雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

解離性同一性障害(多重人格)とは何かとか、そういう話

なんとも香ばしい増田文学をみつけたのでちょっと書いてみる。

前提条件として、この文章を書いている私は解離性同一性障害、いわゆる多重人格の当事者です。たぶん。よく知らんけど。

最近はそもそも多重人格自体が医原病であり詐病であるという説もありますが、私としては解離性同一性障害というのはパーソナリティの在り方のひとつ、あるいは知性のあり方のひとつとして捉えています。ただし、そもそも私自体がかなり特異な性格と知能を持つため、私の事例を一般化することは難しいと思います。実際私以外の解離性同一性障害の人と話をしても共感できる部分は少ないです。

というわけで、あくまで私という精神科医に二度見されることでお馴染みの、かなり変わった一症例の個人的な感覚を書きたいと思います。

 

 

元記事はこちら。

多重人格の彼女と付き合っていろいろ大変だった増田さんのお話。

anond.hatelabo.jp

 

増田にお返事している人が、増田の彼女は詐病だったのではないかという説を猛プッシュしてるみたいだけど、よく考えると彼女が解離性同一性障害だったかどうかっていうのは枝葉の話じゃね?

そして当事者としては、ISHさんが統合を提案するのも別に不自然じゃないなぁと思う。増田の文章から察するに、たぶんこのISHさんはそんなに高度な思考をしてないだろうし彼女さん自身の境界性人格障害っぷりを鑑みるに各人格同士できちんと尊重できるような関係を築けてはいないのではないかなと思った。ISHさんが、おせっかいな近所のオバチャン程度の認識しかないとしたら気楽に統合を提案することだってあるかもしれない。(そしておそらくその場合の統合は表面上に留まる一時的なものになりそうだけど、それはまた別の話。)

 

 

ていうかそもそも精神科の病名なんてエビデンス皆無の中世並みなんだからこだわるだけ時間の無駄。なんか、みんな『欝』だの『統合失調症』だの『多重人格』だの『人格障害』だのというあいまいでいいかげんな病名モドキと『コレラ』とか『リウマチ』だとかの厳密な定義のある病名を混同してる感が半端ない。

コレラにはコレラ菌があるけど、多重人格ウイルスなんてのは存在しないし、血中多重人格濃度なんてものもなくて、CTやMRIをとってもわかんないのが精神病と言われている状態。精神科の病名なんてぶっちゃけ『狐憑き』だとか『疳の虫』だとかと同じレベル。どうして薬が効くかもわかってないのが医学の現状です。

 

ということで、ここで問題になるのは彼女が嘘をついていたかどうかではなくて、ただ増田が疲弊して、彼女も疲弊したという関係性がそこにあったという点のみが問題です。

たぶんこれどっちもつらかったのだと思うのです。

善悪で考えれば一方的に浮気して暴力振るう彼女のほうが悪いだろうけど、懲罰思考をいったんおいて見たときに、二人の関係がどちらも疲弊するものになってしまったという悲しみがこの問題の本質ではないかと。

 

そして増田さんはきっととても愛情深い人なのでしょう。

他人は気軽に共依存だとかメンヘラだとかいいますけども、ただ相手の幸せを祈ることができる稀有な人というのは存在していて、その気持ちは誰にも否定できないものです。ストックホルムだろうとつり橋効果だろうと、そこに心動かされる何かがあったということは誰にも否定できないし、なんだったら尊いことだと言ってもいいくらい人として大切な真理だと私は思います。だけど精神分析が医療の傘下に入るにあたり病理というフレームを踏襲し、人の心理の尊さというのを尊重する姿勢というのが昨今のカウンセリングには欠けているような気がしてなりません。

 

まぁなんというか、増田さんはご愁傷様でした。この経験を人生の中にどのように位置づけるかは増田さん自身がゆっくりと決めてください。

一人の人を全力で愛したと思うもよし、ひどい女にだまされたと思うもよし、理不尽な暴力を振るわれたと思うもよし。どれか一つに決める必要もないし、途中で変えたっていい。ただ、今はちょっと疲れているでしょうから、まずはゆっくり休むことに専念したらいいのではないかなと老婆心ながら思います。

 

 

ということでだらだらと文章を書いてて、やっぱ私は増田を読んで解離云々よりもDVであったりPTSDであったりの部分が気になったんだなということがわかった。

解離とか関係なく、二者の関係性というのはなかなか難しくてそこが人生の醍醐味でもあるんだろうけどあんまり大火傷しないくらい留めておいたほうが楽しく生きれそう。

 

それと改めて、解離性同一性障害だとか精神疾患だとかはまったく理解されていないんだなと思ったので気が向いたらそのあたりも書いていきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布ナプキンを使うと子宮が温まるという説を信じてしまいそうな現象について

あったまるそうです、子宮。子宮筋腫とか治ったりするそうです。

布ナプキンで。

まじかよなにそれwwちょっとどういうことだかぜんぜん意味がわかんないんだけど、そもそも子宮の温度ってどうやって測んの。子宮の温度と病気の関係とかそんな論文みたことないんだけど私が知らないだけ?

それとか、やたら温めるとガンが治るとか。だから真夏でもホッカイロ貼って汗だくになんなきゃいけないとか。火傷したらもっと大きな火傷をすると治りが早いとか。

 

彼らは私とは違う物理法則の働いている並行世界の住民なのかな?

と、思うんだけど、でもなんかちょっと彼らの言い分もわかるなと思う自分がいる。

 

肌というか触覚からの感覚入力に敏感でかつ木綿や絹の触感に快刺激が発生するタイプの人だと、高分子吸水ポリマーってほんと不快。たとえるなら黒板に爪たてて、きぃぃぃ!と鳴らす音くらい不快を常に感じる。だから布ナプキンの安心感って半端なくて、副交感神経優位になるから体内温度も向上して結果的に子宮が温まることもありそう。

まぁ布ナプキンは快感と引き換えに感染症の可能性を助長してるわけなんだけども。でもまぁ清潔な水で布ナプキンを洗える設備がそろっていて、かつそんな免疫力落ちてる状態でなければそんなに重大なことにはならなそうだし、むしろ布ナプキンごときで感染症になるんだったら布ナプキン以前に栄養状態とかいろいろ対策とったほうがいい。

 

やたら温める系の宗教も、なんかちょっとわかる。

メンタルやられてるときってなんでか知らないけどめっちゃくっちゃ寒く感じて、真夏でもとにかく寒い。私もよくゆたんぽやホッカイロで温めすぎて低温火傷になる。でも無駄に温めることで、体は寒くなくても心の寒さをケアする心意気みたいなのを発揮することがメンタルケアの第一歩みたいなところもあるのかなと思ってる。

 

火傷したらさらに大きな火傷をすれば痛くない、てのもね、ゲートコントロールだと思えばその瞬間に関してはわりと合理的。それか3度の熱傷を負っちゃって痛覚まで焼ききれば痛くない。でもそうすると皮膚が再生する過程で人間やめたくなるレベルでめっちゃくっちゃ痛いからやめといたほうがいいと思う。

それから火傷に関しては、最初期(0から数分以内)の冷却期を過ぎたらあとはむしろちょっと温めたほうが治りが早い。とはいえそれはぬるま湯くらいの温め方であって間違ってもさらに火傷させるなんて方法ではないけど。

 

 

 

 

結局、なんで似非医学に心引かれるかって、医学ってぶっちゃけ科学じゃないからなんだろうなと思う。なんだっけ、再現性とかそういう自然科学の基本のやつ。あれ医学はぜんぜん守れてなくて、論文見ると眩暈がしてくるくらいプリミティブな統計をやってる。人体実験ができない以上しょうがないんだけど。

目覚しい功績を上げている分野もあってわれわれは医学の恩恵にあずかっているわけだけど、だからといって無駄に万能ぶるから胡散臭さが加速してる。

ほんとにぶっちゃけると医学は病気の原因をぜんぜん突き詰めてなくて、似非医学と医学はどっちもどっちというくらいうさんくさい。それから現代医学はすごく儲かるから利権が絡みまくってて金の亡者もわさわさのさばっててやっぱりうさんくさい。その上医学絶対主義者が医学をごり押しするからうさんくささ倍増。さらに医学反対主義者が対立を煽ってもうわけわかんないことになってる。

 

 

なんかなんというかうまくいえないんだけど、ほんとは患者さんは治ることなんて求めていないんだと思う。痛みが取れるとか仕事に復帰できるとか実はどうでもよくて、もっとなにかふわっとした自己実現とか自分探し的なものを求めてる。でもそのことを患者さん本人も自覚してなくて、だからただのサービス業でしかない医者を「お医者様」とあがめてみたり治らないことに八つ当たりしてみたりする。

そのあたりもうちょっとじっくり考えていきたい。

 

 

暴力と体罰と私の中にある、超強力な生存者バイアスについて

体罰を肯定するのはクズによるクズのための生存者バイアスにすぎない、と前回書いてて思ったのだけどそんなこと言ってる私自身も精神科医が引くほどの強力な生存者バイアスを持ってる。

 

暴力を受けたことを合理化するために「暴力によってよりよい大人になれた」みたいな方向性に行くと暴力礼賛のクソになるわけだけど、私の場合は「暴力は絶対悪で誰も救わない」という大前提を保持した上で「だが暴力が発生してしまうどうしようもない状況というものは存在する」という思考の流れになっている。

まぁねぇ。

人間、追い詰められたら誰だって攻撃的になるよねぇ。

有史以来、他人のために自分をささげられた人なんてせいぜいキリストくらいしかいないわけで、だからこそキリストの伝説が2000年も語り継がれてるわけで、ガンジーだってマザーテレサだって極限まで飢えたら人を殺すんじゃないかなたぶん。

 

「どんな高潔な人でも状況によっては必ず鬼になる」という生存者バイアスを私は保持しているのだということを意識して自分のされてきたことを振り返ると、気持ち悪いくらい理路整然と過去を意味づけていることに気づいて、人間の認知バイアスすごいなぁと思った。

 

私は「暴力」は受けたけれど、「体罰」は受けたことがない。

「お前が悪いから罰として殴っているんだ」みたいな責任転嫁は一度もされたことない。

加害者たちは、殴ってしまうことに、犯してしまうことにすごく傷ついていて被害者である私も傷ついていることをとても悲しんでいて、それでも自分を止めることができなかったというのは彼らの一生の傷になっただろう。私は彼らを生きている間に許すことができなかったことを悔やんでいる。だけど彼らはたとえ私が許したからといって、いや許したらなおさら罪悪感に苛まされつづけただろう。

 

みたいな。

まぁ昔のことだし、私の記憶はかなり破損してるわけだし、なんだったら暴行を受けたという記憶自体が偽りの記憶という可能性だってあるわけで(傷跡残ってるけども。。)実際加害者がどう思ってたかなんてわかんないわけで。

だけどなんか、実際はどうかわからないわけだけど私の心の中では、私を殴った人も犯した人もめちゃくちゃ苦悩してたってことになってる。

 

もうそれは私にとって当たり前すぎる大前提で、だから今回「体罰は子供への愛の鞭だ」みたいな言説をみてすごくのけぞった。そんな前提がこの世に存在すること自体が信じられなくて、ものすごく否定したくなって、自分がビンタされたわけでもないのに松本某とかいうクズを殴りにいきたくなるくらい腹が立ったのはたぶん私自身の生存者バイアスが脅かされたからなのだろう。

 

いやでもさぁ、ちっちゃい子ってふにゃふにゃふにふにじゃん。あれはモフって愛でるものであって叩くとかありえない。腕時計が吹き飛ぶような殴り合いの喧嘩はぜんぜんありだけど体罰はほんと信じられない。

中学生や高校生のごつごつしてかわいげのない年頃でも、やっぱ子供は子供だからだめ。ていうか年下に手を上げるとかダメ絶対。

 

 

 

私は暴力を受けてたけど、体罰を肯定する気には到底なれない

中学生にビンタしたオッサンを擁護する人が多くてすごく驚いてる。

え、なにそれきもちわるいんだけど。

現代日本って気に食わないやつは片っ端から張り倒していいわけ?ここ北斗の拳の世界だったっけ??

 

そんで体罰擁護派の言い分をみてみたら、これただの生存者バイアスじゃん。

www.kansou-blog.jp

体罰受けて育った僕たちは失敗作みたいなことを言われてるような気がしてどうも納得いかないんですよね

いやまごうかたなき失敗作だろ…

体罰でなきゃ学習できないとか犬以下じゃん。

体罰を受けて育った僕らはなんか変な大人になってないじゃないですか、屈折してたり、なんなら普通の若者よりも常識があるわけじゃないですか

十分に『屈折した変な大人』になってんじゃん…

自分が殴られてきたことを肯定するために他人が殴られることを推奨するってどんだけ迷惑なの。いい年した大人がやることじゃないよみっともない。ほんと常識がなくて屈折した変な大人だよこいつ。

 

 

なんなんだこの気持ち悪い空気。

 

まず、暴力は劇薬、みたいなことを言うのがすごく納得いかない。

私としては暴力が有効だった場面をまったく知らない。殴られても誰もいうことなんて聞かないじゃん。反抗されるだけじゃん。私自身もめちゃくちゃ反抗したしめっちゃ復讐したし、そういうもんじゃないの?すごく非能率的だと思うんだけど。

そんなものすごく非能率的な手段を能率的だと思ってしまうって、いったいどんだけ指導が下手なの。

 

 

 

昔犬を飼っていたんだけど、そんでまたそいつが人間で言うところのADHDで小型犬のくせに大型犬用の首輪を引きちぎるほどのバイタリティがあって、こりゃもう殴ってしつけるしかないんじゃないかとなったことがある。だって犬だし。言葉通じないし。5キロしかないちっちゃい体で体当たりして壁や床に穴を開ける奴だし。

でも結局体罰はぜんぜん効かなかった。

叩けば萎縮するし一生懸命言うことを聞こうとするけど鬱憤が溜まるのかさらに衝動性が増して吼えたり噛んだり物を壊したり、どんどん状況が悪化していくだけ。そりゃまぁ人間だって一方的に叩かれてたらグレるよね。

そして結局、広々した庭で放し飼いにして頻繁にドッグランにつれていったり山で離したりして思い切り走り回らせることにした。そしたら手のつけられない暴れん坊だった犬が、ものすごく賢い猟犬になった。私がほしかったのはかわいいペットであってウサギやネズミを狩ってくる猟犬じゃなかったんだけどね…。田舎に住んでてよかった。

 

 

 

思ったんだけど、他人に言うことを聞かせるためには「おもわずやってしまうくらい楽しい仕組み」を作るのが一番能率的で、規則や罰則で縛ろうという発想自体がもう既に悪手なわけなんだけど、そのあたりまったく知らない人がすごく多い気がする。

 

都ファの禁煙条例とか、離婚後の親子面会を強制するとか、そういうやつ。

d.hatena.ne.jp

禁煙しろとか面会しろと命令するのではなくて、禁煙したくなるようなシステムを作るべきだし面会したくなるようなサポートを充実させなくてはいけない。てかそもそもそんなにタバコに害があるならタバコ販売禁止にしろよと。そこは利権が絡むからやりたくない、じゃあ個人に責任を押し付けよう、みたいな発想。

あと給食残すな運動もそう。

 

tohima.hateblo.jp

これ私リアルでやられたことあるんだけど、結局学校中でさらし者を作って無理やり口に給食詰め込んでデブが増え、最終的にビニール袋に残飯を詰め込んで家に持ち帰って捨てるようになった。そんなことする前にもっとおいしい給食出せば解決なのに、予算と人手が必要な部分は解決せずに現場にすべて押し付けようとする。

 

学校の宿題もそうだよね。

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

こういうのが当たり前だと思っているから、体罰というキングオブ悪手ですら容認してしまうのだろう。

 

 

 

 

 

やたら叩かれるけど、実際の年寄りは悲惨な生活をしている件

「今の年寄りは恵まれているというけど、年金なんて夫婦合わせて月20万だよ。かつかつだよ。それを削減しろというのは今後年寄りになる君たちの未来を削ることになるんだよ」

と、ご高説を立てる年寄りがいたのでたこなぐりにしたくなった。

 

だっておまえ、そこそこ重い病気になったのに助かってんじゃん。

障害残って介護保険フルに使ってんじゃん。やれ膝が痛いだの骨粗しょう症だの高血圧だの言って毎月病院行って山ほど薬貰ってんじゃん。奥さん老人ホーム入ってんじゃん。医療費だけで軽く見積もって月100万くらい使ってる。

 

今後年寄りになる我々世代はその100万を自己負担しろって言われてんの。手取りの年金額の問題じゃないの。窓口で数百円負担だから馬鹿にはわかんないかもしんないけどさ、国が自分にいくらつぎ込んでくださってるかちゃんと計算してから文句言えよ。

 

娘がいいやつだった

安定のオチ。

なんで私の子なのにこんなにいいやつなの…

 

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

どれだけ愛しても愛を伝えても、まだ足りない、愛されていないと言い続けるメンヘラ構ってちゃんみたいな娘だったんだけど、まぁ私自身がメンヘラ構ってちゃんなわけだし不可抗力とはいえ流血沙汰とか見せちゃったこともあったりするくらいなのでそれくらいの性格の歪みなんかは許容範囲だろ、というなんだかいろんな基準がインフレを起こしてる楽観主義だったんだけど、今回よく話し合った結果、どうやらそういうわけじゃないらしいということが分かった。

 

娘がママに愛されていないと感じるのは、私の思う愛情と娘の思う愛情がずれてるんだよね、ということで、あなたの思う親子間の愛情とは何か、というのをじっくり話し合ってみた。

結果、娘は血縁と選択縁を混同していたということが判明。

親子関係を含む血縁というのは、たまたま血が繋がっているというだけの関係の中での愛情で、当然ながら親子だからといって同じ価値観を持っているわけではない。価値観を共有しない者同士がたまたま同じ時間を共有していくなかで生成される情とか絆とか表現されるようなものが血縁。

ぶっちゃけ血縁や地縁では、一緒にいたってつまんないのが当然。つまんないのにあえて一緒にいるのが血縁や地縁の中での愛情。

 

で、選択縁は互いが選択した上で結ぶ関係だから、一緒にいて楽しい。楽しいから一緒にいて、楽しくなくなったら解消するのが選択縁。

 

だから、血縁に楽しさを求めてはいけないし、選択縁は楽しく無くなったのに義務で続けてはいけない。

 

 

ていう二つの関係を、娘はどうも混同していたらしい。

血縁においては楽しくないのに一緒にいる、というのが愛を示す方法になる。私はひねくれた大人なのでミッキーもアンパンマンも嫌い。でも娘を連れてディズニーに行くしアニメ映画にも付き合ってやる。それが血縁においての愛の示し方であって、私は巨大なネズミや頭部がパンのきしょい生物を無理に好きになろうとは思わない。そこを無理して自分を偽ると積もり積もって修羅場に発展するから。

だけど娘にとっては「ママは私と一緒にいてくれるけど、楽しそうじゃない」→「ママは私を愛していない」みたいなことになってたらしい。

 

そうだね、愛の種類についてなんてまだ解説してなかった。道徳の教科書にも小学生が読む本にもそんなこと乗ってないよね…

でもそういうことで悩む親子はたぶんわりと多いので、そのあたりの情報に子供と親がアクセスできるようにするのは大事だと思った。

 

 

自分の幸せの要件に他人の感情を盛り込む人達が嫌いだ

今日娘に「夏休みが全然おもしろくなかった」と言われて膝から崩れ落ちた。なんかもうこれどうすればいいの。一体どれだけ責められれば許されるの。子供を産むっていうのは一生かけても償えないほどの大罪なわけ?

 

 追記。続編も書きました。

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

 

夏休みにやりたいことがあるんだったら自分でやれよ。自分ひとりでできないことだったら交渉に来いよ。自分を幸せにする努力を放棄してるくせに、ママが自分を幸せにしてくれることを期待するとかおまえ何様だよ。

 

 

娘にとっては、ママが24時間傍にいてニコニコしてなきゃ幸せを達成できないという世界観の中で生きているらしいのですよ。私は彼女を大切に思っている気持ちと、私は彼女のためにいつも笑って彼女の幸せに貢献することがイコールで結ばれている。私が不機嫌でいることはすなわち彼女を愛していないということになってしまう。私に愛情がある限り、私は一瞬たりとも笑顔を崩してはいけない。

 

いやそれ普通に死ぬわ。

なにがすごいって、自分がどんだけの負担を他人に強いているのか、理解していないクズっぷりがすごい。

「私はこんなにいい子にしているのに、どうしてママは私に優しくしてくれないの?」みたいな。いやお前が悪いからだよ。お前が私を虐待してるから、私はお前に愛を返せないんだよ。気づけよ。

 

 

てか、自分の幸せくらい自分ひとりで定義しろよ。そこに他人の感情を巻き込むな。私がどれだけ激怒してたって娘には関係ないじゃん。私の感情に左右されるのやめて。私は私のことしか責任持てない。

 

 

ただ、私の娘も私の夫もジジババもそういうタイプの人で「ママは子供の傍にべったりで常にニコニコしていなければいけない」というプレッシャーを容赦なくかけてくる。

これもう私いなければ丸く収まるよね。

私の代わりに祖父母が娘の面倒見れば、24時間べったり一挙手一投足監視して家の外に出さずに監禁して日記も覗いて読む本も管理してくれるよ。お互いにハッピーなんじゃね。

 

でも彼らはそれですら満足しない。遺伝上の母親が子を監視することこそが彼らの幸せで、だから私が舞台から降りたら彼らの幸せは永遠に達成されない。

 

 

なんかもう、普通に死ねばいいのに。

こんな構成員全てに負担を強いるシステムがなきゃ幸せになれないとか、もう不幸エンドしかみえないよ。

 

 

もうさぁ、衣食住と養育費の面倒みてやってるわけでもうそれでいいじゃん。子供なんて最低限死んでなきゃそれで十分。それ以上の何かを求めるんだったらそれは自分自身で達成のために動けよ。動物なんだから、自分の手足と頭脳を使えよ。ぼんやり口あけてエサ詰め込まれるの待ってんじゃねぇよ。エサが詰め込まれないことに文句言ってくるんじゃねぇよ努力しないんだったらそのまま枯れろ。