなにやろっかな、と考えて、でも旅行とか行けるほど暇じゃないからなんか新しい勉強でもしようかなとかいろいろ考えてそうだ単発のバイトしようという結論になった。考えてみれば現代日本において多くの人は雇われて仕事をしているので、そういう普通を体験してみるというのはなかなか楽しいかもしれない。あと家族3人で月収20万あればそこそこ楽しく暮らせるのではないか疑惑というのも検証してみたい。月20万だったら、時給1000円だとして二人で働けば週休3日ライフとか余裕じゃないだろうか。

なんかすごいな。与えられた仕事をこなすだけで一時間1000円もらえるとか、どういう仕組みなんだろ(こなみかん)

 

というわけで短期のバイトを探してみたい。

今回は専門知識を一切活用せずフレッシュな気持ちで仕事探しに臨みたい。というわけで、当然専攻分野は却下。翻訳もなしの方向で。日本語のテープ起こしは可。塾講師は不可。CADとか使うのも無し。ゲームのデバックは微妙。PC入力はギリギリセーフだが単純作業に限る。シール貼りとかピッキングとかは可。ミステリーショッパーとか化粧品モニターとかは詐欺くさいけどちゃんと収入になるんだろうか。

そうなると職歴なしのババアは採用されるのかというのが最大の難関な気がする。年齢的に無理かもしれない。

 

とりあえずバイト紹介サイトに登録してみた。

被害者の告発を無かったことにしたがる心理ってなんなの

田舎であった被害を書いた方がいろいろ波紋を広げているようで、これがきっかけでいろいろと徹底解明して加害者にはきっちり償ってもらうとともに被害にあった方が幾許かでも救済されるといいなと思います。

 

で、私ほんとむかついたんだけど、「○○という属性の人から被害を受けました」という告発に対して「全ての○○が加害者だと思うな」みたいなこと言う奴なんなの。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

田舎での狭い人間関係の中では被害が起こりやすくまた隠蔽されやすい、という注意喚起に対して「全ての田舎が悪いわけではない」とか、何が言いたいの。

別に田舎の人は全て極悪人であるとか誰も言ってないよね。閉鎖的な田舎で利権を握った人は犯罪をもみ消すことが可能、と言ってるだけで。田舎で利権を握った人が善人であるか悪人であるかなんて見抜けない。というより、生粋の善人や悪人は存在せず、どんなにいい人であっても状況によっては悪人になりえる。

なんだろ、たとえるなら「包丁は危ないから気をつけて」に対して「包丁持ってるからって人殺すとは限らないだろ!」みたいな。いやそういう話をしてるんじゃなくてね、ほとんどの人は包丁を適切に使ってるということと、包丁は使いようによっては危ないから気をつけようねというのは矛盾しない。

 

私には、「全ての田舎の人が加害者だと思うな」は「俺の大好きな田舎を否定するなんて許せない、よって被害にあっても俺様が気分よく過ごすために泣き寝入りしろ」に聞こえる。「田舎の加害者」と「田舎住みの俺」を同一視して擁護するの最高に気持ち悪い。犯罪者と自分を同一視して犯罪の温床をそのまま保存しようとする奴らほんと嫌い。「善良な田舎の一員として、一部の悪人がのさばりやすい田舎のシステムを考えよう」でいいじゃん。「善良な男性の一員として、痴漢が起こりやすい社会構造を変えていこう」とか。どうしてそういう方向にいかないの。ほんとなんなの。何考えてるのか知りたいけどどうせ気持ち悪いこと考えてるだろうからやっぱ知りたくない。

 

 

 

 

中学生のころの算数で四苦八苦してたノートが出てきた

なんか、前回の記事がやたらアクセスのびててちょっとひえってなった。みんな田舎の闇そんなに好きなん?蔵に閉じ込められておひいさまやってた頃の話とか、する??

何を言っているかわからねーというブコメもあったけど、俺にも何が起こったか分からなかったんであんな説明しかできません。

田舎つまんねーと思って親戚の集まりの隅っこのほうでぼんやりしていたらなぜか言い争いが始まってエスカレートして流血騒ぎになったけど、いまだに何が原因だったのかすら分からないし死者がでたのかどうかも怖くて確認してない。そもそも流血沙汰自体が私の妄想だった可能性も捨てきれない。一応複数の目撃証言があるけど集団催眠的なものかもしれない。ていうかむしろ妄想であってほしい。

濡れ衣を着せられそうになったときになんで逃げたかというと、その街の病院も警察も血縁関係で成り立ってたからです。その家は病院関係だったので下手すると警察を呼ばずに身内で隠蔽しそうというのもありました。

まぁ、現代日本でそんな閉鎖的な隠蔽が起こるはずがねーじゃねーか、という気もしたけどその仮説を身体はって証明するほどヒマじゃないんで逃げました。最近の森友問題なんか見てると逃げて正解だったかもと思います。

 

 

それとは全然関係なく、最近自作の物理演算エンジンをちまちま改良してるんだけど、その過程で中学生時代の算数のノートを発掘してうわぁwwてなった。私は自称天才wwなんだけど中学のノートがめちゃくちゃバカだった。

 

『線分AB上を3cm/sで動く点xが3秒後どこにあるか答えよ』みたいな問題に対して、当時のノートには「線分ABの摩擦係数の情報は与えられないのか」とか「点xの材質や直径は」とかわけわからないことが書いてあったんだけど中学生の私何考えてたの。線分の摩擦係数って何。点の直径ってほんと何。

最終的に点xの自転と回転速度を規定して独自の公式モドキを自作してたんだけど、どういうことなの普通に掛け算しようよ。なに考えてたの当時の私。