雑記帳

チラ裏なつぶやき。鬱々しい。

ちょっと文句言うとすぐパニックになる人がうざい。

パニックになるくらい追い詰められるのはきついってのはわかるけども。尻拭いで徹夜明して仕事仕上げた足でクライアントに土下座してきた私がさ、なーんにもせずに職場で泣いてるだけのグズに気をつかってやらなきゃいけないのやっぱ納得いかない。

 

生まれ持った能力が低いってのはしょうがないことだし、初めてやることに失敗するのなんかすごく当たり前のことだし、人類ってのは失敗をフォローしあって生きるもんなんだから別にそこはいいんだけど。今回の件は抱えきれない仕事を振った私のせいでもあるんだから別に相手を責めようとかいう気持ちはない。

だけど、ていうか責めてないからこそ、失敗に至る思考経路を共有して次回以降の対策を練りたくてあれこれ聞いてるだけなんで、いちいちヒステリー起こして怒鳴り散らすのやめて。

 

今回大ポカをやらかした社員君はどうも建設的な議論というものをしたことがなくて、家庭でも学校でも会社でも常に糾弾されて断罪されてたらしい。だから私は別に残念社員君を責める気は全くないのにすごく警戒されててなんかもう保護した野良犬みたいにがぶがぶ噛み付いてくる。めんどくせぇ。

未来が不確実である以上全ての行動は失敗に繋がっていて、失敗なんてのは次回に繋げるデータ収集でしかない。なのに、お前が悪い、お前がいなければなにもかも上手くいったはずなのに、努力と根性でがんばれ、それができないなら死んで償え、みたいなことを言う人はすごく多くて、そのせいで失敗を脅迫的に恐れるあまり失敗から学べない人がとても多い。

そういう生き方が好きなら別にそれでいいんだけども。私はそんな非生産的な生き方嫌なんでよそでやってほしい。

 

失敗とか別にいいじゃん。ていうか私の会社においての失敗ってのは私の狭い価値観にそぐわなかったものという定義なわけで、そもそも社員君と私との間で成功と失敗の定義のすり合わせが上手くいっていなかったのが最初の原因なわけで。

いやちゃんと話さなかった私が悪いんだけどさぁ。話聞かなかった社員君にも責任あるよね。なんでもかんでも安請け合いして「がんばります!」しか言わないで上司にこびへつらうような態度しかとれないんだったらこんな零細に来ずに公務員にでもなればいいのに。いや公務員になれるほど優秀じゃなかったからうちなんかに来たのか。

 

障害あるとか体弱いとかメンタル弱いとかそういうのはしょうがないしどうとでもなるけど、助け合いが大前提のホモサピエンスにおいては他人から適切な支援を引き出すスキルが低いのは致命的だし、なんでもかんでも「がんばります!」でゴリ押しする教育を施す家庭はほんと罪作りだなと思った。