読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

自己肯定感の強い無能は世界の宝だという話。

わたくしこのブログ内でさんざん無能をののしっていますが、わりと無能な人好きですしむしろ尊敬しているという話。

 

この間就職活動まっただなかなエリート新卒君の話を聞いて、なんかもうすごいのね。コミュ力の鬼。エリートのコミュ力ヤバい。私なんか今話してる相手の名前すら覚えらんないってのに大して思い入れのないどうでもいい企業の特徴とか自己アピールとか手書きの履歴書とか。同じ人間と思えない。と、同時に、こんなエリートばかり集まった会社はブラック化せざるをえないだろなぁとも思う。

 

優秀な人は周りを追い詰める。

私自身もなんだかんだで振り切れたスペックに加えて平均値もそこそこ高くてわりとなんでもできる優秀な奴ただしコミュ力は除く、なわけなんで、私が発言すると空気がひきしまっちゃうというか居住まいを正してしまう感が出てしまうというか。私の場合はコミュ力が無いからってのもあるけど、むしろコミュ力がなくて常識知らずという欠点があるからこそなんとかバランスとっていられる感のが強い。

 

きっと無能な人には無能な人の苦悩があるんだろうから私の勝手な幻想を押し付けられるのは迷惑なんだろなと思いつつ、無能な人の存在に救われることが多い。

「またポカやっちまったよーww」なんて口先だけで反省しつつ懲りずに目先の欲に振り回され同じことを繰り返して何度でも怒られて、でもめげない、そんな人に会うととても救われる。

 

 

 

とまぁこのブログがそんなキレイな結論に終わっとけるはずもなく。

腹黒い考え方をすると、そういう人が集団に一人いると場が安定するから便利だよね、ていう。無能な大衆は声の大きい人に従う。声の主がヒットラーでもオバマでも構わない。状況を理解する能力の無い大多数の人はただひたすら大きな声に従うという価値判断しかできない。だから集団をコントロールするためには今誰の声が大きいかを見極めなければいけないのだけど、声の大きな人はたいがいロクでもないことを言ってることが多いので、無害かつ声の大きい人はいいねぇ、という結論でした。

部族の掟に従うのは所属欲求ではなく生存欲求だよという話。

  

 

なんか、承認欲求を適切に満たしましょう、社会とコミットしましょう、隣人や同僚とのつきあいを茶番として見下すのは貧しい人生です、みたいなことを言うのってさ、ノンケが非ノンケに対して異性愛の良さを語ってるみたいなみっともなさがある。

 

別にさ、健常者や定型発達の勝手に作った部族の掟に従うのは、単に有利に生きていくための戦略で、別にあんたらにコミットしたいわけじゃないよ、ていうあたりを混同して話を進めている人が多い。

 

今回の話はこれの続き。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

 

話の重さが全然違うけど、承認欲求についてドヤ顔で語る暴力性は構造的には性犯罪と似てる。

性犯罪の被害者が何に傷つくって「お前も合意の上だったんだろう」みたいな思想だ。こちらは完全に被害者なのに、私の性欲が他者の中で勝手に生成されあたかも私が自発的に欲望を抱いたかのように背負わされる。

同様に我々が社会に迎合する行動をとるとき「やっぱりお前もマジョリティになりたいんだろう」という願望が勝手に生成されてあたかも私が自発的にそれを望んだかのように背負わされる。

だけどね、強姦した男に従うのも、マジョリティに迎合するのも、生き延びるための戦略にすぎなくて別に加害者を好きだとかマジョリティを好きだとかじゃないのは分かるよね。そこ混同しないでほしい。

 

 

 

マジョリティの茶番に迎合しないからって茶番全般が下手だと思うなよ、ていう。

 

社会に承認された愛の形を踏襲しないからと言って他者を愛さないわけではない。同様にマジョリティにとって都合のよいルールに従わないからといって所属の充足を知らないわけではない。私達の所属はさわやかに挨拶を交わすことでもスマートに名刺を交換することでもなく、相手の姿が見えないほど遠い距離を置いて行われる限りなくゼロに近いひそやかな交流だ。互いの気配を感じ取るだけの関係は、群れなければ声を上げることすらできない健常者様にとっては無意味なものに見えるのかもしれない。だが同様に我々からすれば誰に見張られているわけでもないのに無意味な儀式を永遠続けパノプティコンの独房の中で互いを値踏みする健常者の交流のほうがよほど無意味だ。

 

 

 

 

別に健常者や定型発達の勝手に作った部族の掟に従ってやる義理はないし、だからと言って反抗してやる義理もなくて、その時々で自分にとって有利なように振舞えばそれでいい。ただしそれは生存欲求を満たすためであって所属欲求を満たすためではない。

私達の矜持と才能を犠牲にして得るものは『安心』であって『所属』ではない。少なくとも私は誰かの犠牲によって成り立つ安心を所属とは認めない。

 

 

 

 

他者を見下すという戦略を拒絶する思考回路は一体なんなのか

この世には恐ろしいほどのバカが恐ろしいほどの数存在している。

なんて言うと必死で否定してくる人が多くて一体あれなんなのって思っている。

 

他者を見下す、というのはわりと平和な戦略だと思うんだけど。

他者を自分と同等に扱うとか平等だと思うとか尊敬するとか尊重するとかのがよっぽど暴力的じゃん。

 

お気楽に同等だとか平等だとかのたまう人達というのは、本質的に他者を自分と同質のものだと思っている。相手が自分と同じことを考え、感じ、行動するのだから尊重しよう、という思想の根本には他人と自分が同じ人間であるという幼稚な同一性がある。

私はこれをされたい、だから他人も同じことをされたいに違いない。私はこれをされたくない、だから他人もこうされたくないに違いない。

なんて傲慢なんだ。

 

他人なんてゴキブリやブタと同じ。薄汚れて不合理で何が正しいか考える知能すらない。ただメディアの喧伝するキャッチコピーに踊らされる、飼い主に尻尾を振ることしかできないイヌみたいなもん。世の中に人間様は私一人しか存在しなくて、私の知性は畜生にはわかんないんだよ。

って、思ってるほうがよっぽどマトモじゃね。

 

そりゃね、お釈迦様やキリストみたいな人ならね、自分と他人は違う存在だということを理解した上で他者を尊重できるのかもしれない。他者のナラティブは自己のナラティブとは全く異なる、とかそんなキレイごとで真理に到達できるのかもしれない。

 

だけど普通の人間にそんなん無理じゃん。少なくとも私は、他者への尊重を貫くことのできた人を知らない。他者に介入できる力を持ちながらも他者の選択を尊重し続けることができるほど人間という生き物は強くない。

だったらさ、もういっそきっちり見下したほうがずっと誠実な在り方だと思う。

 

もうほんとそこで病むのやめてほしい。だったらブタがブタらしく汚らしく生きるのを見下しながら飼育してやるのがお互いの平和のためじゃん。しょうがないよ彼ら人間じゃなくてブタなんだから。ブタに論語説くようなことあきらめてさ、ブタにはブタ語で話しかけてあげなきゃ。

 

森友学園はヤバいけど、自民党で議論すべきなのはそこじゃない件。

誰がどんな教育方針の学校を作ってたって、格安で土地を手に入れてたって、園児に虐待してたって、日本全体からみたら別にどうでもいいじゃん。

それよりも総理大臣の任期を延長することとか、虐待家庭に生まれちゃったら即詰みな改憲法案とか、政府(ていうか自民党)が気に食わない奴を逮捕できる土壌を作る共謀罪とか、そういうのをやらかしてる自民党に政権を任せることは果たして是なのか?てことをちゃんと議論しようよ。

いや別に、自民党が今何をやらかしていてそれは何を目的にしているのかをきちんと把握した上でそれでもなお大して効果も上がっていない経済復興を優先するという判断をするならそれはそれでいいんだろうけどさ、少なくともちゃんと理解した上で判断しようと。

 

なんか、やっと自民党のヤバさが俎上に上がったと思ったら内容がどこぞの学園の不祥事とか、取り上げるとこそこ?そういうのしか理解できないの日本国民は??そりゃなんとも民度の高い国民性なことで自民党の皆さんは大喜びだろう。

以前の民主党の14億の賄賂だかなんだかのときも思ったけど、汚職だとか失言だとかそういうのどうでもいいし数十億くらいのはした金でごちゃごちゃ目くじら立てずに政治に何を残したかを評価しろよっていう。ま、じゃあ民主党が何をできたかっていうと別にそんなすごいことできてはいないんだけども。少なくとも今の自民一人勝ちで時代錯誤な共謀罪を成立させようとしてネットニュースまで情報統制してる現状よりはまだよかったんじゃないかなと。

 

あとほんと、自民党の情報統制ってどれくらいの人が信じちゃってるのかな。

あいつら表面は聞こえのいいこと言うじゃん。改憲草案だって「家族を大事にする心をあらためて盛り込む」とか言われたらなんかキレイに聞こえるけど別に憲法ってキレイな言葉を言うためのもんじゃなくて法律の拠り所だからね、ってところはどれくらいの人がきちんと理解できているんだろう。

テロ対策法案だって、別に今の法律で全然対処できるのにわざわざ共謀罪を成立させようとしている意味をどれくらい分かってるんだろう。

ていうかそれ以前に、法律が変わるということがどれほど生活に影響するか理解できてんのかな。憲法や法律が変わるというのは、エラい人の難解な机上の空論が書き換わることじゃないんだよ、ていう。法律が一行変わるだけでほんとにリアルに無実の個人が殺されちゃったりするんだよ、って、ほんと分かってるのかな。

 

彼らが何をやっているのか理解できていない人が多いのではないかというのが最近心配になってきた。

 

子供のころから自分の適性を考えるにはどうすればいいのか問題

どうも、超絶めんどくさい単純作業の腹いせにブログを書いているhedgehogxです。まだ半分も終わってないんだけどこれいつ終わるんだろう。。。

 

てことで、今就活シーズンですけども、今30代前後の人って「Fランでもなんでもいいからとりあえず大学行け、余計なことは一切考えずに勉強だけしていれば人生安泰」みたいなことを言われ続けてたのにいざ蓋を開けてみたらサラリーマンのレールに乗れるのは選ばれた定型発達だけで我々のような出来損ないは血反吐吐きながらサラリーにしがみつくかその辺で野たれ死ぬかしかない就職氷河期だったという非常に割りを食った世代だなと思うわけです。

とにかく我慢してエラい人の言いなりになってれば安泰だと言われて稼ぐスキルも身につけることを許されない子供時代を強要された上に途中から盛大に梯子を外された我々からすると、はじめっから「自分の頭で考えて稼いでいかなきゃどうしようもない」という前提で子供時代をすごせる現代の子供がうらやましいなと。

 

でもって、自分がどうやって社会を渡っていくかを模索しはじめるのは大学に入ってからじゃ遅いと思うんだけど、じゃあ高校や中学の段階で自分の適性をどう見極めればいいんだろうかということを考えたときに、やっぱりまだまだロールモデルが少なくて、せいぜいバーグハンバーグバーグに就職したアルファさんくらいしかお手本がない現状をどうすればいいんだろうと思っています。

 

よく子供ってパイロットになりたいとか花屋になりたいとかふわふわしたことを言うけど、何を売るかとか何を操縦するかとかって実はどうでもいいしなんとでもなる部分で、それよりも自分の時間をどのように過ごしたいかを考える必要があるということを教えることのできる大人はすごく少ない。

たとえば花屋でも服屋でもなんでもいいんだけど、毎日店番してレジ打ちする人になりたいのか、花を育てる農家の人になりたいのか、今年はどんな花が流行るのか考えて発注する人になりたいのか、新種の花をバイオ的に作る研究をしたいのか、その研究の予算をぶんどってくる人になりたいのか、みたいな部分の自分の性質というのは早いうちからじっくり考えといたほうがいいと思う。

 

もっと単純化すると、毎日同じ場所で同じことをしたいタイプなのか、それとも毎日新しい場所で新しいことをしたいタイプなのか、というのはかなり重大な差異だからちゃんと把握しとかないと人生詰む。

不確実な未来にどれくらい耐性があるか、とか、最近ちょっと流行ってる「部族の掟」にどれくらい従えるかとか、そういうのを小学生や中学生のうちから見極めることのできる体験ってどういうのなんだろう。

なんか、部族の掟に適応するための訓練とか、定型の鋳型に押し込める訓練とかはあっても自分にとって居心地のいい場所を模索するという発想はなかなか広まらなくてどうすればいいんだろうかというのが最近思っていることでした。

 

自分がぬるま湯に浸かっていることを自覚せずに他者をdisるタイプの人たち

これ読んで、あーバカがいるーーと思ったんだけどこの人精神科医らしくてちょっと本気で引いた。あんただけは言っちゃ駄目だろそれ。

 

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

金玉さんの元記事で言ってるのは「茶番を自覚することで戦略的にのっかろうぜ」ってことであって別に茶番をやんなくていいとか誰も言ってない。なのにシロクマさんの記事では「茶番を見下すことで茶番を否定している人達」っていう仮想敵が出てきてるわけなんだけども。それって物盗られ妄想の痴呆老人と同じロジックなわけだけども。わざと認知を歪ませているのか、それか読解力が壊滅的なのか、それともほんとに認知症なのか。どれなの。

 

 

 

 

『茶番』は誰がやっても構わないルーチンの仕事において最も強く発揮される。電通とか。だからなんだかんだ言っても個人主義成果主義な医者の世界って、少なくとも茶番に関しては実はあんまり大変じゃない。いや大変だけど。でもまぁ偏差値で言えばせいぜい60くらいな感じ。そこそこすごいけど別に一位取れるほどすごいわけじゃない、みたいな。医者の業界は茶番以外に大変な要素がすごく多いけど、少なくとも茶番に関しては全然なまぬるい。大学で言ったらせいぜい地元の国立レベル。だからこそ 茶番=コンテクスト みたいなハイソサエティな発想ができちゃうわけで。

 

もし部族Aで、会った者同士が頭を下げる慣習があるとわかっているなら、それを身に付けておいたほうが部族Aではコミュニケーションしやすいでしょう。その慣習を突っぱねたら、無用な誤解や無礼を招くかもしれません。

いや多分、『茶番』ってそういうことを言ってるんじゃないんじゃないかな。挨拶は大きな声で、とか、アメリカ人とはシェイクハンドしましょうとかそういうきれいごとじゃなくて、もっとこう、なんていうか、えぐる感じのイジメってあるじゃん。

イジメや暴力も、他害であるうちは案外耐えられる。ただ殴られるとか怒鳴られるとか、体に傷は残るし怒りは残るけど案外しゃんと立っていられる。

だけど、あたかも自分が自分を貶めることを望んだかのように振舞うことを強制されると人間はとても簡単に崩壊する。ほんとにびっくりするほど簡単に崩壊するってのは精神の現場にいる人ならよく知ってるんじゃないかと思ってたんだけど違うのかな。うわ、それ本気で引く。

 

他の人がどうなのかは知らないけど、少なくとも私は「茶番」をコミュニケーションの基礎の話だと捉えることはできない。私の知っている「茶番」は自分の手で自分の境界を崩すことを強要する、人の根幹を崩す行為だ。

 

ま、「茶番」の定義は人それぞれだと思うんだけどさ、「茶番=平和なコミュニケーションの一形態」とか定義できてしまう場所にお住まいの方がさ、下々の苦労を知らずにパンがないからケーキを食べればいいじゃないみたいなことを言うのどうなの。

しかも精神科って「この世には己の想像できないような状況がそこかしこに存在する」てことを最も理解していなければいけない業種じゃん。

なんでそこで説教とかできちゃうの。なんでさぁ、「茶番=オレの知ってるコミュニケーション」なんて発想できちゃうの。なんで体験したことのないことを自分の尺度だけで解釈しちゃうの。「この人の言っている『茶番』は私の経験したことも想像したこともない体験なのかもしれない」という可能性をなぜ拾わない。

 

ていうかもういっそ逆に、シロクマさんって人がなんで『茶番』に超反応したかの自己分析が聞きたい。こういうこと↓普段書いてる人がなんでいきなり島耕作みたいなこと言い出したのか、そのあたりのことを書いてくれたらそこらの週刊誌よりよっぽどおもしろいと思う。

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

世の中は勉強好きな人間だけで構成されているわけではない。勉強家や賢い人ばかりが便利さの恩恵に与れるような社会は、どれほど凄いサービスに満ちようとも、それは理想的な社会とは言えない、と私は思う。

 とか言ってるのと同じ口で

コミュニケーションのプロトコルを「茶番」って呼ぶのは、身に付けてからにしましょうね

 とか言えちゃうのなんで?

 

世の中は茶番好きな人間だけで構成されているわけではない茶番家コミュ充ばかりが便利さの恩恵に与れるような社会は、どれほど凄いサービスに満ちようとも、それは理想的な社会とは言えない、

と、私は思うけどな??え?シロクマさんは勉強に関しては寛容だけど茶番に関してはめちゃくちゃ厳しいタイプなの?うつ病にガンバレって言っちゃうタイプの人なの?それともなんで自分がそんな支離滅裂になってるか自己分析できないくらい規範を内面化しちゃってんの?自分がどんな規範を内面化しているか自覚できないくらい頭が悪いってこと?ほんとどういうことか分からなくて気味が悪いんだけど。

 

 

 

あとまぁ個人的に、茶番なんかには全然迎合しなくて別にいいと思う。いやこれほんと生存者バイアスなんで全ての人に当てはまるわけじゃないだろうけど、少なくとも私はそう思ってる。

茶番に迎合しないと損をする。だけど茶番に迎合するともっとずっと損をする。

ていうか、茶番に迎合すると脳みそが壊死する。なんていうか、すっごいうるさいロックフェス会場で受験勉強してるみたいな気持ち。そりゃ集中できないし受験落ちてあたりまえじゃん。だったらさくっと場所変えてきっちり集中して文句のつけようのない結果をたたきつけてやるほうがお互いのためだよ。

 

 

 

続きも書いた。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

 

高IQなのに2桁のかけざんが理解できない子供の話

なんでうちの子こんなにバカなんかな、と思ったけど高校生の時点で小2レベルの漢字しか書けなかった私の子だからしょうがない。普通のロジックでは考え付かないような思考回路なもんだから予想外のつまづき方をする上に適切な支援をなかなかうけられずなかなか解決しない。

 

てことで、「10をかけると末尾に0がつく」がどうしても理解できないうちの子は二桁の掛け算に相当苦労していたようだ。

3×10=3

とか普通にやらかす。なんなのバカなの。いやバカでも最後に0つけるくらいのことできるよねどんだけバカなの。ということで心が折れそうだったんだけど原因を追究してみたらなんのことはない、10進法の存在を知らないだけだった。

10進法。

人類の基本じゃん。

2進法が難しいとかならわかるけどさぁ、10進法って生成文法的に無自覚にしみつくもんじゃん。なんで人類の歴史と10という数の持つ意味とか教えなきゃなんないの。

 

ほかにもこいつは2歳くらいまで全然寝なくて、ちびのくせに一日3時間睡眠でぴんぴんしていたんだけど、ある日「睡眠によって人は成長するのだ」みたいなことを生理学的知見からデータを示しつつ懇々と説明したらそれ以降別人かよっていうくらいきちんと寝るようになった。

よちよち歩きのちびっ子に全力で論文ひっぱってきて数時間に及ぶ本職の本気プレゼンする母親とか、自分でも引いたわ。ぜってーどっかおかしいわ。だけどそうしないと寝てくれないんだもの。ずーーーっとごきげんで起きてるんだもの。

 

なんなのこいつ。

ほんともうなんなの。

別に東大とか行かなくていいから、10進法くらい説明なしで理解してよ。眠くなったら普通に寝てよ。ほんとたのむよ。