雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

そういや倒れたとき脳神経系の検査されなかったのなんでだろ

あいかわらずゴミみたいな論文読んでゴミみたいなものを作っています。ゴミをいくらこねくりまわしてもゴミにしかならないんだけどゴミでしか理解できない人ばっかだからね。いっそ私以外の人類が一度滅亡すれば話は早いんだけど。なのですごくどうでもいいことを書こうと思います。

 

以前、精神科病棟のスーパー救急というめっちゃレアなところに入院することになった体験についてだらだら書いてたんだけど、そういや脳神経系の検査されなかったのなんでなんだろう。

 

hedgehogx.hatenablog.com

 

普通、突然倒れて意識不明になったら脳血管疾患疑うよね。手の振るえとか瞳孔とかみるよね。あのとき全然そういうのなかったのはなんでだろう。

 

でもなんかちょっと分かる気もする。

ある程度病気の人を見慣れると、脳疾患系の人って一目見て区別できる。あとメンヘラの人も区別できる。脳疾患もメンヘラも多種多様なのでどこがどうという明確な判断基準があるわけではないんだけど、なんかもう一目で分かる。たとえ昏睡状態でも分かる。だから多分私も「これ脳疾患じゃなくてメンヘラのかまってちゃんだ」というのが一目で分かったんだと思う。そんなんで救急車呼ぶことになってしまってほんとすまん。

 

 

なんていうかたぶん、脳疾患系の人は体がアンバランスな感じていうか、あきらかに正常だったらできない動きをしてるから分かるのかな。だとしたら「あきらかに正常だったらできない動き」ってどこで判断してるんだろう。細かい基準は分かるけど全体的な印象で判断できるのはなんでなんだろう。

あとメンタルやっちゃってる人は動きの重さで分かる。精神科系の薬を飲んでる人は表情が能面みたいになる。常に怒りを押し込めて無理に無表情にしてるみたいな感じがする。

 

 

とはいえ、一目で分かるにしても一応検査はしとくじゃん。なんで無かったんだろう。精神科だと検査しないのが普通なの?すごいザルだけど大丈夫なのかな。

 

 

 

基礎研究が全然できてなくて超絶めんどい。だれか代わりにやって。

最近ブログ更新頻度が多いのは絶賛研究月間に突入したからです。

 

現状を料理に例えると

私「肉じゃがの材料買っといて。」

研究員 肉じゃがではなくショートケーキの材料を買ってくる

もうこの時点でおかしい。だがまだ序の口。

 

私「えー、イチゴじゃ肉じゃが作れないじゃんどーすんの」

研究員「うるさい!がんばればできるんだ!」

   イチゴを醤油で煮込みだす。

カオス物体ができあがりつつある。

 

私「もうさ、イチゴ捨ててジャガイモ買って来ようよ」

研究員「既に成果が出つつあるイチゴ煮込みを捨てるのか!」

    イチゴの醤油煮込みに生クリーム投入

 

みたいな。

しかも国民の血税からたんまり予算をせしめてるから、無駄に高級イチゴと高級生クリームを使ってて余計腹立つ。その予算の半分でもこっちに回してくれればおいしい肉じゃがつくってやったのに。だけど予算なんてコネだけで決まるからいくら実績上げても私の所には回ってこない。

 

結局私はイチゴの醤油煮込み生クリーム添えそっと砂糖を添えて、みたいなゴミとぐちゃぐちゃになった台所でゼロから肉じゃがを作らなければいけない。かつ「イチゴで肉じゃがは作れるんだ!」と言い張る人達を説得するという無理難題もこなす必要がある。

邪魔するんだったら最初から何もしなければいいのに。

 

 

 

こういう不毛すぎる仕事を続けてたらたぶん気づかないうちに認知が歪む。

「天才である私の理論を理解しないのは世の中が馬鹿だから」とか思ってしまいそう。まぁそれも一面の真実ではあるし現在進行形で馬鹿に迷惑かけられてるわけなんだけども。でもたぶん、彼らの理論の中では肉じゃがはイチゴと生クリームと砂糖から作るものだというのが絶対の正義なのだろう。私の正義と彼らの正義は等価だ。

そして彼らの理論の中では、権力に尻尾振って虎の威を借りてる自分たちは『エラい人に認められたエラい自分』であり、根回しや忖度を全然せずに好き勝手やらかしてる私は『全然実績を上げていない』なのだろう。論文も読めず統計もできない彼らは『すごさ』というのはどれだけ金を稼いだかとかどれだけ権力者におもねったかとかそんなんで判定することしかできないらしいから。

 

そんな状況下で、権力者に尻尾振らず予算も取らず好き勝手できてしまえる程度の支援者を集められる私の実力は相当すごいし、逆に言えば私には才能と実力と実績しかない。

 だけど彼らにとって才能というのは未知なるものでありあこがれであり手に入れることができないのにそれを認められない、憎悪の対象でもある。だから私としては楽しく好き勝手仕事しててるだけなんだけど彼らにとっての私は凶器を振り回す狂人に見えるのだろう。

つくづく、自分の衝動をメタ認知できない人って難儀だねぇ。

でもまぁ、イチゴを醤油煮込みにしちゃうその発想嫌いじゃないよ。そんなぐちゃぐちゃなことをやってるくせにコツコツ研究を積み上げて図らずも真実に近づいてしまう愚直な姿には感嘆せざるをえない。それはそれですごい才能だし、そういう才能が必要な局面というのもけっこう存在するのだろう。

 

 

うん。なんかちょっと整理できた。

私はたぶんすっごい高性能なシュミレーションソフトを搭載してる。最近のFF作ってるソフトみたいな。

でもって大半の人はwindowsのオマケソフトのペイントくらいしょぼいソフトしか持ってなくて、マウスでがんばってお絵かきしてる。

 

私としては、ペイントとマウスでお絵かきできるというのはそれはそれですごい才能だしその労力はすげーな、と思うけどやっぱ高性能ソフトでちゃちゃっと片付けちゃったほうがよくね、という思いを禁じえない。

 

でもって、大半の人はおそらく自分に才能が無いということに強い劣等感を抱いているしそれを他者に逆転移してる。だからやたらに私は叩かれる。そのあたりは上手く立ち回るしかないなぁ。めんどいけど。

 

さらに、大半の人は乏しい才能を補うためにコネやらマーケティングやらネズミ講やらなんかそういうものを駆使している。

そういう根回し的な才能はそれはそれですごいと思うし思う存分発揮すればいいと思うんだけど、才能が無いことに対する劣等感を糊塗するために使うから腹立つ。才能は無いけどカネとコネだけあるんだったら他人の才能を雇用すればいいのに、貧しい才能でぐちゃぐちゃにした「イチゴの醤油煮込み」みたいな商品をゴリ押しするんだもの。他人の作った肉じゃがを叩き潰そうとするんだもの。うざい。

 

だから多分私のやるべきことというのは、才能溢れる肉じゃがを生産しつつ、ちゃんとマーケティングやら根回しやらもやることなんだろうといういつもの結論に。

ううぅ、研究だけやってたいよう。

だれか金とコネをくれ。年収5000万くらいくれれば喜んで雇用されるから。お買い得だと思うんだけど。

安倍内閣って結局なんで支持率落ちたの?

安保も共謀罪も純強姦罪ももりかけもガン無視して高い支持率だったのにここにきて支持率落ちたのなんで?安倍以外に任せられる人はいないwだったんじゃないの?しかし安倍以外人がいないと言ってる人は安倍氏の任期が満了したらどうする気だったんだろう。もしや終身総理にでもするおつもりで?

 

それに支持率落ちたら途端にリークやら失言やらざくざく出てきてほんとなんなの。高支持率がある政権を批判したら暗殺されるけど支持率が低ければ大丈夫、みたいな?やばくねそれ。

あと都ファの悪い話は全然マスコミでとりあげないのなんなの。

国民主権という傲慢な考えを一刻も早く訂正すべき」な政権だよ安倍なんてめじゃないくらいイカレてるよ。都民はそれでほんとうにいいのか。

 

なんか、マスコミが安倍内閣をやたら持ち上げるのは安倍内閣が記者に寿司をおごったり広告費をじゃぶじゃぶ使ってたからなのかなと思っていたんだけど、マスコミの掌返しと支持率急落を見るとそうでもないっぽくて、なにか影の黒幕的なものの存在を感じてしまう。安倍内閣は一体だれの逆鱗に触れたのだろう。電通?それとも某北のほうの国??

 

それと、マスコミが掌返ししてからの支持率急落って、これまで安倍氏を支持してきた人達はほんとに情報収集能力が低くてテレビと新聞に書いてあることを真実だと思ってたってことで、つまりそういう人が日本国民の4割くらいを占めるということでいいんだろうか。

えー…なんでそんな頭悪いの。

いやでもみんなIQ100くらいはあるんだよねたぶん。IQ100てのはテレビと新聞しか読めないくらいの頭の悪さなわけ?人類やべぇな。脳みそしかとりえがないくせに脳みそもすっからかんなのか。よくここまで繁栄してきたな人類。

 

いやでもこれたぶんこれIQや知能の問題というより、認知バイアスとかナラティブとか構造主義とかそういう、世の中には自分の知らないことがいっぱいある、という考え方を知らないことが問題なんだろうな。私だって50年くらい前に生まれてたらテレビと新聞だけが真実だと思ってただろうし。

これってネット原人な老害が死ねば解決する問題なのだろうか。それともこれほどテクノロジーが進化しても人類は複雑さに耐え切れないのか。私としては閉鎖的な社会とか即積みなんで、ぜひとも人類には複雑さに耐えていただきたい。

がんばれ若造。まじでほんと頼む若造。

 

 

男の制欲は本能だから仕方ないという奴はいっぺん死ね

はてなが忖度したとかしてないとかちょっとキナくさい不倫とリベンジポルノ騒動があって、性懲りもなく出てくる「性欲は男の本能」論。

 

そもそも、食欲・睡眠欲・性欲を三大欲求とするところからしてちゃんちゃらおかしいよね。それら全て自分の意思でねじふせられるじゃん*1

性欲は欲望ですらない。一生セックスしない人なんてそんな珍しくないんだから、別に本能じゃないし性欲という幻想に負けるなんて言い訳でしかない。

 

 

セックスは男の急所であり、目の前に容姿端麗で「あなたとしたい」という女がいれば、その欲求に抗うのは至難。
これはDNAに刻まれたもので、自分でも思いもよらない精神状態になる。
頭の中から女を思い出せという司令が数分おきにやってきて、仕事がままならなくなる。

https://anond.hatelabo.jp/20170726031924

 

 

これ、「セックス」を「麻薬」にしたらどうだろう。

麻薬は男の急所であり、目の前に容姿端麗で「あなたとしたい」という麻薬がいれば、その欲求に抗うのは至難。
これはDNAに刻まれたもので、自分でも思いもよらない精神状態になる。
頭の中から麻薬を思い出せという司令が数分おきにやってきて、仕事がままならなくなる。

完全にアウト。

頭おかしい。ここまでなっちゃったら素人さんじゃどうにもならないので速やかに専門機関に保護すべき。ていうかこれもう廃人の域だろ。

 

そこまで何かに執着するのは病気の域なんで速やかに精神科に行ってください。

そんな気持ち悪い執着を「人類はみんな持ってる欲望」なんて言って許された気になれる社会は加害者も被害者も不幸しか生まない。

 

 

なんだけど、じゃあこの増田やどこやらのCEOかなんかが己がセックス依存症であることを自覚し粛々と治療を受ける、あるいは奥さんや不倫相手からセックス依存症を疑われて強制入院させられた、として、果たしてそれは救いなのだろうかとも思う。

いや増田もCEOも死ねばいいのに、と思うけども。

それとは別にセックスに依存しなければいけないほど自尊心が低くて、自分の依存を認めることすらできないほど貧しい関係しか持っていない人に現実をつきつけても多分彼らは自分のやっていることを認められない気がする。もうそこまで廃人になっちゃったら手の施しようが無いのでVRポルノのラーメンだけが供給されるオッサン収容所で一生を過ごしてもらうのがお互いのためかもしんない。

 

 

そして廃人を量産する「男の子は強くなければ」みたいな呪縛はほんと罪深いと思いました。

 

 

*1:性欲はともかく、食欲と睡眠欲はがまんできないだろ、というのは平常時の感覚。状況さえ整えば人間は平然と自主的に餓死する。睡眠をとらないと気が狂うけど逆に言えば気が狂いさえすれば寝る必要は無い。

子供が宿題を全然やらないので学校に呼び出された

行ってきました学校。担任とサシで話し合った。

 

発達障害とか学習障害とかごく一部だけ取り上げられてるけど、もっと広範囲に多種多様な特性があって、それら一つ一つに出来る限り配慮していくのが教育じゃないの?学校教育って、個々の特性を伸ばすのが目的であって、別に決められたことをこなす量産型ザクを作るのが目的じゃないはずだよね…?

 

「うちの子はこのような特性があるため規定の宿題はこなせません」っていくら説明しても教師は「がんばって練習して宿題ができるようにしよう」しか言わないのな。

なんなの馬鹿なの?

なんのための小学校だよ。宿題やらせるためじゃないだろ勉強できるようにするのが仕事だろ。無意味な宿題という苦行をこなすことで貴重な小学校時代を塗りつぶせと。自己研鑽より集団の和を優先せよと。それで偏差値下がってFランしかいけなかったら責任とってくれるんですかね?

 

 

なんかもう教師って「がんばれ」以外の語彙は無いの?

教育学部って「がんばれ」以外のこと教えないの?

学問というのは努力と根性ではどうにもならないことを知性でねじ伏せることなんじゃないの?使えよ大脳。回せよPDCA。ひたすら前例を踏襲してるだけだったら竪穴式住居で猪狩って暮らしてろ。

 

たぶんうちの子は、手指巧緻性と目線のコントロールが苦手。

なので、計算ドリルの小さい解答欄に答えが書けないし、問題集の問題をノートに書き写せない。そしていっくら漢字を書き写しても覚えられない。

その状態で無理に計算ドリルや漢字ドリルをやらせても目標達成しないじゃん。手指巧緻性と目線誘導だったら絵を描いたり箸の練習したりダンスしたりしないと。そもそも計算ドリルの問題をノートに書き写すというスキルは今後勉学に必要ないじゃん。計算ドリルが十分余白をとったデザインであればそれで済む話であってそのスキル身につける苦労するんだったら計算力をあげたほうがいい。漢字練習だって、写経じゃないんだから漢字ノートを埋めるのが目的じゃない。漢字が書けるようになるならどんな方法でもかまわない。ていうかいまどき漢字なんて文章読めてPCで変換できれば別に書けるようにならなくたっていいじゃん。

 

学校教育の最終目標は小学校で課された宿題を全てやり遂げることではない。

ひたすら漢字を写経することでも、算数ドリルの小さい計算欄に数字をねじ込む技術を磨くことでも、九九を暗唱することでもない。それらの作業を通じて目標を達成することこそが重要であり、目標さえ達成すればどのような手段でも構わない。

学校教育は、その子に合った学問体系を見つけることが目標であって、もう少し具体的に言えば自分が極めるに値する専攻を見つけることであったり、さらに大幅ダウンサイジングすれば大学受験でよい点をとるためだったりする。

 

 

 

 

なんか、フルマラソンを走りきるためにフルマラソンに挑戦しちゃうみたいな脳筋な発想なんなの。大脳使えっていうか、そんなん動物以下じゃん。挫折するに決まってる。それでもプロか。教育学部ピアジェやワロンをやらないのか。

まぁでもよくあるよね、フルマラソンできるようになるためにフルマラソンに挑戦する発想。漢字書けるようになるために漢字練習しちゃうとか、計算上手くなるために計算ドリルやっちゃうとか、自転車乗れるようになるために自転車に乗る練習しちゃうとか。むしろできないことを練習することが努力、みたいな信仰を持ってる人がいっぱいいてそこらじゅうで足をひっぱってくる。

きっと現状のつまづきの原因を分析できないんだろうな。

フルマラソン走れない理由が筋力だったら筋トレするなりプロテイン飲むなりしたほうがいいし、肺活量だったら高知トレーニングとかすればいい。漢字が書けない理由が空間把握だったらナンプレでもやればいいし、巧緻性だったら塗り絵でもやればいいし、記憶様式の違いだったら成り立ちから覚えればいい。

練習と言うのは足りないピースを埋めることであって今あるピースをいくら積み重ねても次には進めない。

 

えー…こんなん基本だよね。教育と医療と福祉の基本。

ほんとまじで習わないの??そんなんで教育担ってるとかほんと大丈夫なの?おかしいよね大丈夫なわけないよね。

 

 

 

 

 

 

 

注意事項をひっきりなしに怒鳴り続ける社会が息苦しい

 

茶室に「入室の際は頭を低くしてお入りください」なんて立て看板はないし、日本庭園に「ここより先は立ち入り禁止です」と怒鳴り散らす警備員もいない。どのように動きどのように振舞って欲しいかはデザインが決めることであって注意書きの看板や監視員の怒鳴り声で決めるものではない。

徒然草にあるように、柿の木があるから柿泥棒が発生し、それを阻止するための見苦しい柵が必要になる。だったら欲望を換気し人を泥棒にさせる柿の木を撤去すればいい。

 

必要なのはデザインであって、丈夫な柵や立ち入り禁止の看板や人々を見張る警備員ではないはずなのに、そのことを忘れてしまった建築が多くてげんなりする。

 

 

ひさしぶりに日本のプールに行ったんだけど、まぁ監視員の怒鳴り声がうるさいことうるさいこと。

やれプールサイドは走るなだの、この線から向こうは深いから子供は入るなだの、この線から向こうで浮き輪を使うなだの、食べ物を持ったまま歩くなだの、スライダーは順序良く並べだの、ずーーーーーっっと拡声器で怒鳴り続けてる。デパートでも駅でも空港でも、とにかく日本の施設はうるさい。

プールの監視員をはじめとする施設スタッフというのは、客のサポートをする仕事であって客を監視する仕事じゃないんだけど日本人はそのあたり勘違いしているし、監獄実験のように看守の役割を内面化してしまっている。そりゃ善良な市民が憲兵に任命されたら嬉々として共産主義者を嬲り殺すだろうよという同調圧力が恐い。

 

でもどんなに怒鳴りつけても怒鳴り声が聞こえない人達、たとえば日本語が分からない外国人とか、耳が悪い人とか、そういう人は平然とルールを破る(というか、ルールを守れない、ルールの存在に気づけない)。そしてさらに怒鳴り声が大きくなってルールを守っている善良な市民の苛立ちはルールを尊守しないマイノリティに向けられる。これってバリアフリーノーマライゼーションや弱者救済に向けられる批判と同じだなと思った。

たぶん、弱者救済=まじめにルールを守ってる健常者の迷惑 みたいな図式が成り立っちゃってる。

 

たしかに、ずーーーーっっっと注意事項を耳元で怒鳴り続けられることでルールを守らざるを得ない心境を作ることで秩序を保つ、というシステム下において、ルールを守らない奴は悪でしかない。「オレは我慢してるのにあいつらだけ楽しやがって」となる。

 

だから、秩序と言うのは良心ではなくデザインによって解決すべきものなのだ。

食べ物を持ったまま歩くのは、食べ物を売っている出店と食べるためのテーブルが離れているからであって、それを解決するのは「食べ物を持ったまま歩くな」という看板でもなければ監視員の怒鳴り声でもなく、出店とテーブルを接近させることだ。

競泳用の敷地で浮き輪を使うな、と怒鳴ったって違反する奴は絶対いる。だけどそれは競泳用と遊泳用プールの間にコースロープを一本張れば解決する。

我慢やルールを強いるのではなく、我慢やルールの存在する隙をなくすことがデザインでありノーマライゼーションの目指す方向性だということを日本の建築家は軽視しすぎている。

 

でも日本でもすごい建築家はいるんだよ。有名になれないだけで。

ディズニーランドやジブリ美術館、湯布院や小布施を見習えばいいのに。

ほんとすげぇよあいつら。まじ神。空間の神。

 

 

日本においては、ほぼ全員が日本語の読み書きができてしまう、という現状も状況の悪化に一役買ってると思うんだよね。注意書きがあればそれ守れるでしょ、守らないのは悪意があるからに決まってる例外は認めない、みたいなのほんとぎすぎすする。

なんかもっとこう、私の隣人は私の想像を超える出来事を体験しているのかもしれない、みたいなそういうのを実感できる体験を意識して作り出さなければいけないんだと思う。

 

 

 

 

立体把握が得意だけど平面理解ができてなかったので図形でつまづいた話

普通、三次元てのは人類にとって難易度が高くて、三次元は二次元の組み合わせで近似的に理解している人が多くて実際学校でも三次元は二次元投影図の組み合わせという前提で教わる。微分なんかその発想の最たるものだと思ってる。

 

CADなんかも今はどうかしらないけどババアの時代にはまずxy平面とyz平面の平面図を書いてそれを合体させて立体にしてるじゃん。その発想のせいで宇宙戦艦ヤマトのプラモデルは四角い形になっちゃったわけで。

 

 

普通は 2D→3D なんだと思う。

だけどどうもうちの子は 3D→2D の発想らしくて、つまづいていたっぽい。

 

小学校四年生時点では平面の図形しかやらないんだけど、それがすごく難易度高いらしくて、どうも平面図を出されると無作為な線の集まりにしか思えないっぽい。

だから平面図をextrude(日本語だと押し出し?になるのか?)して考えるといいよ、と言ったら分かるようになった。

 

f:id:hedgehogx:20170721104029j:plain

押し出し以外にも、積分みたいな回転とか、loftとか、なんでもいいんだけどとにかくいったん立体化して考えると分かるみたい。

 

 

 

 

前回、平行と垂直について地球の形状から教えたんだけど、あれも直線ではなく面だと思って教えるとちゃんと分かってくれた。

平行=一階と二階の床

水平=床と壁

みたいな。

 

 

かけざんなんかも縦×横の長方形の面積だと思うとイメージしにくいらしいので、いっそ九×九じゃなくて九×九×九にして縦×横×高さの直方体の面積だと思えば理解できるのかも、と一瞬思ったけど多分九九九はすげぇ難易度高くなるから無理だった。家庭用PCで演算できるレベルを超えてた。かけざんやべぇ。